2007/12/11

サンタさん来ないかな、サタンさんじゃなくて  日常

Pet shop boys till Globen

12月30日に、PSBがスウェーデンで何かやる模様。サイトがスウェーデン語なのでさっぱりわからないんですが、多分TV出演かなにかだと思います。歌うのかな。
じゃあ、今年のクリスマス〜ニューイヤー・ホリデーも、2人はそれぞれロマンチックには過ごせなさそう。今年も彼氏ナシ、かも!マーガレットがニヤリとほくそ笑んだ光景が目に浮かびました?



Best. Gay. Gift. Guide. Ever!

afterelton.comに、ゲイが喜ぶクリスマス・プレゼント・ガイドが載っていたよ。ルーファスたんやシザー・シスターズのCD、「ヘアスプレー」やドラマののDVDほか、エロエロ写真集、なぜかホグワーツのマフラー(ハリポタってゲイ萌え?)、日本でも話題の転がる目覚まし時計など、定番からサプライズものまでいろいろありますので、あなたもゲイのお友達になにかあげる時はご参考に。ワタシは”墓場のゴシック・ガーデン”が気に入ったわ。
でも、一番のベタは自分がサンタのカッコして「恋人はサンタクロース」でしょ?でしょっ!?



ワタシは毎年、半ば無駄だとわかりつつ、ニール&クリスにクリスマスカード&小さなプレゼントを送り付けています。正直、この時期は競争率高いので、埋もれる可能性は大きいけどね。
なるべく珍しくて、高くなくて、気軽なものを、と考えて、今年は5本指ソックスにしました。日本にしかない、ってフランス人が言ってたから。ロンドンの冬は冷えるでのぅ。履いてくれるといいな。

クリックすると元のサイズで表示します

確実にメガネ萌。ほら、ふだんコンタクトの人がメガネの時って、無防備、でしょ、プライベートって感じで。
0

2007/12/10

UKチャート1位  Pet Shop Boys

Down time - Times Online

タイムズ(UK)の”「歴代クリスマス週間ベスト1シングル」のトップ10”というのを選出して、PSBの「Always on my mind」('87)が歴代3位に!

UKではクリスマスの週にシングルがチャートで1位に輝くということは、すごく歴史的な、大事な事のようです。

「Always on my mind」は確かに87年のクリスマス週にベスト1になったんですが、この曲はカバー、PSBの楽曲じゃない、って事で、ワタシ的には外してます。実は「Go west」も同じ理由で。どっちもライブでは異常に盛り上がりますけどね。まあ、「Go west」が社会に与えた存在意味の大きさは認めますし、オリジナルのヴィレッジ・ピープルのバージョンを大きく超えているのは事実だけど。実際、たいていライブの最後の曲なので、泣きますけどね、ワタシ。

ところでPSBがUKで1位をとったシングルは、「Always on my mind」の他に「West End girls」('85)、「It's a sin」('86)、「Heart」('88)の4曲なんですけど、個人的にPSBの曲で好きな曲順に並べると「West End girls」以外はベスト10に入らないかも・・・って事は、世間が選ぶベストとワタシが選ぶベストはけっこう違うのかも。

幸い、PSBご本人が好きだという曲とワタシの好きな曲はかぶっているからいいけど、世間はどうやらPSBにノリやアゲの方を期待しているようです。でも、アゲ曲って内容が実は深刻でしょう(「It's a sin」とか「Integral」とか)。ものすごく残虐よね。

ワタシはどちらかというと、他人にはどうでもいい様な、極めて個人的な心情が乙女心にぐっと来るんですが(「Being boring」とか「Rent」とか「You only tell me you love me when you're drunk」など)、こっち方面は”売りにくい、シングルになりにくい”そうなので、アルバムの隅っこやB面を偏愛しちゃうんですよね。

でも、気分によってアゲから泣きまで揃っているからPSBはいいぞ!
あなたが偏愛する曲はなんですか?

クリックすると元のサイズで表示します

サー・イアン、"とりあえず"クリスを食おうと思ってますか?

「Heart」は曲と歌詞、どちらもPSBとしてはヒネリがなくてイマイチだと思うけど、PVのクリスの運転手コスプレには悶えます。サー・イアンはまだカミングアウトもしていないし、映画スターになる前ですが、この頃からお知り合いだったんですね。恐るべし、組合ネットワーク!



ニールの夢を見た。
なんだかコンサートじゃなくて講演会みたいなところにニール一人で来ていて、ワタシはそれを見ている。イベントが終わって楽屋に行くと快く会ってくれた。ワタシはテンパるけど、包み込むように優しく微笑むニール様。で、しまった、サインをしてもらう色紙みたいなものがないや、と思い、着ていたダウンジャケット(いつも本当に着ている白いY-3のやつ)にサインをしてもらった。ニールは「外側じゃ悪いから、内側に書くね」と言ってくれる。ああ、これにはクリスのサインも欲しかった、とか思いつつ。夢の中ではいつも、ニールはフレンドリーでいい人だ。

場面転換。ウキウキ気分のはずが、愛猫タマが、腎不全で危篤状態(現実にはすこぶる元気なのだけど)。「まだ7歳なのに!」とワタシは思う。実際タマは6歳なのだが・・・う〜ん、もしや来年の予知夢なのか?だったら冒頭だけ現実になって、タマの病気は未然に終わって欲しい。とりあえず、腎臓病の原因に成るかつお節は今日から量を減らすからね。

クリックすると元のサイズで表示します

脚はどれでしょうクイズ
0

2007/12/9

何も考えなかった一日  日常

今日は、おそろしくダラダラして、本を読んでDVD見て、何も考えないで一日が終わりました。ウェブにも面白そうな記事は出ていないし。
世間は忙しい12月なのに、ワタシの部屋の時間は止まっているみたいにゆっくり・・・って、外はすぐ暗くなるけど。しばらく「あ〜忙しい、忙しい」って感覚とは無縁だなあ。充電期間を取りすぎたかなあ。でも、もうメインストリームに戻れそうもないわ。いったいワタシは今後どうなって行くのか、若い頃はそれが楽しみだったけど、今は不安の方が大きいな。(ちょっとタメイキ)

楽しい写真で、今日はお茶を濁します。

クリックすると元のサイズで表示します

1987年の写真だそうで。

ところで、写真は海外の写真サイト・ファンサイトから勝手にもらってくることがほとんどです。これっていけないことなのかな〜と、いつも思うけど、やっちゃってます。前にYouTubeの映像をブログに貼ったら、その映像をYouTubeに投稿していた人(アルゼンチンの男性だった・・・当然日本語は読めないと思う)からメールが来ていて、ぎょっ、お叱り?と思ったけど、「使ってくれてありがとう。君もPSBファンなんだね」というお礼のメールでほっとした思いがあります。だから”転記禁止”的な記載がなければ貼っちゃっていますけど・・・いいんですよね?

でも、海外のファンサイトには、熱狂的すぎてなんだかこっちが嫌な思いをする掲示板がたまにあるんですよ。そういうのはなるべく読まないようにしているけど。ニールがどっかの男性と一緒にいるプライベートらしき写真とかは、ホント見たくないです、現実だとしても。で、キャプションや書き込みが「ニールがゲイでなきゃいいのに!」とう、現実否定の女子だったりするんです。ワタシはこの領域には入りたくないし、純粋に音楽を愛しているから、2人のプライベートは知りたくない。たまに知りたいと思うこともあるけど、知らない方が幸せよ。

たぶんワタシも、好き度合いでは彼女らと同じようなもんだと思うけど、好きゆえに、現実を知ったばかりに落ち込むことがあるので、なるべく見ないようにしています。

つくづく、手に入らないものを愛するのは辛いし、そして、限度がある。
0

2007/12/8

男は弱い生き物でしょ  日常

CDJournal.com - CDJカレンダー - ジョン、ニューヨークのダコタ・アパート前で射殺される。

今日はジョンの命日。これに合わせて、犯人マーク・チャップマンの視点から見た映画「チャプター27」が公開されますが、ジャレッド・レト(映画「アレキサンダー」でアレキサンダーの恋人役やってましたね)が30kgも太ってチャップマン役に挑んだことが話題になっております。フィリップ・シーモア・ホフマンなら30s太らなくてもやれたと思うんだけど。太るとイケメンもブサイクに見えるんですね・・・しつこいけど私は太目が好き。

クリックすると元のサイズで表示します
大王の愛人役

クリックすると元のサイズで表示します
+30kg

(余談ですが、時々ジャレッドは自分がゲイだとか口走っていますが、バリバリのノンケです。いったい何でそんなこと言うんだか。)

で、30キロ太ったジャレッドはマーク・チャップマンにそっくり。ワタシはこれを見てフト、つっかかっていた疑問が氷解した。

エアギター世界チャンピオン(ダイノジのオオチさんってヒト)、どっかで見た事あると思ったら、マーク・チャップマンに似てたんだ!
なんかすっきりしたわ。



「Queer as folk」のシーズン1、見終わりました。いやあ、面白かったよ。

ブライアンがゲイにとっての理想(グッド・ルッキングでエリートビジネスマン、毎晩違う相手と寝ても誰にも文句言われないし、その体力もある、わがままで魅力的)、マイケルがゲイにとっての現実(ふつうのルックス、スーパー勤務、職場ではカミングアウトできない、恋人とは誠実に付き合う、いろいろ悩みが多い)なんだと思いました。

マイケルは少年時代からブライアンを好きだけど、もうとっくにそういう"恋愛対象候補時代"を過ぎてしまったため、親友のままでいることに甘んじている。でも、彼らは友人同士なのに、頻繁にキスをする。う〜ん、そこはチトわからんなあ。

でも、ニール&クリスがいつも仲がよくてつるんで遊びに行くのはなんとなくわかったような気がする。男は、ノンケでもゲイでも、時に恋人よりも友人を大事にするんだよね。それが、女にとって絶対に入り込めない領域みたいなものだけど、それがない男はまた魅力的じゃないしねえ。

ああそう、マーガレット独自の調べによると、女は、いつも強い男が弱っている様にグっと来る、という意見が非常に多ございます。だから男はいつも虚勢を張る必要はございません。たまには弱い所を見せても良いのです。社会が作った"強い男像"に振り回されることなんてないんです(って、ワタシは誰に言ってんだ)。
0

2007/12/7

今年やってないもの  Pet Shop Boys

Yahoo!ミュージック - 音楽ニュース-スパンダー・バレエ、再結成?

↑結局お金ですか・・・なんかな〜。




今年のはじめ、ロンドンのナショナル・ポートレイト・ギャラリーでPSBの写真展が開催されたことに絡んで、聴衆を集めて懇談会をやったんですが、そのときニール&マネジメントから発表された「今年予定しているお仕事」リストで、やってないものがあるので、ここでイヂワルく掘り返しておきましょう。

先ずVHSビデオとLDのみの発売だった主演映画『It couldn't happen here』(’87)をDVD化すること。多分、本人たちのコメンタリーを入れるとかしないとソフト化する意味がないけど、忙しくてコメンタリーが入れられなかったんだと思う。もうこれを忘れたいってことはないよね?これ見るとクリスファンになっちゃうんだよね。

次にこれもVHSビデオとLDだけだった1989年のファースト・ツアーの完全版を出すこと。多分、これもコメンタリーの問題かなあ。ビデオは30分しかないダイジェスト版で、これはニール&クリスの意向で気に入ったものだけを入れたら短くなっちゃった、ということ。でも、YouTubeにはそれに入っていない映像がほぼ全曲アップされているんだよね・・・どこかで出たのか?それとも闇?いったいどういうこと?

最後、リトル・ブリテンのライブでマット・ルーカスが歌う「I’m gay」のリミックス。
これには正直、驚いたよ。マット・ルーカス&デビッド・ウォリアムズはもともとPSBの大ファンを公言していて、実際友人関係なんだけど(もちろん「I’m with stupid」のPVにも出演)、この曲はあからさまに「Go West」を意識して作られているんだよね(セットも微妙にCubismをパクっているような)。それをPSBがリミックスって・・・まだやってないけど。まあ、「リトル・ブリテン」は “ゲイを笑いものにする” 開き直ったゲイなので、表面的にはクールを装うPSBらしくないが、実際ウラPSBだと思っているんで、ワタシは。またニールが「ゲイゲイしすぎる」って嫌がったのかも・・・そんなこと心配しなくて大丈夫よ!あーたたちの曲のほうがずっとベタですから!

↓マット、歌上手すぎ。マットは「リトル・ブリテン」の別キャラ、アンディ・ピプキンとして出したシングルが去年のUKクリスマス週間シングル1位という快挙を成し遂げております。



歌詞は以下の通り


続きを読む
0

2007/12/6

去年とほとんど同じ事書きます  Pet Shop Boys

クリスマスプレゼントに最適、の、PSPやPS3にピくっと反応してばかりの今日この頃です。
だんだん寒くなって来ました。寒い日は一人暮らしにはこたえます。去年はどうやって泣きながら12月を過ごしていたんでしょう。

PSBからのクリスマス・カードは、封筒からしてペラペラだったので、ああ、今年もCDじゃないのか・・・と、ドキドキしつつも軽く失望しましたが、もう2度とCDなんてあり得ないのかも。

10年前にファンクラブ会員に送られたクリスマスカードは「It dosen't often snow at Christmas」のCDでした。
その後、しばらくはレア度が高くて、ファンクラブ会員が優越感にひたるアイテムでしたが、2000年にエルトン・ジョンのTVライブで演奏、2005年に「エルトンのクリスマス・パーティ」というチャリティー・アルバムに収録。

クリスマスなんて、言うほどのものじゃない
家族がプラスチックのツリーの周りで格闘して
見たいTVもやらないし
雪が降ることもほとんどない
年々、ホワイト・クリスマスなんて意味がなくなっている
ビング・クロスビー、
ビング・クロスビーったら、
あんた、聞いているかい?

クリスマスにほとんど雪は降らない
そういうことなんだよね
でもクリスマスは光り輝いている
だって、君と一緒に過ごせるから

クリスマスの本当のメッセージなんてとっくの昔のもの
今じゃ、全て商業的になってしまっている
誰かにつくられた楽しみのようなもので、慈善みたい
1年で最大の年間行事にすぎないってこと

クリスマスにほとんど雪は降らない
本当に
でもクリスマスは光り輝いている
だって、君と一緒に過ごせるから

ニール:メリー・クリスマス
クリス:ハッピー・ニュー・イヤー


(マーガレット訳)

皮肉とベタなラヴ、PSBらしい〜。こんな素晴らしい未発表の曲をプレゼントされたら、またノックアウト、メロメロよ〜。罪作りぃ〜。
また今年もライブをアップしておきます。いやでもクリスマス気分に浸って下さいませ。

0

2007/12/5

Further listening 1984-1986  Pet Shop Boys

今日、PSBからクリスマスカードが届きました(ファンクラブ特典ね)。クリスマスまではちょっと早い。
なんか、地味だわあ。2人のお顔とかも載ってないしぃ。CDかDVDを期待しちゃうのよねえ、毎年・・・。

どうでもいいけど、いまだにファンクラブのシステムが不思議で仕方がないわ。会員番号がなくて、どうやって個人を特定しているのかしら・・・。多分ワタシ、前回年会費を払ってからとっくに1年以上過ぎているけど、いつ年会費の請求が来るのかわからん・・・(お知らせが会報誌に同封されて来るのだけど、会報誌のスパンがかなりいいかげん)。
まあ、そのアバウトさがなんとなく愛しいんですけどね。



アルバムレビューPlease

「Further listening 1984-1986」は、6曲一気にアップしました。

「A man could get arrested」は、ニールたちが酔っ払いのお兄ちゃんたちに追いかけられたという恐い経験から来ているらしい。ハッテン場をうろつくからですよ。

「In the night」は「Opportunities」に似ている。けっこう好きな音。ニールのフランス語が出て来てセクシー。基本、エロ妄想。BBCの「The cloth show」のテーマ曲。
http://www.bbc.co.uk/cult/classic/clothesshow/

「That’s my impression」は、ニールはジェラシーの歌だと言い、クリスはセックスの歌だと言い、見解が異なる。

「Was that what it was?」ワタシにとっては思い出深いけど、2人にとってはあまり思い出深くないんだって。

「Jack the lad」はサティのジムノペティをモチーフにしたピアノが美しい曲。アラビアのロレンス、ワイルド、ロシアのスパイのフィルビーと、ニールの好きなものがてんこ盛り。

「Paninaro」はお馴染み、クリスファンが狂喜乱舞。みんな落ち着け!黙らっしゃい!

クリックすると元のサイズで表示します

意味もなくニヤニヤ。

ああ、アルバム・レビューがまたひとつ終わった!なんかちょっと寂しいのよね〜。終わりが来るでしょ。もっとゆっくりやろうかな〜。
0

2007/12/4

PLEASE終了  Pet Shop Boys

昨日「アグリー・ベティ」で、マイクが「感謝祭には毎年何十回目かの"サウンド・オブ・ミュージック"を見るものよ!」って言っていたけど、「サウンド・オブ・ミュージック」ってゲイ好みのアイテムなの?まあ、ミュージカルはもともとゲイの大好物だろうけど。



アルバムレビューPlease「Later tonight」

アルバムレビューPlease「Why don’t we live together?」

今日アップした2曲で「PLEASE」のレビューは終わり。あとはB面&カップリングのCD-2「Futher listening 1984-1986」です。

「Later tonight」は、ご本人解説を聞かないとわからない、"ラフ・トレード"が隠しテーマの1曲。ニールが"ラフ・トレード"って言っているんだけど、最初、なんだかわからなかった。そういう名前のレコード・レーベルがあるけど(実際、ググるとほとんどそういう結果が出る)。直訳すれば"雑な交換"・・・って何よ。いろいろ調べてようやく判明したわ。これは"MSM"(man who sex with man)のゲイ・スラングでした。マイナーだわ。訳をやっていると、こういう知識も必要な訳ね。よくよく聞かなきゃわからないから、CDのインナーの歌詞の日本語対訳が恐ろしく間違っている時があるけど・・・。ともかく、ニールがサラリーマン時代からかわゆい男子に萌えていたという事実だけは心得ました。

「Why don’t we live together?」は、ゲイの必殺プロポーズよね。ロマンチックな歌、と思いきや、妥協がテーマ。結婚も同棲も結局は妥協なんですってよ。ということは、まだニールもクリスも妥協していないってことですね。ある意味、ワタシも。

「PLEASE」はデビューアルバムだから、世間に顔を広める様子伺い・・・と思いきや、全然そうじゃなくて、欲望バリバリ&セクシャリティ・カムアウトのアルバムなのでした。多分、歌詞の意味深さに気づいた人だけがキャッチできた、意外に電波系アルバムなのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ニューヨークのアップル・ジャック・レストラン。
1983年、ニールはここでボビー"O"にチーズバーガーとキャロットケーキを奢り、デビューのきっかけを作った。歴史的な場所。
0

2007/12/3

暴力とセックス  Pet Shop Boys

来年1月11日のロンドンでのライブは、「戦艦ポチョムキン」だということです。今回は無料じゃなくて、チケット販売するみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は2曲いっぺんにアップしました。とくに男にとっては密接な関係にある、暴力とセックスという、いつもの知的テーマとは逆にある人間の根底的な欲望を感じる2曲。

アルバムレビューPlease「Violence」

「Violence」は、当時社会問題だったIRAのテロにインスパイアされた曲。ちょっと地味なので、B面曲っぽいです。

アルバムレビューPlease「I want a lover」

「I want a lover」は、とにかく誰とでもいいからヤンチャしたい、という若いムラムラを歌いました。話を聞く限り、こいうった「クラブに行って誰かをお持ち帰り」的テーマの曲は、ニールではなくクリス的発想の歌みたいですよ。意外にもクリスの方がロマンチックや色恋にうるさいです・・・まあ、はっきりとはおっしゃらないけど。

ところでこの曲、同じ1986年にリリースされた、原田知世の「雨のプラネタリウム」にサビの部分が激似だと、YouTubeにネタが貼ってあったんでご紹介しておきます。石川秀美の「霧の彼方の異邦人」は「Love comes quickly」のカバーですが、「雨の・・・」の作詞作曲は日本人だからカバーじゃないはず・・・でもすごく似てる。是非聞き比べて下さい。どっちが先かと言ったら・・・必然的にわかっちゃうよね。多分トモヨ・ファンもビックリすると思うわ。↓

http://www.youtube.com/watch?v=GM75KnFiKB4

0

2007/12/2

「Tonight is forever」  Pet Shop Boys

アルバムレビューPlease

「Tonight is forever」レビューです。
彼らの、最初のクラブ・カルチャー賛歌。ロンドンの有名なゲイクラブ「HEAVEN」をイメージしているようです。
アンセムというより、この曲になんとなく儚い哀愁を感じてしまうのはワタシだけ?

レビュー内の解説にもあるけど、ニールは生放送ライブ・パフフォーマンスで、ビールをしこたま飲んで出演してしまったので、ヘロヘロなライブになっております。いつもクールなニールにこんな失態は珍しい。ラッキーにも、YouTubeに画像があるので、コレクターズ・アイテムとしてご覧下さい。↓





本日ワタシはフラメンコの講演を見てまいりました。先ずはテクニック、そして感情表現。突き詰めれば、ダンスとは形ではなく、自分の内面を如何にして伝えるかという言語そのものなのですねえ。

とはいえ、他人の前には極力出ないように生きているワタシは、同じことを家にこもって人形やら文字やらにぶつけているしだいでございます。人前で踊るなどあり得ないけど、99%静+1%爆発、というカタチのワタシは、10年位したら、もしかしたら人前で踊り狂っているやもしれません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ