2007/6/2

パリ&ロンドン一人ツアー@  ライブ&ツアー

パリ&ロンドン一人旅

記憶から遠ざからないうちに、速攻でツアー記を書いています。とりあえず初日パリライブのレポート書きました。
着物姿のマーガレットも初公開です(恥)!

以下は、パリ・グランレックスで、ワタシが見たライブの熱狂のオープニング。
ワタシの2,3m右で、携帯で撮ってたやつに違いない。
「We are the Pet Shop Boys」をフランス語で「Nous sommes les Pet Shop Boys」と歌っています。


0

2007/6/1

昼ドラ  ドラマ

麗わしき鬼 | 東海テレビ 昼ドラマ

ワタシがしばらく日本にいない間に、昼ドラがすごいことになっていた。
いつものドロドロにくわえ、今回の昼ドラにはLGTBがテーマのひとつになっている事は前にもここで書いたけど、さらに強烈に・・・。

ストーリーは腹ちがいの姉妹を巡るドロドロストーリー。ヒロイン(妹)の叔父にあたる人がオネエ系ゲイとして最初から出ていたけど、ここのところLGTBがゾロゾロ。

先ず腹違いの姉妹と知らなかった姉が、妹に抱く愛情が異常に濃い。妹だと知っても濃い。
その姉は、結婚しているが女性の愛人がいる。
妹の恋人がバイセクシャルで、叔父の元恋人だった。

LGTBが取り上げられると言うことは、単純に市民権を得た様な気もするが、実際は、結局ドロドロを盛り上げる、ノンケの目から見た”ヘンな人たち”に過ぎないのは残念。

妹の恋人は、彼女と結婚させたくない父親の策略で罠にはめられる。彼が男と関係を持っている所を妹に見せることで2人の仲を裂こうとするが、ドロドロのクライマックスで車に跳ねられバーン!都合よく死ぬ。

姉の女性の恋人は、嫉妬に狂って暴れ回った挙句、ナイフ振り回したり(昼ドラではよくやるけど)不気味な笑を浮かべたり、明らかにキレキャラ。そうこうするうち行方不明になってしまった(そのうちまたバケモノ化して出てきそう)。

これじゃ、LGTBがちゃんと取り上げられているとは思わない。びっくりさせてナンボの昼ドラだから仕方ないのか?
おそらくごく一般の人は、「LGTB=同性と寝る人種」くらいの認識なんだろうな。

ワタシは彼ら・彼女らの性的なポイントには興味がない。まあ、人間が性という原始的な欲望から形成されているのであれば、そこから生み出される性格、性質、考えなどに影響を及ぼしているであろうから、そういう意味では「興味がない」とは違うかもしれないけど、それでゲイ・ノンケを分けることはしない。

興味があるのはその人の生み出すものだ。ワタシがことさらLGTBに興味を持っているのは、生み出すものが素晴らしいからで、その感性が単純にワタシ好みだということ。少なくとも彼らの性的嗜好だけを取り上げてチャカすようなこともしたくない。

乙女文化として「腐女子」「やおい」というものがあるけど、ワタシはこれもあまり好きじゃないんです。まあ、ほとんど関わったことがないので、内容はしらないんですが。まあ、まったく別のフィールドという訳ではないので、かぶっている部分はございましょうが、好んでそっちに行こうとは思いません。

去年のゲイマガジン「yes」のインタビューで、ニールは名言とも言える言葉を日本の読者に残してくれました。

「僕はゲイじゃない。ただのホモセクシャルだ。」

う〜〜ん、単純かつ深い。
ワタシが勝手に解釈すると、要はただの"好み"の問題で、人間の種類のカテゴライズとは違うって事だと思うんですが。

明日と明後日は名古屋のゲイパレードだそうですね。明日、仕事じゃんな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

最前列でクリスにブンブン手を振っていたワタシ、スラッと手を上げて答えてくれました。ねえっ、絶対ワタシに返してくれたんだよね?隣のにーちゃんじゃないよねっ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ