2008/3/5

イアン・ライト  音楽(洋楽)

YouTubeに、未聴だったIan Wrightの「Do the Right Thing」(1993年)が出ていました。

Ian Wrightはアーセナル&イングランド代表のサッカー選手。現役時代は、「愛すべき悪童」というあだ名でイングランド内ではもっとも有名な選手の一人で、自分のラジオ番組を持っていたり、TVなんかにもよく出演しているようです。そんな彼が出したシングル・レコード「Do the Right Thing」はクリス・ロウとのコラボです。

クリスがPSB名義ではないお一人様仕事をしたことはほとんどないんですが、大好きなチームの選手がなにかやると言ったら、まず黙っていられなかったんでしょう。初めてニールとは離れて曲を書き、キーボードを弾き、プロデュースまでしています。スタッフはほとんどPSBから貸し出されたって感じですね。この曲はUKチャートで43位だったそうで、まずまずの成功なのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

リリースから約半年後(1994年3月3日)、2枚目のシングルについて打ち合わせをして、テニスなどプレイしてお和みタイムを満喫したようですが、結局その話は流れたようです。
インタビューでは、好きなミュージシャンはマイケル・ジャクソン(PSBとはかなり違うじゃん)、クリスは顔を知らなかった・・・ニールなら知っていたけど、と、ちょっぴり片思いです。

それにしても、クリスの熱狂ぶりに比べて、ニールのサッカーへの思いはゼロってところが面白い。サッカーは、プレイするのも見るものむしろ嫌いらしい・・・やっぱ、夫のサッカー狂を黙止する妻のよう。

↓pvではないんですが。途中、眉毛のない怖い顔のクリスの写真が出てきますけど気にしないで。



Written by Ian Wright/Chris Lowe/Steve Kutner
Produce by Chris Lowe
Remix by Chris Lowe
Programmed by Pete Gleddall
Engineered by Bob Kraushaar
Vocal: Ian Wright
Backing Vocal: Sylvia Mason-James
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ