2007/10/28

下品な奴とは寝ない(byニール)  日常

今日の差し入れは、Tちゃんより、超美麗ゼリーです。こんな日にアトリエに居合わせた人は超ラッキーね。おいしく頂きました。
おまけに3週間遅れの誕生日プレゼントまで。Tちゃんありがと!

クリックすると元のサイズで表示します

*ゼリーのイエ ON LINE SHOP*



話は変わって。

TVって俗悪よね。
ただ、世の中からあらゆるカタチの悪というものはなくならないだろうし、しぶとく残り続けると思う。
ナンシー関さんのように、その毒までも食らいつくし昇華させるほどの偉人ならばともかく、ワタシはただの人、その毒気には時々クラクラさせられる。

そりゃ番組にもよるけど、少なくとも地上波民放は視聴率至上主義だから、下品でやりすぎの人たちが集まっている感じ。(聞いた話では、民放を支える企業の広告料は、結局は商品の値段に反映されて我々消費者に返ってきているんだけど、その一人当たりの金額はNHKの視聴料より高いそうだ)

TVを見る側も “これは作り物”とわかって見ていない人も多いらしい。TVに出ている人がみんな本当のことを話すと本気で思っている。バラエティーもドキュメンタリーもニュースも、みんな架空のドラマやキャラクターだと思って見るぶんには面白いモノだと思うけど。

ウチの実家でとっている朝日新聞の「TVはがき通信」という投書がキテレツに面白い。
普通だったら家族や友達と、どうでもいい“捨て話”で終わるTV番組の感想を、わざわざ本名ではがきに書いて送りつけてくる彼ら・彼女らは、多分、ものすごく純粋な人たちだ。「ドラマに感動した」という優等生の感想文のような素直な意見(これが一番つまらない)から、「終わってしまったドラマの続きを作って」というグチめいたもの、「放送時間が遅くて子供が見れないから時間を変えろ」というモンスター・ペアレントめいた要望まで、さまざま。つうか、一様にみんなテレビに本気である。なんでマジになっちゃうのかな・・・フツーあそこまで熱くなれるんだろう。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ