2008/5/2

The Survivors  Pet Shop Boys

「マドンナ先生の性格判断」 ワーナーミュージック・ジャパン - Warner Music Japan

↑まあやって見て下さい。



アルバムレビューBilingual - The Survivors -

「Bilingual」お直しレビューの途中でした。
「The Survivors」です。
今日、デントンのライブ(明日)の事をまとめていて思ったんですけど、PSBの関係者って、早く死ぬ人が多くないですか?もちろんそれは彼ら自身がよくわかっていることでしょうけど、自分が死ぬより親しい家族や友人が死ぬ方が辛いです。

「The survivors」はエイズで生き残った人たちを指す。もちろん自分たちも含めて。
PSBの二人が”ゴシップ大好き英国の”タブロイド紙に追いかけられてたネタといえば、(カミングアウト前の)ゲイネタと、AIDS/HIVポジティブ説。実際、AIDS/HIVポジティブ説を書かれて2人はゴシップ紙に訴訟を起こし、勝訴している(スターとゴシップ紙の訴訟沙汰はしょっちゅうらしい)。

80年代〜90年代、エイズはゲイのせいにされていた。それゆえ、ゲイはひどいバッシングを受けた。いまでこそヨーロッパでの有名人のカミングアウトは緩和されたというものの、昔は、ゲイっぽくあることはバッシングの対象、社会的自殺行為になった。

「我ら、生き残れし者」というのはPSBなりの答えだろう。(もしも恋人、あるいは1度でもベッドを共にした人がエイズで亡くなっているのであれば)生きる/死ぬは、髪の毛1本ほどの”運の強さ”だったかもしれない。ある意味、生き残った方が、生きていくのが辛いだろう。だからこそ生の尊さ、大事さを知る。辛いけど、そうやって乗り越えて生きて行くしかない。・・・その宣言。

切ないほど美しい曲。

0

2008/5/1

5月ですけど、何か?  日常

Pink News: PinkNews.co.uk Gay News (UK and world) from Pink News - all the gay news for the lesbian, gay, bisexual and transgendered community in the UK and beyond- thegaynews from Pink News

今日から5月ですか・・・早いなあ。いつもゴールデン・ウィークも関係なしのワタシですが、今年はギャラリー・オープン(明日)があるので、気忙しいです。

5月1日といえば、海の向こうロンドンでは市長選です。向こうは選挙の日がふつうの日なのね(メーデーだけど・・・祝日じゃないと思う)。まだ結果は出ていませんが、おそらく、4年後のロンドン・オリンピックを誘致に成功させた現職のケン・リビングストンが勝つんじゃないかな。

「ニールにちょい似」だけで何度かブログにも登場したブライアン・パディック氏ですが、もし彼が市長になれば、ドラノエ・パリ市長に続き、大都市でのオープンリー・ゲイ市長になるのですが。

ロンドンは確かにゲイが多いけど、候補者がゲイだからと言って投票するほど政治は簡単じゃないみたいです。ほら、同性市民パートナー法の時だって、半分のゲイはかなり冷ややかだったし。現職のケンはストレート(超オンナ好き)だけど、十分に親ゲイ派のおヒトだから、「変わらなくていい」という意見が多そうです。(たぶん)ロンドン市民のニール&クリスにこっそり意見を伺いたい。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもガニ股気味のべびたんですが、ちょっぴりオネエ走りしてやしないかい?

しまった、「マーガレット通信」4月号をまだ書いていないのに5月だよ!
なに書こう・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ