2007/12/12

女装は英国紳士のたしなみ  音楽(洋楽)

「Queer as folk」のシーズン2エピ4で、主役の一人マイケルがドラーグさせられて、ピッツバーグのゲイ・プライド・パレードに出るシーンがある。マイケルはホントフツーの男で、どっちかというと冴えないんだけど、ドラーグしたら驚愕の美しさだった。厚化粧でも髭そり跡が見えちゃうのがどうしても女には見えないのだけど。

他にも「プルートで朝食を」のキリアン・マーフィ、「バッド・エデュケーション」のガエル・ガルシア・ベルナルなど、普段は女っぽさがまるでないノンケ俳優たちのドラーグは、時としてトリップ感覚と見かけの性の曖昧さを誘発する。まあ、とにかく、化粧ひとつでこんなに変わるものか、と。

以前、日本の有名人男性数十人のドラーグ写真を載せた写真集を見たことがある。彼らはみんなノンケ(中にはクロゼットもいるかもしれないけど)、多分最初はイヤイヤだったに違いない。でも、写真に写っている彼らはみんなノリノリで、自分が一番いい女、といわんばかりに写っていた。ドラーグは吹っ切ってしまえばノンケですら楽しい。いやむしろ、女が好きだからこそ、自分を自分の理想のいい女に近づけたいと思うのだと思う。

女装は英国紳士のたしなみ・・・らしい。外では紳士、ウチでは変態、というのが、ちょっと同じ島国の日本のサラリーマンにも当てはまるような気がする。日本でも英国でも、ノンケ男性の女装というのはさほど抵抗がないような・・・特に美男子なら積極的に“やるべき”、と勧められることすらある。

日本では女装とセクシャリティには関係がない場合も多く、女好きなノンケ男ほど自分を理想の女にしたがる要素がある。
男子校や男性の多い職場では年に一度の“女装コンテスト”が各地で行われている。かくいうワタシも大学時代、オンナっ気のほとんどない工業大学・建築家在籍の男友達を学園祭で女装させ、入賞させた記憶がある(余談だけど建築家の彼やらキーボード弾きの彼やら、今にして思えば、付き合う男が全部ベビたん要素だらけ。全ての道はクリスに通ズル)。

ましてや自己顕示欲の塊である芸能人・ミュージシャンが、己の美しく着飾った姿を世間に発表しないテはない。多分、きっと、古今東西の音楽誌で企画されたに違いないので、そっちを見たほうが早いが、ワタシの持っている範囲ではなかったので、ちょっとまとめてみた。

★オスカー・ワイルド・・・ミュージシャンじゃないけど(生き方がロックスターよ!) 。ゲイのグレート・ファーザーことワイルドは実際女装マニア。自分で演じるサロメ他、数々の女装写真を残している。時代を考えればすごいこと。

クリックすると元のサイズで表示します

★ローリング・ストーンズ・・・メンバー全員が女装での写真を見たことがある。多分このあたりが“ノンケ男ミュージシャンのマジ女装”のパイオニアかと思われる。

クリックすると元のサイズで表示します

★フレディ・マーキュリー・・・初期の細身・長髪時代ならまだしも、マッチョで髭という非常にゲイゲイしい時代のズラ&ミニスカは非常にインパクト大。これが拝めるPVでは、クイーンのメンバー全員女装。

YouTube - Queen - I want to break free

★イレイジャー・・・アンディはふだん普通の兄ちゃんっぽいが、ライブではゲイゲイしいらしい。そんなアンディが大好きと思われるABBAをカバーした曲では、ノンケのヴィンスも一緒に女装、アグネタとフリーダになりきって、楽しそうに踊っている。ゴツ顔のヴィンスが意外にノリノリ。

YouTube - Take A Chance On Me - Erasure (ABBA cover)

★ロビー・ウィリアムズ・・・「リトル・ブリテン」で女装のレディ“ロベルタ”になり、癖になったのか、「She’s Madonna」PVでかなり意味のないグロい女装→お着替えのサービスまで披露。この曲はPSBと共同製作なので、なにかゲイ的なアピールをしたかったのか、どうなのか。

YouTube - robbie williams - she's madonna

クリックすると元のサイズで表示します

★ルーファス・ウェインライト(アメリカ人ですが)・・・かなり本気で、アルバム「Want U」でいばら姫の女装。かわいい。「Want T」では騎士のコスプレ。

クリックすると元のサイズで表示します

★PSB・・・クリスは映画「It couldn’t happen here」で。あくまでもお仕事ね(みんなそうです)。お笑いではなくかなり本気モード。この本気っぽさが逆にノンケ男っぽい。「Always on my mind」のPV(映画のダイジェスト)でちらっと映るので、お見逃しなく。ニールは経験なし。有名人の愚行は写真や映像で死ぬまで付きまとうという賢い判断と、自分の乙女度はカタチにできるものではないというピュアさではなかろうか。

YouTube - Pet Shop Boys - Always On My Mind

クリックすると元のサイズで表示します

個人的にQueen of Queenはベビたんに輝きました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ