2007/7/31

うちの鬼姉  日常

ワタシには5歳上の姉がいる。現在は結婚して東京で暮らしている。

ワタシは以前ブログで、ワタシはラッキーな人間かも、と言ったけど、それはちゃんと裏づけがあってのラッキーさである。つまり、先日のロンドンライブで、寒い雨の中、開場前から数時間並んだすえ最前列をゲットした努力型ラッキーである。
けど、姉は例えるなら開演ギリギリで行っても、友人が最前列をゲットしておいてくれた、ああ〜ラッキー、って人である。

実際、姉は高校卒業後(ワタシが中1の時)家を出たので、それ以来数十年一緒に暮らしたことが一度もない。それより前は年齢が離れていたので、あまり話も合わなかった。先日の北海道旅行はそんな姉と母とのほぼ初めての宿泊ありの家族旅行だった(父はお留守番)。
姉は東京に新築マンションを買ってしまうほど余裕のあるニュー旦那がいる。子供は全員大学生でほぼ独立していて、悠々自適。お金も時間もある専業主婦だ。

実は結婚前はちょうど姉が貧乏、ワタシの方が羽振りがよく、たまに食事に行くと必ず私が支払っていた。その"たかり癖"がまだ続いていて、裕福になった今も、両親には必ずたかる。北海道旅行もなんと母に出して貰っていて、彼女が払ったのは羽田までの運賃だけだ。ある意味、さほど嫌みなくたかれるのってうらやましい。

ワタシは自立した女を目指しているせいかただの見栄っ張りか、お金を出すことがカッコイイと思っている(本当は去年の所得税が免除されるくらい"お上も認めた"カツカツっぷりだけど、貧乏くさいのはかっこ悪いと思っているのでそんな風には見せないよう努力している)。だからたかるのがものすごく罪悪感があるし、できない、しない、実際おごってももらえない。

今日、初めて気がついたのだが、ワタシが小樽から送ってもらった「北菓楼」のバームクーヘンがない。お教室で使おうと思っていた数箱のうちの1つ、今日開けようと思っていたのに教室がなくなったので、そろそろ賞味期限が…と思い探したら、ない。母に聞いたら、姉が東京に持って帰ったという。はあ!?
調べたら、同じく送ってもらった「じゃがぽっくる」も1箱ないじゃん!


続きを読む
1

2007/7/31

Seriously  Pet Shop Boys

さて、PSB公式HPでもアナウンスされているミュージカル「シリアスリー」(8/2〜27)。去年、オーストラリア・メルボルンのLGTBフェスでひっそり(?)上演されたものが、UKのエジンバラで再演されるというニュース。

この「シリアスリー」については、ワタシはノーコメントだったけど(他人様のブログのコメントでちょっと語らせていただきましたけど)、実際、当時から海外のファンからも「見た」「良かった」との声を聞きませんでした。
シドニーはいまや世界一のゲイタウンで、前回プライドでは1000人のおねえたまがたがカイリー・ミノーグのドラーグをしたらしいし、オージー・アイドルがカミングアウトするほど欧米に負けないくらいLGTBな場所、当然PSBのファンも多いはず。

「シリアスリー」はあくまでPSBのヒット曲から起草されたミュージカルで、「クローサー・トゥ・ヘヴン」のようにPSBが書き下ろしたわけじゃない。
そりゃ、PSBの曲を聴いた世界中のロマンチストが、そこから物語を妄想するのは大いにありえる。ワタシでさえ曲を聴いて泣くんだから、ましてやどんだけの世界中のゲイがPSBの曲に感情移入して、シンパシーを得ていろんな作品を創造したか、想像に難くない。多分この「シリアスリー」も、然り。

でも、ワタシが勝手に思うに、ファンというのは因果なもの、「本人が関わっているなら地の果てまで行く」けど、「他のファンの妄想は・・・正直どうでもいい」んだと思う。クイーン(「ロック・ユー!」),ABBA(「マンマミア!」)ほどPSBの“一般ミーハー度”は高くない。彼らはパーソナルに熱狂的なファンに支えられているのだと思う。

誰かがPSBのヒット曲を歌いながら踊るのって、さほど魅力を感じないの。ファンはこんなだし、じゃあ一般はというと、どっちにしろPSB=内容がゲイ・ストーリーなので、一般ウケはしにくいんだろうと思う(欧米ってゲイに寛容な分、反動でヘイトも多いから)。

でもまあ、公式HP経由だとエジンバラの再演が10ポンドで見られるらしいので、近辺に住んでいたら見に行くと思うわ。本当は「クローサー・トゥ・ヘヴン」の方が見たいかも。

シリアスリー公式HP(動画あり)
http://www.seriouslypsb.com/

gay.com.ukのレビュー
http://uk.gay.com/article/5665

クリックすると元のサイズで表示します

舞台裏、自然っぽい。

ところで、仕事場のTVがなくなってからというもの、毎日ほとんどの時間、PSBのアルバムをヘビーローテーションで聞いております。ファンHPを立ち上げるとき一度は無理、と断念した「アルバム全曲レビュー」を本気でやってみたくなりました。だって、1曲1曲が本当に素晴らしいんですもの(ワタシは有言しないと自分に負けてなかったことにしちゃうタイプなので、あえて言って苦労するタイプです)。本人コメントも訳したいので、多分膨大な時間と手間を要すると思う・・・これ、仕事になんない?論文で博士号取れるとかでもいいや。マジでPSBファンクラブ日本支部、任せてくんないかなあ(そんな大それたことを)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ