2007/10/29

すぐ終わってしまうから恋なんてこの世にないほうがいい(byニール)  日常

マーガレット、初めてBL小説を読む

BL(ボーイズラブ)に詳しい知人が、BL小説を貸してくれた。
あえてタイトル・作者はあげないけど、ワタシに合わせて、「目の青いアングロサクソン人」が出てくる話をセレクトしてくれた。主人公は26歳の会社員で、ふーん、“ボーイズ”って、未成年じゃないのか、と思った。まあ、50過ぎてもボーイズ名乗っている人が実際にいるからいいか。

クリックすると元のサイズで表示します

ボーイズですけど、なにか問題でも?
他にビースティ・ボーイズやビーチ・ボーイズとかいっぱいいるし。

で。

内容の出来・不出来、信憑性、現実度などについてあれやこれは言うつもりはない。BL小説に詳しい人にとっては“なにをいまさら”なのかもしれないけど、何しろ私は生まれて初めてBL小説を読んだので、的外れなことを言うかもしれないけど、お許しを。

まあ、これは大いなるファンタジーであること。それは、読む前から予想していたことだ。現実とは逆で、登場人物の8割が男性ゲイという世界の惚れたハレタのストーリー。が、読前イメージよりも現実の社会を逸脱していないから、実際の男性ゲイの人が読んでも”半分くらいはあり得るかも“という、ほどよい現実味。(多分知人はそういうのを極力選んだんだと思う。)

(私の他の知人に、プロの小説家の人がいる。彼女はBLも書いていて、成田空港の書店に置いてあった本を、たまたま日本に出張で来ていたアメリカ人の男性ゲイの人が購入し、なんとか読破して、感動したと言うような内容の感想をアメリカから作者に送ってくれたそうだ。だからBLは全てのゲイ男性に”相手にされない“ワケじゃないと思う。ノンケ男性には無理かもしれないが・・・。)

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ