2007/8/21

続く抜け殻に明日はあるのか  日常

ああ、今日はとってもつらい一日だった。
理由は…やっぱりまだサマソニ後遺症でしょうな。一時期よくなったのに、またぶり返した。サマソニ参戦メンバーに会ったからかも。それに、みんな後遺症なんて残っていないし。リハビリはワタシだけだし。

(あと、結婚の必要性についての話をされるととっても辛くなります。いくらいきがってがんばってても、結婚していないとなると落ちこぼれみたいで。)

ワタシは本当に自分の未来が見えないんですわ。仕事もプライベートも身動き取れなくて。もう未来なんて考えないことにする。
いや、ポジティブになったほうがいいのは十分わかっているけど、ちょっと無理な状態なんです。臆病だから、そんな時は自分の殻に閉じこもって扉を閉めてしまう。
「閉じこもっていないで、出ておいで」(by「Se a vida e」←実際、とてもハッピーに聞こえるけど、この曲は"失望した人間の歌"であるという)と、ニールは声をかけてくれるけど、その勇気がない。どっか逃げたいよ〜と、くだをまくだけで。



ほんとうに自己中心的なことを言ってしまえば、PSBが日本のマスコミに注目なんてされなくてもいい。日本なんか来なくてもいい。みんなPSBのことを忘れてしまえばいいのに。自己中心的ですね。



本日ニール&クリスはエジンバラです。シリアスリーの舞台を見に行っています。今日のお客さんはラッキーですね。でもロンドン近郊のファンはPV出演のため、ロンドンに集結しているんでしょ。



今日から教育TVでSFドラマ「ドクター・フー」が始まる。先日までのBS2の再放送。
何度も言うようですが「ドクター・フー」とPSBは縁がある。

●ニール、クリスともファン。特にクリスは最新シリーズも見ている。(「ドクター・フー」のファンサイトに"クリス・ロウ"なる人物が書き込みしたことも。本人かどうかは不明…多分同姓同名)
●10代目ドクター、デビッド・テナントはニールファンで芸名をもらった。
●PSBの「Radiophonic」は「ドクター・フー」の昔のテーマ曲がベース。
●クリエイターがゲイで、ゲイのファンが多い。
●ゲイの俳優ジョン・バロウマンがキャプテン・ジャックで途中から出演。

アメリカのSFに比べたらめちゃくちゃチープだけど、Petheadなら一応チェックしてください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ