2007/12/4

PLEASE終了  Pet Shop Boys

昨日「アグリー・ベティ」で、マイクが「感謝祭には毎年何十回目かの"サウンド・オブ・ミュージック"を見るものよ!」って言っていたけど、「サウンド・オブ・ミュージック」ってゲイ好みのアイテムなの?まあ、ミュージカルはもともとゲイの大好物だろうけど。



アルバムレビューPlease「Later tonight」

アルバムレビューPlease「Why don’t we live together?」

今日アップした2曲で「PLEASE」のレビューは終わり。あとはB面&カップリングのCD-2「Futher listening 1984-1986」です。

「Later tonight」は、ご本人解説を聞かないとわからない、"ラフ・トレード"が隠しテーマの1曲。ニールが"ラフ・トレード"って言っているんだけど、最初、なんだかわからなかった。そういう名前のレコード・レーベルがあるけど(実際、ググるとほとんどそういう結果が出る)。直訳すれば"雑な交換"・・・って何よ。いろいろ調べてようやく判明したわ。これは"MSM"(man who sex with man)のゲイ・スラングでした。マイナーだわ。訳をやっていると、こういう知識も必要な訳ね。よくよく聞かなきゃわからないから、CDのインナーの歌詞の日本語対訳が恐ろしく間違っている時があるけど・・・。ともかく、ニールがサラリーマン時代からかわゆい男子に萌えていたという事実だけは心得ました。

「Why don’t we live together?」は、ゲイの必殺プロポーズよね。ロマンチックな歌、と思いきや、妥協がテーマ。結婚も同棲も結局は妥協なんですってよ。ということは、まだニールもクリスも妥協していないってことですね。ある意味、ワタシも。

「PLEASE」はデビューアルバムだから、世間に顔を広める様子伺い・・・と思いきや、全然そうじゃなくて、欲望バリバリ&セクシャリティ・カムアウトのアルバムなのでした。多分、歌詞の意味深さに気づいた人だけがキャッチできた、意外に電波系アルバムなのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ニューヨークのアップル・ジャック・レストラン。
1983年、ニールはここでボビー"O"にチーズバーガーとキャロットケーキを奢り、デビューのきっかけを作った。歴史的な場所。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ