2008/3/31

Fundamental レビューお直し  Pet Shop Boys

on this date

今日で3月も終わり・・・ついこの間も「今日で2月も終わり」とか思ったんだけどなあ。
↑地味にPSBカレンダー更新。地味だけどコツコツ仕事。


アルバムレビューFundamental

FUNDAMENTALレビューが中途半端だったので、ちょっとお直し。

「Psychological」、クリスが"psychologicaL"という単語を"earnest"みたいって言っているのですが、普通に引くと「earnest=まじめ/前兆」という意味ですが、スラング的には「重大で意図精神的な状態」だそうで、こっちのほうが相応しいかと。

「The Sodom and Gomorrah show」の歌詞、"where angels fear to tread"は英国のゲイの作家E.M.フォースターの小説のタイトルである事に気がつく。邦題は「天使も踏むを恐れるところ」。これを映画化したのが「天使も許さぬ恋ゆえに」(ティム・バートン嫁のヘレナ・ボナム・カーター主演)。文学界からの引用の多いニールらしい。
この曲の歌詞も謎が多いので、まだいろいろ出て来るかも。

あとの曲はちょこちょこと注釈を増やしたり、ビデオを貼りました。

ところで"ミュージカルにしたい"(byニール)発言が出ている「Casanova in Hell」ですが(マジかなあ)、衝撃的リリックとニールの天使的少年合唱団があまりにもミスマッチで、それはそれで素晴らしいと思いますが、ライブ「Concrete」のルーファス・ウェインライト・バージョンを聞いて初めて、PSBの楽曲を、ニール以外のボーカルが歌うのがイイって思いました。これはただ単にワタシがルーファスの声がすごく好きだからかもしれないけど(でもそれ以上にニールの声は好き・・・いや、好きとかそういうんじゃなくて、もう、神の声・・・ワタシは神さまと結婚した尼さん)。

ルーファスはこれを真剣にカヴァー・シングルにすることを考えた方がイイかも。
(ルーファスは今後3年、現在のようなロック&ポップスの音楽活動はしないで、オペラを手がけると公言している。理由は、現在ベルリンで一緒に住んでいる恋人が、オペラ・ディレクターだから!ルーファスを返してくれ!)

まあ、とにかく聞いて見て下さい。



0

2008/3/30

Do I have to?  ドール/仕事

どうやらワタシは極度のストレス過剰状態にあるらしい。
こやってパソコンに向かっていると頭痛がする。筋肉が痛い(風邪かも)。

個展まで1ヶ月を切っちゃった。

ワタシはどちらかと言うと計画魔なので、いつも展覧会の前はストレス過剰状態になるのだけど、今回はヒドい。

個展はもう10回くらいやっているけど、実際うつ病になって(半分くらい回復して)から初めての個展、一昨年教室展をやったけど、これはまあ生徒さんもいたから(まとめるのは大変だけど)、一人で全部やんなきゃならないってことはなかった。個展となると基本、全て自分でやらなきゃならないし、仕事とはいえ、赤字(失敗)になるか黒字(成功)になるかは終わってみなきゃわからないし、そういう意味では数字で失敗・成功が如実に出てしまう、恐ろしい賭けみたいなもんだ。

出品する作品は、まあ、だいたいメドはついているからいいんだけど、問題は準備・・・DM製作・発送・営業・前日の搬入・準備・開催当日(5日間)の接客とアピール・搬出・・・。これがワタシの本来の仕事"外"のため、いつも難儀する。

DM製作は幸い生徒のNりんがやってくてて、クリア。DM発送や営業もまだ3週あるから問題はないだろう。

が、搬入が最初の問題。借りるギャラリーに人形作品を置く台らしきものがないようなので、ほとんどを用意しなきゃならない。ワタシの車1台じゃ到底運ぶのは無理だ。搬入は平日木曜だし、大きな展示台を運ぶトラックやバンを出してくれる人がいない・・・改めて自分の人脈のなさを恨む。業者に頼むしかないのか。

「バンを持っている人を知っているから聞いてあげる」と言われて10日、「どうなった?」と聞いたら「まだ聞いていない(忘れてた)」と言われてイラッ。それでも言い訳ばかりして(あげくの果てに「自分で連絡したかと思った」って。何でよ!その人の連絡先知らないのに!)なかなか連絡を取らないので、せかしてその場で電話してもらった。が、搬入日の日はなんか用事があるらしい。ほらー、やっぱりそうなるじゃん。アンタはいいわよ!自分に関係ないから!
それでも何とか懇願して、朝早く、ギャラリーが開く前だけど時間をとってもらうことにした。・・・ギャラリーが時間前に空けてくれるかどうかも聞かなきゃ・・・。

で、搬出の車はまだ未定・・・。搬入よりさらに時間がタイト、2時間ほどで撤収しなきゃならないのだ・・・。う〜〜〜ん・・・これは業者でないと無理かも。

正直、搬入や搬出の当日に会場設営・撤収を手伝ってくれる人もまだいないし・・・。展覧会開催中は一人でもいいんだけどさ。ああ、アシスタントが欲しい。

展覧会は予想外にハードな仕事だ。アトリエにこもって作品だけチマチマつくってりゃいいということでもないので(それができるのはもうすでに確固たる名声のある作家くらいなものだ)、それ以外のことにものすごく気を使うし(なにしろ期間中はずっと笑顔で対応!)、寿命が縮むような気がする。それでもやらなきゃならないのだ。

ちなみに個展は4月25日〜29日。
静岡市の中心街の濱村ギャラリーです。


春らしい着物の人形のほかにもPSBドール、ルーファス・ドールなども出す予定なので、苦労の成果を、よかったら見に来て下さい。ワタシも毎日そこにいます。その後、続けて自分のギャラリー(田舎)でも展示をやります。データはこちら。

アルバムレビューActually - Do I have to? -

「Do I have to?」(やんなきゃダメ?)はまさにワタシの今の気持ち。

この言葉はクリスがプロモーションで日本に来ているとき、日本のプレスやマスコミの要求が多くて、一日15回、こう言っていたそうです。だいたい、日本は”締め付け”が多いよね。だから日本にあんまり来てくれないのかも。
0

2008/3/29

マーガレット通信Vol.62  Pet Shop Boys

たりないもの占い

例の「脳内メーカー」っぽいテキトー占いですが、面白いのでやって見て下さい。
ちなみにマーガレットに足りないもの、13人が「胸毛」と答えてくれています。



margaret vol.62

更新しました。
今回は遅ればせながら「DISCO4」のレビュー。

前に書いたのに原稿を消してしまって、落ち込んでやる気をなくしていたけど、もう一回書きました。なんで大事な原稿を消しちゃうかねえ。ブログでもけっこうありますので、たいてい下書きを保存してからにします。

「DISCO4」以外にも、スタジオ・アルバム以外のアルバムのレビューをぼちぼち進めています。前に書いたレビューも多少手直ししています。一日中こんなことやっています。大丈夫か、ワタシ。


「DISCO4」のなかでは、やっぱりRammsteinの「Mein Teil」が白眉だと思いますねえ。ヘヴィ・メタとエレクトロ・ポップの融合が、こんなにいい感じで行くとはねえ。PSBは天才です。しかも歌詞の内容は、PSBとは一見縁のなさそうなカニバリズム/猟奇殺人でしょ・・・まあ、ある意味究極の、バンパイア的なものにも通じる男同士の愛のかたちなんだよね。

YouTubeにある映像はホント傑作です。
ヤン・シュワンクマイエルはもう20年近くに見て、驚愕してはまったんですけど、いわゆる人形アニメーションなのに、口が裂けても子供向ではない、エロとヴァイオレンスとポリティクスな映像にクラクラ来ます。同じく映像作家のブラザーズ・クエイ(「ストリート・オブ・クロコダイル」は映画館に通いました)がリスペクトする、現代の偉大なシュール・レアリストです。

この映像はシュワンクマイエルの「対話の可能性」「フード」という短編のダイジェストなんですけど、シュワンクマイエルの”食べ物・食べる行為”はすっごくホラーでエロいす・・・多分、セックスと同じで人間の一番身近で原始的欲求だからじゃないかな。だから根本的に「Mein Teil」のテーマとぴったり合うと思う・・・。


0

2008/3/28

I want a dog  Pet Shop Boys

アルバムレビューActually - I want a dog -

比較的実験的な犬の泣き声サンプリング&クリスの犬ラップがある「I want a dog」。「Rent」のシングルのB面ですが、スタジオ・アルバムとしては「Introspective」に入っています。

猫の微妙なさじ加減のお付き合い具合が好きなワタシ的には、ワンコの100%飼い主しだい・・・というM度に、ややついて行けないとは思うのですが、犬好きにはその絶対裏切らないところがたまらないんだよね。そう、猫は平気で裏切るからね。

昔からこの「dog」は「boy」の比喩ではないかと言う読みもありますが(ニールは否定)、これって当たっているかもと言う背景がありますよ。それではなくても、ゲイは犬好きが多いのに。

この曲はPさん(ニールの友人でクリスの恋人で2人のアシスタント) のつぶやきから始まっているんですが、これきっかけでPさんは犬と男(クリス)、どっちもゲットしてファミリーのように一緒に住んでいますからねー。夢ー。

(ニールやクリスがどっかのおにいちゃんとイチャついているとイラっと来るマーガレットですけど、Pさんについては全面許容です。なぜかというと、"死が2人を別つまで"という非常にベタでメロドラマのような、現実ではあり得ないような理想事を現実に成し遂げたカップルだから。←たとえワタシの想像だとしても。)

ちなみにPさんの飼ったワンコはヨークシャテリアのBooblys。「Introspective」の内ジャケのあのコです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリス&Booblys pic by Pさん。

ちなみにBooblysがその後、嫁を迎えて子犬も生まれたニュースがファンクラブ会報誌(1992年頃)に出ていますが、そこには「クリスのファミリー」って書いてあります。BooblysはクリスとPさんの子供みたいもんなんでしょう。まあ、ほとんど一緒の家で飼われていたんだからファミリーでしょうが。Pさん亡き今、Booblysファミリーがどこにいるか定かではないんですが、クリスの妹のヴィッキーが現在も犬を飼っているらしいので、もしかしたら子孫はそこにいるのかも。

↓これは「Introspective」バージョン。ずっと思っていたけど、このジャケってちょっとレインボー・フラッグっぽい。



0

2008/3/27

Always on my mind  Pet Shop Boys

今日ドラッグ・ストアに行ったら、BGMがかかっていたんだけど、そのBGMって、よくスーパーなんかでもかかっている、歌詞がないインスト・・・誰かがオルガンで弾いてるかのような元曲がわかりにくいペニャペニャしている脱力系のやつ。みなさんも一度はスーパーあたりで聞いたことがあると思います。

で、セレクトが懐かしめの洋楽ポップス・・・と思っていたら、来たよ!Go west!
当然、歌いますよ、ワタシ。だってカラオケだもん。人気の少ない通路で歌い切りますよ。Go westの歌詞は完璧覚えてますから。

いま、春のセンバツ高校野球やっておりますが、去年全国優勝した静岡代表・常葉菊川高校は今年も甲子園に出場し、ブラバンがGo westを演奏します。ブラバンの応援ソングを集めたCD「ブラバン甲子園2」にも入っています。興味のあるかたは常葉菊川高校の試合をチラ見してくださいね。



アルバムレビューActually -Always on my mind -

「Always on my mind」ですが、ライブでは終盤の盛り上がりピークですし、1987年栄光のクリスマス・ナンバー1なんですが、やっぱりカヴァーってとこが、PSBを深いところでは"でも違うなあ"と思わざるを得ないと言うか・・・。やっぱりワタシはニールの歌詞がどっから出てきたとか、そういうのを聞くのが好きなんだわ。

最近唐突に思うんですが、ワタシはどっちかというとずっとクリスの天才的音楽コンポーズの才能やら、実はベタなロマンチストのとこから悪名高い無愛想さまで、全てが愛しくてたまらなかったんですが、やっぱりシンパシーを感じるのは絶対的にニールだなあ、と思う訳です。ニールが本当は人見知りで引っ込みじあんな性格なのに、がんばって人前に出て、人一倍がんばっているところを見と、もう、なんだか泣きたくなっちゃいます・・・う〜ん、春だからかもなあ。

クリスはホントにいい人を・・・世界一彼の才能を評価してくれる人を・・・つかまえたと思う。そういう意味でクリスは世界一の果報者だ。

↓これも全然関係ないけど、PSBのマッシュアップが大量に出品されていました。
「So hard」の超エロカッコいいモラリス・リミックスとデペッシュ・モードの「Enjoy the silence」のマッシュ。PSBはアルバム「BAHAVIOUR」で、「Enjoy the silence」を先にやられてくやしい、と言っていたので、出品者は相当のPSBツウですね。

0

2008/3/26

New life  Pet Shop Boys

:: Pet Shop Boys O N L I N E | Home

ドイツ人PETHEAD、クリス・ダールさんが運営するファンサイト、Pet Shop Boys O N L I N Eの掲示板のコーナーが閉鎖されちゃった!理由は荒らし的ビジターのせいで、ここのところ引っ掻き回されてたから。チャットはまだ閉鎖されていないけど、危機的状況。ここはPSBご本人・・・少なくともニールはたまにチェックしているらしい優良サイトなのに、こういうことがあって残念だわ。

ワタシって意外とめんどくさがり屋で、あまりたくさんのHPはサーフィンしません。ファンサイトも海外のサイトをほんの2,3コ・・・基本的に公式HPの情報しか信じないでねって、ご本人が言っていたから。噂や憶測でヤキモキするのってホント心臓にわるいから。



アルバムレビューActually- New life -

この曲も地味な歌ですが、「Rent」のヒロインのその後、とも考えられます。男を捨てて、新しい世界に飛び立つ女性の曲です。解放感と、その先に待つ不安感・・・。

う〜ん、ニールが女性に感じるシンパシーは一体なんだろうといろいろ考えるんですが・・・当然ニールの中には女性の心が存在すると思いますが・・・オンナはこうでありたいって言う「理想」かも。ニールの身近にいる女性と言えば、お母さんとお姉さんですが、彼女たちが強い女性のような気がする。・・・まあ、それでなくてもイギリスの女性って強いですけどね。

もともとはヘレナ・スプリングス(「West Eng girls」のバッキング・ボーカリスト)が歌うために書かれた曲。ニールが想像するのはボーイ・ジョージらしいです。



0

2008/3/25

You know where you went wrong  Pet Shop Boys

昨日、音楽サイトに出ていた小ネタニュース。

「コールドプレイは、今年8月に日本で行なわれるサマーソニック・フェスティヴァルのヘッドライナーとして、120万ポンド(約2.3億円)の高額オファーを受けたとの噂。1ステージ75分×2回とすると、1分当たり8,000ポンド(約155万円)換算になるとか。」

まあ、ミュージシャンのギャラなんてどうでもいいんだけど、謎の部分なので、へーって感じ。コールドプレイの場合、多分、マリンスタジアム(一番大きい会場)でのトリで2億、ちょっと招待価格の大盤振る舞いっぽい。ってことは、去年小さめのステージでトリをやったPSBは5〜6000万円くらいだな、アバウトだけど。でも、ダンサーズ、シンガーズ、スタッフ達のギャラも込みだろうし、セット、機材搬入、全部イギリスから(去年はシンガポールのライブ経由だったけど)来たわけだから、ニール&クリスのギャラはそう思ったほど高額でもないのかな。でも時給は100万円単位だよね〜。ニヤニヤしたり、たまに弾いているだけで!?(←ちゃんとずっと弾いているよ!)



アルバムレビューActually - You know where you went wrong -

ある程度ヒット・シングルを聞きたおすと、PSBの懐の深さは、実はB面にあるんじゃないかと思えて来る。この曲のようにシングルでもなくアルバムにも入っていないB面かもしれない。

PSBにはB面集の「Alternative」('95)があるが、たいていのアーチストのシングルB面はほとんどファン以外の耳に届くことなく忘れられてしまうのがふつうだ。だからアーチストにとっても、比較的扱いの低い曲になってしまう傾向があるのは事実。でも、PSBの場合は実に美しい曲が多い。この「You know where you went wrong」(「West End girls」のテイストで作られている)もそう。PSBは多分、どの曲もアルバムに入れる、またはシングルにできるクオリティで曲を作っている。

だからこそ「Alternative」以降10年の忘れられた曲集(「Alternative.2」)を出して欲しい・・・。


↓「You know where you went wrong」とは関係ないけど、何万円もするコンセプト・アート・ブック「Visionaire」に収録されていたちょっとした幻のトラック「Transfer」。このアンビエントな美しい音&ニールのエンジェル・ヴォイスがたまりません。


1

2008/3/25

タマとタマのママに似ている!  

クリックすると元のサイズで表示します

Yahoo!ニュース - 写真ピックアップ

めちゃくちゃ美しいニャン子!

タマのママも白猫オッドアイです。

クリックすると元のサイズで表示します

タマ生後2ヶ月。

0

2008/3/24

King’s Cross  Pet Shop Boys

NHK知るを楽しむ NHK教育テレビ 月〜木曜日 午後10:25〜10:50

さっきまで教育TVのショスタコーヴィチを見ていたのですが、わかったかわからないかは別として、ショスタ子といえばニール、チャイ子と言えばクリスなので、とりあえず抑えておきます。

アルバムレビューActually - King’s Cross -

さて、アルバム最後の曲「King’s Cross」。
80年代、真っ暗なイギリスの不況時代を背負っています。この曲では貧しく弱い人々は痛めつけられ、主人公は恋人に逃げられ、何をしようとも身動きが取れない・・・で、実際やっぱり何もしない状態だ。

海の向こうのワタシらが知っている80年代のイギリスは、ほとんどが音楽や映画の世界でしかなかった。第1次ブリティッシュ貴公子ブームと、内容のない軽薄なポップ・ミュージックだ。政治や経済などに興味のなかったティーンのワタシには、80年代イギリスはあまりにも軽くミーハーだ。いま思えば、あれはどん底社会の裏返しだったんだろうか。

キングス・クロス駅は"乗り換え駅"といったイメージで、特に何があるという訳でもないのだけど、歌に歌われたほど現在では治安が悪いという訳でもない・・・ただし、ヨーロッパの大きな駅はどこでも、ほとんどが夜には危なくなるので、旅行者の人はホント注意して下さいね。ちなみにワタシが定宿にしているホテルが近い(厳密に言うと地下鉄でひとつ隣のラッセル・スクエア・・・ここは大小いろんなホテルが多いので旅行者にとって便利な場所で、オススメです・・・駅前には、ロンドンでも珍しい24時間コンビニスーパーがあって、日本では行列必死のクリスピー・クリーム・ドーナツがフツーにセルフ売りされています)。

去年、キングス・クロス駅に隣接するセント・パンクラス駅が、フランスを結ぶ新幹線TGVの発着場所になりました。PSB公式hpでも、ニールが撮った写真が載っていましたね。ああ、行きたいなあ。1週間くらい、平気でロンドンのPSBツアーできるよワタシは。居住区や事務所、スタジオ近辺のウロウロはいつもやっているけど・・・まだ本人には遭遇したことないなあ。

↓映画の中の「King’s Cross」。解説でクリスがいっていた炎に包まれた男の場面。つーか、クリスがマジで眠そう。

0

2008/3/23

Heart  Pet Shop Boys

KY・・・くうきよめない。
これこそ一番ダメな人間だと痛感いたしました、ワタクシ。
しかも、自覚症状がないから空気読めないんでしょ?

ワタシが一番憎んでいるのは、KYでもバカでもどうしようもない迷惑人間でも、周りが「XXちゃんはしかたがない」とみんな甘やかしてさらにダメさを助長させている事。しょうがなくない!誰か、怒れよ!で、ワタシが怒るでしょ、そうするとワタシが嫌われるのよ。

で、「しかたがない」って言って甘やかしている人って、影では「そのうち友達いなくなるよ」とか言ってその人が不幸に成る事を(自分は手出しをしないで)結果的に後押ししちゃっているみたいだけど、ワタシは誰も不幸になって欲しくないわけよ。

あのねえ、その人の事を思っているから、直した方がいいって言うんですよ。どうも最近のクールなご治世では、それはとても余計なことみたい?で、ワタシはいつも”うるさいおばさん”になるけど、誰か一人くらい痛いメにあった後、泣きながら「マーガレットの言ったことは正かった」と思って感謝してもらいたいわ。ワタシだって、苦言を呈する時は心が痛むのよ。TVで暴言吐きまくり某おばさん占い師よりも、ちゃあんと心がこもっているのよ。カリスマ占い師にでも転向しようかしら。



アルバムレビューActually - Heart -

ハート、痛みまくり。ワタシはすごく損な性格で、ワタシの本当の優しさをわかってくれるのは、ほとんど死にかけか、悟りきっている人だけなのね。
ワタシの気持ちは、すごく伝えたいのになかなか伝わってくれないし、ことごとくフられてしまう。さみしいわ。

そんなネット・ショップ・ガールズなワタシ。
曲は、ペット・ショップ・ボーイズで、「Heart」。
この曲も、自分の狂おしい気持ちを伝えるだけで、相手からはノー・リアクションね。で、2人の気持ちは伝わったのかしら?


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ