2008/2/13

ヘンなTシャツコレクション  Pet Shop Boys

この洋服は?

年収が1億円を超えるような人って、いったいお金を何に使ってんのかしら。デビッド・ベッカムのように稼いだ金の大半を嫁に搾取される哀れな男ならともかく、嫁も子もいないニール&クリスはそういうこともないし、基本的に稼いだお金はみんな自分のもの。多分新しい楽器とかを買うんだろうけど、ファッション・ヴィクティムな2人は、洋服に相当浪費しているような気がする。

フツーに来ているジャケットが50万円もするようなブランド物とか、同じY-3のジャージ&帽子を5セット持っているとか、一度穿いたパンツは2度と穿かないとか(新庄か)、それはセレブなりにこだわりがあるのでしょう。

いや、ファッションセンス微妙なお金持ちセレブは山ほどいますよ、むしろそれが基本ですから。実際、お金があってもセンスは金で買えないし、ブランドの丸のみだったりするし。真におしゃれな人って実はすごくおしゃれに関して努力家で、その人なりの工夫こそセンスだったりするから。

ニール&クリス関しては、基本的はにセンスはいいんだけど、たまに、みんな洗濯しちゃったのかな、とかファンがくれたのかな、とか、彼氏が置いていった思い出の服なのかな、とか、いろいろ思いをめぐらせてしまうモノがたまに見受けられます。

まあ、2人の場合、さほどプライベート写真が流出することもないので、アタイらが知っている彼らのお洋服のほとんどが衣装の部類だとは思いますが、90%はかっこよく着こなしております。たまに「衣装じゃないだろそれ、しかも微妙!」ってものがありますが。しかも微妙ってのはたいがい“Tシャツのガラ”だったりします。そんなヘン柄コレクションです。

クリックすると元のサイズで表示します

80年代の半ばでしょうね(年代判別は、ほぼニールのヘアスタイルです)。80年代の音楽界はロック&ポップスの成長期で、ミュージシャンが好き放題できた最後のよき時代です。ミュージシャンはたいていブロンド水着美女をはべらせていたものです。ニールの場合、Tシャツとはいえ、あえて水着男子を持ってくるところが真の反骨ロック魂を感じますね。ただ、寝起きであわてて「BOY」の帽子をかぶっていいにしちゃった様な私服イズムなユルい感じが否めません。2人の季節感とテイストも違いすぎです。

クリックすると元のサイズで表示します

これは80年代後半かな。そろそろ、Tシャツの柄=自己主張の時代です。クリスのTシャツ、乳首男ですか。コクトーかな?朝イチでそれをセレクトして来ましたか。やりますなあ。サングラスでボウズのお兄さんがこれ着て歩いていたら、間違いなく、アナタもワタシも2丁目系です。(このベビと、昨日静岡の地下道ですれ違った外人のお兄さんそっくり・・・やっぱり追いかければよかった。)

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカ大好き!ってキャラでもないので、これは熱狂的アメリカ人のファンからのプレゼントでしょう。そういうことにしておきましょう。

FUNDAMENTALツアーで、アンコール後は、ニールはガイコツ模様のTシャツを、毎夜着ていましたが、あれは衣装ですかねえ。プライベートの写真でも着ているのを発見しましたけど、よほどお気に入り?まあ、ブランドによってはTシャツのクセに数万円もしますからね。

クリックすると元のサイズで表示します

2006年の「Q」インタビューでニールが着ていたTシャツもゲイゲイしかった。

↓いっそのことこれを着て見ては?ルーファスたんマッパ。友達をエロい目で見ているみたい(このTはマーク・ジェイコブス姐さんのだから高いよ)。

クリックすると元のサイズで表示します

追記:2月13日はマーガレットのお手紙記念日。ニールからお手紙が届いた日です。郵便局が気を使ってあと1日寝かしておいてくれれば、2月14日・愛の日に届いたんですがネエ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ