2007/6/12

けっこうムーディ  音楽(洋楽)

今日は、本当は仕事なのだけど、開店休業状態。やばいです。マヂで最近、仕事が目に見えて減っています(だって、来るメールがみんな何かのキャンセルのメールなんですもん)。このままじゃ生きていけなくなるかも。自営業は気楽でいいけど、誰も生活を保証してくれないんです。仕事があるというのはありがたいことです。

サマソニ来日の前、シンガポールでのライブが入りました。その後、バリでのライブも。そのままヴァカンス突入か?8月お盆時期のバリって言ったら日本人観光客も多そう。

Mush Up、流行っていますねえ。
PSB公式HPでニールが自ら紹介していたDJ.MagnetのMush upはけっこう面白かった。
(しかし、ニールってホントにチェックがマメよねえ。)
PSBの「Love comes quickly」と、ケイト・ブッシュの「Running up that hill」とさらにそれをプラシーボがカバーしたバージョンの3つをマッシュしている。そのタイトルも「Love comes running up that hill quickly」(そのまんま)。

「Love comes quickly」もケイト・ブッシュもプラシーボもみんな大好物なので、ゴシック・ロマンチック系のなかなかいい仕上がりでした。ニールは「ヴェリー・ムーディ」って言っていますが、ニールにムード歌謡とか聞かせてあげたいですね。好きだよ、きっと。

こちらでダウンロードできます。
http://djmagnet.blogspot.com/

プラシーボは、ヴォーカルのブライアン・モロコがバイセクシャルを公言しているのでLGBTミュージシャンと言えるでしょう。すごく美形なので、デビット・ボウイの再来とか言われていましたね、以前。本人もかなり意識しているようで、ボウイのグラムロックの部分を継いで行きたいそうで。B公言もそこか?

ケイト・ブッシュを聞くときは、覚悟がいります。彼女独特のスピリチュアルな世界に入りこんだっきり戻ってこれないので、精神的に危ういときは聞けないですが・・・今もまだちょっと無理。
ちなみにワタシの好きなMFことミレーヌ・ファルメールは「フランスのケイト・ブッシュ」と言われてました、昔。サイコロジカルなところが。
ケイト・ブッシュの歌で一番知られているのは1977年の「Wuthering Heights」(邦題「嵐が丘」)でしょう。なぜか全然雰囲気の違うTVのバラエティ番組のオープニングで使われているのが不満なんですが。

エミリー・ブロンテの「嵐が丘」を題材にして書かれているので、PVではケイトが幽霊になったキャシーを演じていて、「ヒ〜スクリ〜フ、私よ、キャシーよ〜!」と歌い踊ります。ケイト当時19歳、恐るべき才能です。
そりゃもう恐いです。もし未見でしたら、この曲は歴史に残る名曲のひとつなので、是非聴いてください。でも踊り狂うケイトがトラウマになっても責任持てませんけど・・・。

イギリスはけっこう行っているんですが、ブロンテ姉妹の故郷ハワースにはまだ行っていません。なにかエラいインスピレーションを受けそうで、覚悟がいりそうで。ああいう荒涼とした世界観、情念深くて不幸な女が大好きなので、いつか行ってみたいんですが・・・狂いそうで恐いです。ワタシも霊になって、ニール&クリスの家の窓を叩きそうで。

アルバムでは82年の「Dreaming」が非常に演劇的、異形のサーカス的(PVがズバリそのもの)でお気に入りです。去年、12年ぶりに新作アルバムが発売されました。ニールによると「(ちょっと顔をあわせただけだけど)ケイトは・・・かわっている人・・・。」だそうです。やっぱりそうだろう。




0

2007/6/11

ベビたん  Pet Shop Boys

8月のサマソニ来日が、楽しみと不安、という2重の感情でテイッパイな感じがしてます。”不安”て何よ、って思う人は乙女じゃないわね。乙女は恋をすると不安になるものなのよぅ〜〜!

ところで、2000年の来日公演「NIGHTLIFE」のツアーパンフを読んでいると、あることに気がつきます。クリスがヘンなんですよ。

ファンでも、クリスはミステリアス、良くわからん、という人は多いです。それは彼がプライベートについてはほとんど喋らないからだと思います。インタビューでも、ニールがダーーーっと喋ったあと、「だよね。」とかしか言わないし。まあ、よくても音楽の専門的な話が多いので、彼が根本的に何を考えているのかわかりにくい。「作品(音楽)を見ればわかるでしょ」ってのが言い訳になっている。
唯一、本当はキュートでよく喋り、笑うんだなって思うのがDVDのコメンタリーくらいなもので(だから今度のライブDVDのコメンタリーが楽しみ)。

で、「NIGHTLIFE」のツアーパンフ。ここには会報誌「Literally」の訳やインタビューも掲載された日本版だけど(私が知る限り、過去2回のツアー「MCMLXXXIX」「Performance」のパンフは英語版をそのまま売っていて、日本独自の編成はない)、ここでのクリスは今までも、そしてこれからもあり得ないくらい感情をあらわにしている。

なぜか2000年当時のクリスは、とても悲観的だ。
「自分がかわいそうで泣く」、「お風呂の明かりを消してキャンドルをつけて、悲しい曲をかけながら泣く」、「幸せって選択肢のひとつなんだってようやく気がついた」、「いくつか恋をして大人になった」、「(自身の曲「I WANT LOVER」に対して)今も募集中」、などなど、クリスの口からはあまり聞いたことのないような言葉がけっこう出てくる。

乙女はひらめいた。
「これは、大失恋の直後に違いない!!」と。
当たらずとも遠からずでしょ!?
ニールのことを「恋多き男」と言うんだから、きっとクリス自身は、自分のことをそうとは思っていないはず。ということは、割と1人の人と長続きさせるタイプなのかも。長く付き合った人だから失恋が痛いんじゃないのかしら。
まあ、クリスに関しては、恋人らしき誰かと連れ立って歩いているところを写真に撮られたりすることは本当に皆無に近いから、過去に恋人じゃないかと言われた人は1人しか知られていないんだけど、「愛こそすべて」と言い切るからには、いつも恋はしているんだと思う。今は、アフターライブは妹とかと一緒にいるくらいだから恋人はいないかもしれないんですけどね・・・スタッフの中にいると周りにはわかんないんですけど。って言うか、有名になると、寄ってくる“魅力的な”人が多すぎやしませんか?

いったいどこの誰がクリスを振ったんだよ・・・なんて、ちょっと悔しい思いに駆られたりもしますが、結局はクリスもニールと同じで、恋の墓場を築いて作品を作っているんだな〜と思うと、ほら、とたんにべびたんが愛しくなって来るでしょ。
実はニールよりも趣味がベタだし。単に着ている鎧が厚いだけなんですよ。

今はどっちも同じくらい好きだけど、ワタシはもともとクリスファンなので(ニールはずっと恐かったけど、お手紙書いてもらって実際に対面したら完璧にフォーリンラヴしました)。

クリックすると元のサイズで表示します

アイドル時代・・・。
正直言って、”ニールのかわいこちゃん”って感じでしたよ。
0

2007/6/10

BBCコンサート  Pet Shop Boys

クリックすると元のサイズで表示します

昨日6月9日、BBC-2で放送されたPSBの特別コンサート、収録はツアー中忙しいにもかかわらず6月4日に観客を入れて行われました。選曲がちょっと意外でした。

Being Boring
Suburbia
Minimal/Shopping
Kings Cross
Heart
Opportunities
Integral
Se a vida E/Domino Dancing
West End Girls
Always on my Mind
So Hard/It's a Sin

セットリストにあった「Flamboyant」「Can you forgive her?」は放送していないようです。
「Kings Cross」以外は現在のコンサートでもやっている曲ばかりですが、割と古めというか渋めじゃございませんこと?(「Heart」なんかライブではずっとやってなかったのに、最近ライブでやり始めたりとか・・・。)
ちなみにチケット(無料)は5月30日の公式HPで「先着40人」にプレゼントしていました。ああ、こういう時つくづくロンドンの近くに住んでいれば!と思います。

それにしても忙しすぎやしませんか?まあ、本人たちもツアーを望んでいることなんだろうけど、くれぐれもお体大切にって思うわ。特にニール、最大の魅力である声、のどは大切にして欲しいです。歌いすぎで枯れるようなタイプではないと思いますが。
特に彼氏(現在いるのかは知らないけど)、キスするときには丁寧に扱ってください。

↓ここから聞くことができます。フォトギャラリーもあり
http://www.bbc.co.uk/radio2/musicclub/events_petshop.shtml

ところで、最近アメリカでヒットチャートにいる「SHOP BOYZ(ショップ・ボーイズ)」は、名前がとても紛らわしい。一瞬トリビュートバンドかと思ったけど、ヒップ・ホップらしいので、音楽性はまったく違う。もしかしてPSBを知らない世代か!?
どうでもいいけど「SHOP BOYZ」は直訳すると「店員」。どこがかっこいいのか。(ワタシは実はPSBのグループ名も長いし意味不明だし、妙なゲイスラングもあるからあまり好きじゃないの。旧名「WEST END」もダサ目だけど、まだよかったような。名前って難しい・・・。)
http://www.bounce.com/news/daily.php/10611
0

2007/6/9

教えて!  日常

「ニール」「クリス」を漢字の当て字にすると、どんな漢字が合うでしょうか。
なんかヤンキーみたい。

いいのがあったら考えて、教えてください。


クリックすると元のサイズで表示します

ファンクラブ会報誌より、ニールが最も好きなPVはこの「It's alright」なんですって。ほのぼのとしたいい写真ですが(2人の視線がバチッと合ってますね♪)。子供が好きなのかなぁ。自分の子供は・・・混ざってないですが。
0

2007/6/8

今からでも遅くない  音楽(洋楽)

さっき、「金スマ」に中村中が出ていて、見て来ました。
好きな人や場所がTVで取り上げられるのってうれしいけど、その扱い方に若干の不安がある。まあ、「金スマ」は及第点でしょう。もっと中ちゃんの歌、聞きたかったけどね。

そんな中ちゃんは、もしも幻のミュージック・フェス「Wotapalava Festival」が開催されるとしたら、日本代表で参加して欲しい。

「Wotapalava Festival」はニールが企画し、2001年、全米をツアーする予定だったフェスだ。チケットまで発売されたのにドタキャンされて、以後、再開の話はトンと聞かない。

「Wotapalava Festival」の最大の特徴は、参加ミュージシャンが全員LGBTであること。当時のラインナップはもちろんPSB、ルーファス・ウェインライト、ソフトセルなど(クリスは反対しなかったのね)。
ゲイ好みのミュージシャンが集まってのゲイクラブでのライブ、とかならまあ、どこかでありそうだけど、ゲイ側からの自発的な大規模なツアーは今でもちょっと考えられないので、中止になったのがとても残念。たとえアメリカでも。

中止の理由ははっきりしていないけど、どうやら参加アーチストの一人だったアイルランドのお騒がせ歌姫、シンニード・オコナーが、レズビアンであることをカミングアウトしていたのに、ツアー直前で男性と婚約したことが中止の原因とされている。なら、B(バイセクシャル)のミュージシャンでいいじゃん。

今からでも遅くない、また企画してくれませんかね。
アメリカじゃ行けるかわからないけど、ライブDVDを出して!このさいツアーじゃなくてスタジオ録画でもいいや。
2001年当時はまだカムアウトしていなかった、あるいはデビューしていなかった(シザー・シスターズ、ウィル・ヤングなど)ミュージシャンもいるから、6年後の今ならもっと数が集まると思うわ。


★今日のYouTube★

フランスの番組で披露された「Go West」。年月日不明だが、当時クリスがお気に入りだった丸サングラスを着用しているから、たぶん93年か94年。
白タイツのマッチョに囲まれて、ロシア人コスプレ(なんだそれ)するニール&クリスに萌え。


0

2007/6/7


昨日、寝室のTVが壊れた。
スイッチつけてないのに、煙が出てそのまま壊れた。
どうもワタシは電気製品と相性が悪いらしく、電気製品があまり長持ちしたためしがない。

ワタシは今頃、PSBのライブDVD「CUBISM」を見て、ライブの追体験をしているはずだった。
DVDの発売が6月6日から6月20日になったことは、みなさんご存知の通り。なんでだ、説明は、なしか。
仕方ないからDVDのPVを見ることにする。






この短いPVは、「The Sodom and Gomorrah show」をフィーチャーしているが、めちゃめちゃエロい。ツアーレポートでも書いたけど、PSBのライブはある種のエロさがある。この曲はタイトルほど歌詞はエロくないんだが、パフフォーマンスはめちゃくちゃエロい。シングルにもなっていないけど、アルバムにとってもいまのツアーにとってもメインの曲だ。ツアーで売っているTシャツに「Welcome to the Sodom and Gomorrah show」って書いてあることからも、これがツアー・タイトルかもって思う。

しかし、今回のツアー、「DiscoVery」のように裸のマッチョマンが出てくる訳でもないし、エロい演出があるわけでもない。むしろヒット曲を満遍なく披露する正統派ライブなのだが、とにかく見ていてエロい。
会場は愛・欲・情が渦巻いている。「I love you~~! Neil! Chris!」と叫ぶ、主に男たち。音楽にセクシャリティは関係ない、と、ことさらセクシャリティで人を分けることを嫌うニールですが、明らかにニールのお色気ムンムンっぷりは男子に向けられている。

ターゲット違いでも、ワタシのように、ゲイアンテナを隠し持っていると、その色気にノックアウトされてメロメロ状態になっちゃうアホな子もいますが。

りょうたさんのブログ「に し へ ゆ く」(ルーファス・ウェインライトのじょそう)でも言及されていたけど、ゲイであろうとノンケであろうと、男子であろうと女子であろうと、それぞれが纏っているセクシャリティやそこからくる趣味・趣向は、自然とパフォーマンスや行動ににじみ出るものだ。PSBのパフォーマンスがエロいのも、そういう原因なんじゃないかと思うけど。この会場には、たとえノンケでも、抱かれてぇって思っている男子・女子がイッパイいるんである。

まあ、PSBはファンには手を出さないと思う。確信はないけど。大人だから。

シザー・シスターズはメンバー5人のうち、ゲイ3人、人妻1人、ノンケ男子はドラマー1人なので、押し寄せる女子ファンはみんなドラマーが独り占めって、すごいこと言っていました。“ゲイバンド”だけど入ってよかったじゃん。
しかしいったいなんなんだ、このファンタジーは・・・。
0

2007/6/6

パリ&ロンドン一人旅D  ライブ&ツアー

パリ&ロンドン一人旅T

パリ&ロンドン一人旅U

パリ&ロンドン一人旅V

パリ&ロンドン一人旅W

パリ&ロンドン一人旅X

怒涛のロンドンライブ、完結編です。
↓ロンドン・ハマースミスの「GO WEST」、泣きました。泣いてください。



嫌な天気です。6月大嫌い。
この季節は何もやる気が起こらない、といい続けてはや3年。ココロに難を抱える乙女にとって、6月は一年で最もツライい季節のようです。

続きを読む
0

2007/6/5

パリ&ロンドン一人ツアーC  ライブ&ツアー

パリ&ロンドン一人旅T

パリ&ロンドン一人旅U

パリ&ロンドン一人旅V

パリ&ロンドン一人旅W

ロンドン突入。さらに濃い純度100%のPSB巡礼の旅です。

毎日旅行記・ライブレポートを書いているけど、私の頭の中に記録されたすばらしい映像を、どう言葉を駆使しても書ききることができない・・・。
ワタシの目の前で鼻の頭をこするクリス、汗の一滴一滴がキラキラ輝くニール・・・。
頭の中の映像をYOUTUBEにアップすることって、できないかしら。

Austerity-Britain-1945-1951-

↑ニールが移動中のバスで読んでいる704ページのハードカバー本。「労働党政府がどのようにして経済・社会景観を作り上げたか、また、今後の英国の展望」だそう。さすが元労働党員のニール。多分すんごく難しいと思う。これって睡眠導入本?クリスだったらスポーツ新聞とか読んでいそう。

↓ロンドン・ハマースミス・アポロで「Paninaro」歌うべびたん。正面でワタシがガン見しているのでやりにくい。

アルマーニ、アルマーニ、ア、ア、アルマーニ!!

やっぱりまだテレてる。歌詞を勝手にはしょる。最後の「Death」って言ってないし。

ところでこの黄色いパーカー、売店で販売していました。コスプレ続出。



0

2007/6/4

パリ&ロンドン一人ツアーB  ライブ&ツアー

パリ&ロンドン一人旅T

パリ&ロンドン一人旅U

パリ&ロンドン一人旅V

3ページ目です。

昨夜、嫌な夢を見ちゃった。
私は誰かを殺しちゃったのよね。まあ、夢だと思っていないんで、隠そうと必死なんだけど・・・。
これは、明らかに誰かに対する憎悪だと思う。その殺された人は、顔は見えないけど女性で、私のイライラ&うつの原因の人だと思う。表面的には何でもないように装っていても、沈殿物はわかり易く憎悪だった訳で。ああ、いやだ。

今日、ファンクラブ会報誌が来た。
ニール&クリスの気になった曲を5曲ピックアップする「Records」のコーナー、マニア過ぎて知らないアーチストが多いんだけど、クリスがThe Gossipの「Standing in the way of control」をあげている。これ、けっこうイギリスでは有名なので、けっこうベタかも。ヴォーカルのベス・デットー(太ったレズビアン)のパワフルかつ場末っのショーぽい感じがウケていると思うんだけど、クリスが注目するとは思わなかった。

最初にべスを見た時、あらヤダ、べスさんマーガレット似じゃん、って思った。私も今からシンガーになれるかしら、なんて思った。ただそれだけです、ハイ。



べス、音楽誌でヌードになる
http://abcdane.net/blog/archives/200706/bdittonmecov.html

0

2007/6/3

パリ&ロンドン一人ツアーA  ライブ&ツアー

パリ&ロンドン一人旅T

パリ&ロンドン一人旅U

昨日の続きです。
もっと感想を遠慮なくおっしゃってくださっていいんですよ?

昨日、初対面の人に、「PSB・・・?まだいたの?」と言われてものすごく凹みました。
(しかも、私が彼らに会うためにパリ・ロンドンから帰って来たばかりだと知った上で。)

どうしてオバサンって、他人の気持ちを考えないで、思ったことを早速口にだすんでしょうかねえ。乙女のような奥ゆかしさは、いったいどの時代に起き去られて来るんでしょうか。人の心を傷つける仕組みを、どなたか研究してください。

以下はパリライブのダイジェスト。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ