2007/4/26

ポップ・ディーヴァ  音楽(洋楽)

Pet Shop Boys : the official site

公式HP写真、ニールがスコットランドの海の見える小高い丘で、ちょっと王子様ふうのカッコで佇んでいます。ブーツにへんてこなベルトが王子様っぽいです。で、どなたとのご旅行かしら?新しい彼氏?いいですわね〜。

ところで、ゲイ男子って、ノンケ女子以上にポップの歌姫にご執心するじゃないですか。あれってなんでですかね。ああなりたいって願望なのかしら。マドンナとかカイリーミノーグとか。日本で言えば聖子ちゃんだとか。ちなみにワタシはピンクレディー踊ったクチ。聖子ちゃんの時代にはすでに洋楽、マドンナとかに行ってました。

ニール&クリスがダスティ・スプリングフィールドの大ファンだったのは有名な話です。デビュー後トップギアで上り詰めた2人はついにダスティとの共演・プロデュースを果たします(ついでに言うと後年マドンナやカイリーとも)。

「What Have I Done to Deserve This? (届かぬ想い)」でのコメンタリーでニールは、「ああ、あのダスティの手の動き、たまんない!」と乙女のようなコト言っています。ダスティは同性愛者だったと言われていますが、もちろんこの事は2人は知っていたんでしょうが、ゲイ男子がゲイ女子に憧れるのって、なんだか不思議なリスペクトです。
ニールって行動にCampさはないですが、やっぱり心は乙女遺伝子かなり多目なんですよね?本当のところ、あんな風に逆毛ヘアとバサバサつけまつげで、歌いたかったのか、ニール。・・・英国紳士なら誰でもちょっとくらいやってみるドラーグだけど、ニールは1度もやったことがありませんね。1度くらいやってみれば良かったらいいのに。端整なお顔立ちだから決しておかしくないと思うわ・・・相方のベイビーもフレディもミック・ジャガーもロビ男さんも、みんなやってるじゃん。

以下はPSBがダスティに書いた「Nothing Has Been Proved」です。映画「スキャンダル」の挿入歌。PSBバージョンはライブアルバム「Concreat」収録です。このPVにはニール&クリスも記者&カメラマンの役で出演しています。オットコマエなダスティ姐さんをご堪能ください。

余談ですが、YouTubeのサイトは上と横に広告がでますが、PSBを検索すると、LGBT向けの広告がきっちり出ます。すごいね、スポンサーって。(で、ワタシがPSBのコトをブログに書くと、ここのスポンサードリンクも「わんにゃんペットショップ」の広告が出たりします。うーん、惜しいな。)


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ