2008/1/19

プロジェクト・ランウェイ  Pet Shop Boys

「プロジェクト・ランウェイ」の話はしましたっけ。
アメリカのリアリティ・オーディション番組で、日本では1年(シーズン)遅れでWOWOWが放送しています。

アメリカ中(言葉が理解できれば世界中でもいいらしい)からオーディションで選ばれた、ファッション・デザイナーの卵やすでに店を持っているプロまで10数人が一つ屋根の下で暮らし、毎回の課題で1人ずつ脱落していく。最後に残った3人は、ニューヨークで行われるイベント、ファッション・ウィークでコレクションを発表し、優勝者が決まる。優勝者は10万ドルのブランド立ち上げ資金がもらえる。実際はTVで放送されるだけで有名になるので、優勝しなくてもファッション業界からのオファーがあり、成功へのチャンスをつかめるため、オーディションは毎年多くの人が参加するそうです。

とにかく課題がハード。ほぼ24時間のあいだでデザイン画を描き、素材を調達、パターン作り・裁断・縫製、モデルへのフィッテングをすませ、ランウェイ(ウォーキング・ステージ)で披露する。たった24時間でよ〜。その短さがすごく見ごたえがあります。
また、キャラ立ちがすごい。女性も男性も年齢や職歴はバラバラだけど、よくぞこんな個性の強いキャラを集めたもんだと思う。男性のゲイ率は50%以上。特に今回アメリカで放送しているシーズン4は、ゲイ・キャラが際立っていて、アメリカのゲイ・サイトやゲイ・ブログではかなり話題になっている。

日本では現在シーズン3で、まだ始まったばかりでキャラはおとなしめなんだけど、回を進めるごとに際立ってくるはず。先日、シーズン1の再放送をしていて、一気見しました(シーズン1放送時にはまだワタシはWOWOWは入ってなかったの)。
優勝したJay McCarollは最初から目立ちまくり、熊系ゲイなんですけど、ちょっと口が悪くて、すごい独創的な作品を作っちゃう。いまや彼は引っ張りだこのデザイナーで、ウィキペディアにも載っているくらい。

Jay McCarroll - Wikipedia, the free encyclopedia

で、そのジェイが優勝して、番組でその後を追ったものも放送していたんだけど、優勝後、プロ・デザイナーとして初めてのコレクション発表のショーのテーマに選んだのが、なんと「West End girl」なんですって!もちろんPSBの歌からインスパイアされたコレクションなのね。番組では、そのコレクションの様子までは追っていなかったので、見れなくて残念だったけど、ちょっと見たかったな。ウィキによれば、そのコレクションは両性具有のユニセックスなものだったようです。
つーか、N様C様はこのこと知っているかな。まあ、これはレディースのコレクションだけど、ファッション・ヴィクティムの2人だったら、どこかで風の噂に聞いていると思うな。

うう、ワタシもPSBをテーマした自分のドール・コレクションを発表して、ご本人をゲストに招きたいわア。でもファッション業界と人形業界じゃ規模が何千倍も違うって!

あっと、それから番組を通してアドバイザーとして出てくるティム・ガン様(ゲイのエレガントおじ様)もめちゃくちゃ素敵なので、こっちも注目です。
↓ティム・ガン様インタビュー番組



ちょっと珍しい、ボビー0プロデュース、「West End girls」とコリー・ハートの「Sunglasses at night」のリミックス「West End Sunglasses」。レコード化されています。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ