2007/6/20

逃げ場  日常

大人には“逃げ場所”がない、とつくづく思う。
昔だったら(まあ、大人にはなっていたけど)、姉、お祖母ちゃん、友人、いろいろと逃げ場(本当のプチ家出だったり、愚痴を言いたいだけの精神的なものまで)があったけど、姉はいま東京在住だし、お祖母ちゃんは死んじゃったし、友人も旦那や子供がいるからそうそう駆け込めない。っていうか、現在私は一人暮らしだから、家にこもっているのが最大の(他人からの)逃避なんだけど。精神的逃避はなかなかできない。
もしかしたら“逃げない”ことが大人なのかも。だから大人には逃げ場は必要とされていないのかも。でも、私ってこの通りすごく感情に正直(というか子供なんだな)なんで、正しくないことを黙ってはいられない、結果、現実に軋轢が生まれて、どっかに逃げたくなる。

ところで、昼ドラが暴走している。
ヒロインの姉が大暴走である。軽率な行動で姉を裏切ったヒロインが悪いんだが、その暴走ッぷりがまた昼ドラの見所なんだから、どうしょうもない。昼ドラ名物“食べ物で夫に復讐”も、今回は“携帯電話ケーキ”でした。
しかし、あれだけ暴れられたらスッキリするだろうよ!現代社会じゃ、あれだけ暴れるのはチト無理だ。要治療のDVになってしまう。

ストレス元をぶん殴る、といった行動が許されない場合、大人はストレスをガマンするしかない。小さければガマンするけど、それが数溜まるとひどいことに・・・こうやって犯罪は起こるのかしら・・・他人事じゃないわ。
0

2007/6/20

CUBISM/DVD  ライブ&ツアー

ようやく「CUBISM」が来た。
販売の発表から半年と販売が遅れた分プラス2週間、待ったかな。まあ、このツアーはナマで4回見ているわけだけど。

今回はスリップケースがニール版とクリス版の2種類あるファン泣かせ。Amazonが一番安かったのでとりあえずここで1枚購入、別バージョンを店頭で買おうかと。Amazonはどっちを送ってくるか選べないんだけど、これはちょっとした賭けよね。結果は・・・N様でした。

いや、でもちょっとトラぶった。
佐川急便はなぜかアトリエのほうではなく実家に届ける癖がある。まあ、近いけど、私自身が受け取れないことは同じ。しかも実家の両親は、何度言っても、届いたものをほうりっぱなしにして、私が実家に顔を出すまでそのまんま。いっつも私は「本やCDやDVDは、現実で楽しみの少ない私の唯一の楽しみだから、届いたらすぐに知らせて!」ときっつく言ってあるのだけど、今回も約束は破られ、実家に放ったらかしにされていた。もちろんそのたびに、私は激怒するけど、毎回同じ(なぜオバサンというのは、人が怒って何か言っても、そうそう、ってお米を研げるんだろう)。
だから何か取り寄せるときはいつもより頻繁に実家に行かなきゃならない。今回は2時間ほど放ったらかしだったけど、酷い時には2,3日忘れられたりも・・・。宅配便のひとに言っても、毎回人が違うんでな〜。

いま、DVDを見ながら書いています。
最初にライナー(彼ら付きのライター、クリス・ヒースが書いている)を読んだけど、仕事中の2人の様子がかなり細かく書かれていて興味深い。ただ、クリスがただのわがままちゃんに見えるよ。まあ、たしかにかなりマイペースみたいだけど。でも、結局はかわいいな〜って感じさせてしまう、おトクな人柄なんだと思う。

ところでロンドン滞在中、テート・ギャラリーでミニマル・アート展ってのをやっていた。ミニマル・アートの代表的なのが、蛍光灯やネオンサインを使ったもので、まさしくツアーでも使われてる「FUNDAMENTAL」のアートワークそのままなのね。曲の「MINIMAL」はアルバムの中では地味目だけど、意外に重要な曲なのかも。

しかし、ツアーの様子をこうやって客観的に見ると、ライブを実際に見て感じた“お仕事(ビジネス)”感みたいなものをより強く感じるような気がする。いや、じっさいにお仕事なんだけどさ。ふだん、ファンはCDを“お仕事”を聞いてるって実感があまりないんだよね。現実だか妄想だか区別のついていない、私のような人間は。だからそのギャップがちょっと寂しかったりして。あと、フューチャーされたメキシコのファンがうらやましい。

相変わらず最後の「GO WEST」で涙が出そうになる。ああ、終わっちゃうんだ・・・。DVDは何度でもまた見られるけど。
まだ1回しか見ていないので、何回か見て、またレビュー書きますね。
0

2007/6/19

血糖値が・・・  日常

カードの明細者が届いて、先日、パリの3店(ジャン・ポール・エヴァン、メゾン・ド・ショコラ、ピエール・マルコリーニ)でチョコレートを2万円以上購入していたことが判明。半分お土産、半分は自分で食べました。恐ろしい。そりゃ、スーツケースの中が甘いモノだらけで税関のおにいさんにあきれられるわ。

10月12日のバルセロナのライブをもって,Fundamentalツアーは終了、だそうだ。
うう、バルセロナの「セッテ・ポルテス」でイカ墨のパエリア食べたい。っつーか、ライブが見たい。

ポーランドで放送予定の「Little Britain」の1エピソード(ゲイのダフィッド、教会でゲイ・ストール出展の巻き:マーガレットが勝手に命名)の一部がカットされるらしい。
でも、以下の記事はちょっと間違っている。教会関係者からホモフォビックな言葉は出てこないし(むしろ寛容)、男性とキスするのはダフィッド(マット・ルーカス)ではなく、神父とその愛人(デビット・ウァリアムズ)。ダフィッドは彼氏いない歴25年だから。しいて言うなら、神父に男の愛人がいることが引っかかったんじゃない?

http://gayjapannews.com/news2007/news122.htm

あ、マット&デビッドは今年のシドニー・マルディ・グラ(ゲイ・プライド)にゲスト出演したそうです。マットはダフィッドの、デビはエミリーの扮装で。っつーか、デビはノンケじゃなかったの?

↓トップ・オブ・ザ・ポップスでの「Can you forgive her?」。PVそのままのオレンジ色のジャンプスーツ&とんがり帽子の衣装。クリスが美女と(やらされてる感いっぱいに)ダンスする珍しい映像です。




でもこの演出だと、歌詞の通り、ゲイが友人に「そろそろ自分がゲイだと気がつけよ!」と話しかけている相手がクリスみたいじゃないですか!
0

2007/6/18

タマは時々ニールと言う  

クリックすると元のサイズで表示します

タマは時々甘えた声で「ニィ〜ルぅ」としゃべります。本当です。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはタマ憧れの白猫、シロちゃん(仮名)。似ているようでよく見れば顔が野性的でタマとは違うんですが、時々「タマ脱走か?」とドキッとする。

ニールといえば。
”ニールの漢字名”ケテーイ。
「新琉・風蘭詩主・照南都」にケテーイ。
やっぱりヤンキーっぽいけどさ。

新=New:いつも新しいものを生み出す
琉=Azure blue:世界で一番美しい青色、つまりニールの瞳の色
風=Wind:風流人
蘭=Orchid:花のようにゴージャス
詩=Lyric:詩人だから
主=Lord:風格ある人格
照=Illuminate:太陽のように照らす
南都=Souuth capital:ロンドンのこと

いかがでしょうか。
この結果は、来月のニール53歳のバースデーカードに書いて、本人に送ります。

クリックすると元のサイズで表示します

「新琉」をてん書体で書くとこうなる。
0

2007/6/17

超訳  Pet Shop Boys

PSB公式HPが更新されないと、ワタシもネタ切れになります。
そこで超訳というお遊びをやってみました。
前に、ニールは関西弁っぽい、という話題がありましたので、関西弁に訳してみました。
ABBAの「スーパースター」の大阪弁訳の歌がすごく面白かったんで。
お題は最も演歌っぽい詩でワタシのフェイバリット・ベスト3に入る「You only tell me you love me when you’re drunk」。
でも、ワタシは関西弁がしゃべれるどころか、大阪に行ったこともない関西弁シロウトなので、「違〜う!」と思われるかもしれません。ご勘弁を。


なんちゅうことや、今夜は
やったらええのか、とっとと寝たらええのか
あんさん、いいこと、悪いこと
いちゃもんつけてくるからなぁ
あんさんは天気屋や!
仏さんのようだったり、鬼のようだったり
急にだんまってしまうやろ
あんさんがウチを好きやって言わはるのは酔うてる時だけや
あんさんがウチを好きやって言わはるのは酔うてる時だけや

なんもないよりマシかいな
あっちゃこっちゃ収集がつかんようになっとる
ウチはあんさんがよう見えんわ
おっちゃんがゆうとったで
“聞けや、あんた自分が見えとらんだけや
余計なことほじくるのはよしぃや
仲良くしいや”
でも、あんさんが好きやって言わはるのは酔うてる時だけやん
あんさんが好きやって言わはるのは酔うてる時だけやん

オバちゃんに聞かれたんや
“なんであない男と切れへんのかいな
早いとこ別れぇや、しょうもな”
あんさんが好きやって言わはるのは酔うてる時だけやからなぁ
あんさんが好きやって言わはるのは酔うてる時だけやからなぁ

たいそうに話しはるけど
それ、どういう意味なん?
しらふになったらみんなご破算かいな
ウチは粗大ゴミかいな
あんさんが好きやって言わはるのは酔うてる時だけやからなぁ
あんさんが好きやって言わはるのは酔うてる時だけやからなぁ


ノーマル訳はこちら
http://bebeisobe.cool.ne.jp/bebe/marilyn/psb/margaret/vol48.htm


↓ライブ(Nightlifeツアー)版



0

2007/6/16

こんなのもアリ  音楽(洋楽)

CDJournal.com - ニュース - 80'sアーティストが集結!英フェス“Retro Fest”が今秋に開催

スコットランドですが、80年代音楽好きとしてはたまんないですね、っつーか、ラインナップが微妙に気恥ずかしいのはナゼ?
0

2007/6/16

MIKAにフラれた  音楽(洋楽)

いや、今日10:00から7/30東京(リキッドルーム)でのライブ・チケ一般発売があったので、ちょっと仕事中だったけど失礼してネットの前でゲットしようとしたんですが、サイトに繋がらないまま、わずが3分半でSOLD OUT!恐るべしMIKA。ぴあにも出ちゃったし、話題になってたもんなあ・・・しかし残念。
次の日仕事っぽかったし、行けるかどうか迷っていたけど、なんとか行けそうで、同行者も見つけて行く気マンマンだったので、すごく悔しい!縁がなかったとあきらめるしかない。
でも、先行販売(抽選)時には迷っていたため応募しなかったのが悪かった。行けないと思うと急に見たくなる。でも、これがPSBじゃなくてマダよかった。PSBが即SOLD OUTだったら(まあ、キャパ的にそんなこたナイと思うが)、今日は泣いて仕事にならない、どころか自分を呪ったかも。
「お前はPSBだけを追い続けろ!PSBのプロになれ!」とのご指示?

サマソニだって、まだPSBが出演中止って地獄の可能性もある。もしMIKAを見たせいでワタシの運を使ってしまうようだったら、MIKAは我慢する。かといってフジロックに行くほどの気力もないし。

追加公演を祈るしかない(?)が、この東京公演自体、フジロックの追加公演みたいなものなんだよね。
ヤフオクにチケットが出ても絶対買わない!!

↓MIKAのデビューシングル「GRACE KELLY」のライブ映像でガマンします。
ワタシ、ピアノやキーボード弾ける人にすんごくヨワいの。


0

2007/6/15

フジロック  音楽(洋楽)

サマソニ、サマソニ騒いでますが、実のところ、フジロックもすんごい行きたいんです。
今年の夏はサマソニ1本に決めているんで、猛烈に主導権のある人に「車で連れて行ってあげるから!」と誘われない限り、行く可能性は低いですが(なにせ2002年にPSBが参戦したときでさえ、開催地の遠さと体力を考えて蹴ってしまったほど、フジロックははるか彼方・・・もはや海外の域)。

見たいのはThe cure とMIKA!!
言わずと知れたThe cureは、あり得ない再結成ですよ!いやあ、驚いたなあ。まさか日本で。まさか21世紀に。ロバート・スミスはやっぱり白く塗ってくるんでしょうか?新しいアルバムが出るそうだけど、むかしの曲もやってくれるんだよね?構成も気になります。いや、日本中で何万人もがそこんとこ気になっているでしょうか。

MIKAは、先日のロンドンでのライブが即日ソールド・アウトで、ちょっと見る機会ないかな、と思っていたらなんとこんなに早く来日しようとは!UKでも今年デビューしたばかりですが、そのデビューアルバムも先日、日本版が発売されたばかりですよ。ベテランThe cureとは対照的に新人さんのMIKA、ナマであの高揚感パンパンのハイトーンヴォイスを聞いてみた〜い!190cmのひょろひょろさんだとのことですが、でも「アタシ」って今にも言いそうなオーラがビシバシ出ているんでしょ、ああ、見たいなあ。(実はフジロック後の7月30日に東京で公演があるそうなんだけど、月曜日なので行けるかどうか不明なの・・・。誰か行く人いない?)
どっちにしろ、両方見るには3日間の野営が必要(The cureが7月27日、MIKAが7月29日)!
今年もWOWOWで放送してくれることを祈るか・・・。

↓以下は、The cureの「The Caterpillar」1984年。イモムシ&蝶キライには見られませんが。今見るとやっぱり80年代だな〜って感じ。80年代はみんな化粧していたんだよ!




0

2007/6/14

(無題)  映画&アート

UKのHMVで「Disco4」の予約受付が!?まだ公式HPでも発売発表していないのに?誤報かも?成り行き見つめましょう(うれしいけど、今年はいろんなもの出過ぎよね)。

先日、映画「46億年の恋」を見ました。プラトニックな恋ですわ。
三池崇史の映画って、女性受けしないと思うけど、これは割りと映像がきれいです。女性が一人も出てきません。三池監督は女性の扱いがヒドいので、いっそ出てこないほうがいいのかも。

↓以下は、1994年にTVショーで披露したきり、トラックにはなっていない貴重映像「Philadelphia」。
映画「フィラデルフィア」のテーマ曲で、ニール・ヤングのカバーです。トム・ハンクスがゲイでHIVの弁護士を演じてアカデミー賞を獲った映画です。トム・ハンクスはアメリカの時代的社会現象を体現した役ばかりやっていますね(この次の年は「フォレスト・ガンプ」で2年連続受賞)。ちなみにトムの恋人役は、まだハリウッドに進出して間もなかったアントニオ・バンデラス。2人のチークダンスはステキでした。
PSBは映画もお好きらしく、最近では「Boys don't cry」をモチーフにした「Girls don't cry」って曲も書いていますね。これもヒラリー・スワンクが性同一性障害の(元)女性を演じてアカデミー賞をもらった映画。





歌の後、ニールは司会者にインタビューされていますが、後ろでやる気のないクリスに注目。

続きを読む
0

2007/6/13

冥府魔道その2  Pet Shop Boys

クリックすると元のサイズで表示します

↑ここにも地獄への道って書いてあるしぃ。

先日、パリ滞在中のブログ投稿でワタシは「ファン道は冥府魔道だ」と書きましたが、まさに今またそれを実感している感じ。
「冥府魔道」、つまり地獄道って意味あいですが、精神的にきついですね。いや、なんにも考えないときは何の疑問もないんですが、ふとした時に“こんなんでいいのか!自分”という感覚に襲われます。ファンというカテゴリーに入ると、それ以外ではなくなってしまうので、他のアプローチ(例えば仕事だとか)が不可になります。

今、ワタシが立ち止まっているのはサマソニ。来日、うれしいじゃん!と、単純に喜べないんですよ。期待と不安とプレッシャー。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ