2008/4/24

今日の公式PSB  Pet Shop Boys

最近よく公式HPが更新されていてうれしいです。もうロンドンに戻られたようですよ。

Pet Shop Boys : the official site

NEWS:

(訳)ペット・ショップ・ボーイズは5月2日、デントン・コネルの家族へのチャリティーの夕べ「キャン・ユー・ベアーイット?」のため、ヘヴンのステージでマッドネスのサッグとカールと1曲をジョイントする予定。

ペット・ショップ・ボーイズのライブセットの一部として、ペット・ショップ・ボーイズがアレンジ、サッグとカールのボーカルでマッドネスの名曲がパフォーマンスされる予定。コラボレーションは、かつてデントンがマッドネスのセキュリティを勤めたことがある故に実現した。イベントの詳細は、新聞記事参照。

その間、90年代前半のレイブ時代にデントンのボーカルで、クリス・ロウが作曲・プロデュースしたトラックが最近、iTunesと他のダウンロード・サイトに登場した。 トラックはおもしろ半分に作られ、トラックのいくつかのホワイトレーベルが、友人や選ばれたDJたちのために当時、配布された。 今、それはRiders Of Nightというアーセナル関連のバンドが「It's the Bear」として再現した。 ペット・ショップ・ボーイズは、現在と将来それのどんな再利用も利益を得ることができるように、このトラックのすべての権利をデントンの家族に寄贈すると決めた。

*ヨカッタ、たまに彼らってお金にすごくシビアだけど、お金より友情のほうが大事で・・・。デントンはアルバムVERY収録の「One And One Make Five」でもバッキング・ヴォーカルやっていますよね〜。

4月23日:Message from Neil:

(訳)今夜、ロンドンで、リンダ・マッカートニーによる写真展のプレビューに行って来た。 本当に「瞬間を捕らえる」イメージの、慎重に選ばれた品揃えだった。 僕はリンダを少し知っていて、彼女をとても好きだった。 彼女は優しくて、親切で創造的な人だった。 (写真は1997年にフランシス・ベーコンのスタジオで取られたセルフ・ポートレート。)

Paul, Stella and James, Scotland, 1982 by Linda McCartney (1941-1998)

リンダ・マッカートニー(リンダ・ルイーズ・イーストマン:1941-1998)・・・アメリカ生まれ、主にロック・スターを題材とした写真家。ポール・マッカートニーとは2度目の結婚。乳がんで死去。

フランシス・ベーコン(1909-1992)・・・アイルランド生まれのゲイの画家。歪んでデフォルメされたヒトのようなものを好んで描いた(ニールが「Paninaro'95」PVで、エフェクトをかけた自分を“ベーコンの絵みたいだ”と表現)。でも、ベーコンのその人みたいな歪んだやつって、どう見てもチ×コのメタファーにしか見えんがな…ニール先生の事だからそれも含めての事だろう。

クリックすると元のサイズで表示します

ベーコンのバイオグラフィー映画は「愛の悪魔/フランシス・ベーコンの歪んだ肖像」。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ