2007/4/21

こんなことしないのにぃ  Pet Shop Boys

に し へ ゆ く 〓Orientation to Occident

↑先日コメントをいただいたりょうたさんのブログで、マーガレットの事を取り上げていただいています。

たぶん日本一PET SHOP BOYSを愛している乙女であられるマーガレット様は、これも日本一のPSBサイトの管理人であり、PSB Ph.D.(ぺっとしょっぷぼーいずはかせ)みたいな方である。

だなんて、賛辞をいただいております。
まあ、「我こそが日本一のPetheadじゃ!」とおっしゃる方もいると思いますので、それはおいといて。ワタシはまあ、静岡代表っくらいで。

でも、ワタシは今までそんな積極的な人間じゃなかったの!
好きなミュージシャンのHPやブログを作ったり、海外のライブにまで出かけたり、出待ちして本人に会ったり・・・CDを購入して聴くという、ごく一般的なファンの行動から大きく逸脱することはなかったんです。
それがなぜ。
まさに「I Wouldn't Normally Do This Kind of Thing」(ふだんはこんなことしないのに)って感じで。
この曲は、”ふだんは大人しくて慎ましやかな英国紳士が、恋をしてぶっ飛んでしまう”様子を歌った、なんだか微笑ましい曲です。

しかし!恋は執着そのもの!”微笑ましい”からだんだん粘着質なモノに変わるのが恐い。
パリのライブで、クリスのまん前に来たら、ワタシったら何をしでかすか。
昔「Paformance」ツアーのラストソングで、舞台に飛び乗ってクリスの寝ているベットにもぐりこんだツワモノのファン男子の気持ちがよぅわかる。いや、いかんぞう。迷惑をかけるのは絶対にいかん。2人を悲しませる事なんてしたらファンじゃない。二ールのディオールのジャケットを盗んだ奴、あんたもいかんよ。

ライブでは”ちょっとだけ目立つ”だけで許してください。多分、パリのライブに着物で参加するのはワタシだけかもしれない。キクチリンコちゃんのように”大和なでしこパワー”を振りまいて来ます。



なつかしのエイス・ワンダーの「I'm not scared」('87)。当時、けっこう好きでよく聴いていた。初聴、すごくPSBっぽい曲だと思ったら、やっぱりPSBが作ったと知った。女性から見た暴力的な男の歌。ラストの方の「If I was you・・・」のくだりの歌詞と曲がものすごく二ール&クリスっぽい。PSBバージョンは「Introspective」収録。
ところでこの曲の邦題は「モンマルトルの森」。めちゃくちゃ英国っぽいのに、パリ?途中、フランス語がちょっと出て来るから?PVのロケがパリだからなのかな?
またニールにこっぴどく怒られそうです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ