2006/9/20

マーガレット通信  日常

margaret

更新しました。UKのファッション&芸能誌「GQ」4月号のPSB記事&インタビューの訳・前編です。
何度か訳はしてきているんですけど、今回は結構難しかったです。ライターの意図がちょっと読めなかったし…何だか文法も難しい。あらためて、私が過去に勉強したのは"アメリカ語"だったのね…。
0

2006/9/19

プリズンブレイク  ドラマ

20th CENTURY FOX HOME ENTERTAINMENT

アメリカのTVドラマ、「プリズンブレイク」をレンタルで見ています。「24(トゥエンティー・フォー)」的な急展開のドラマという触れ込みだったような気がします。まだ日本では1シーズン全部DVDが出ていないので、話がなかなか進まないような感じですが、私は話よりも状況を楽しんでいます。
というのも、これはゲイの人向け?と思うほどサービスがいいのですワ。タイトル通り、主人公は刑務所に入り、兄の死刑期限内にそこから脱走をするという話。主役の弟は天才で、イケメン、いいカラダ。しかも上半身に脱走のために必要な暗号をタトゥーとしてびっちり彫り込んでいるため、毎回、脱ぎます。刑務所だからヤロウばっかりだし。主人公を狙う凶暴で美青年好きな囚人が「殺してやる…でもその前に…」ってすごんでいるけど、いっつも失敗なトコとか、なんだか途中から悪い人じゃないんじゃないかと思えてくるから不思議。濃厚な兄弟愛とか暑苦しいほどだけど。

あ、マットの結婚祝いにWOWOWに加入しました。「リトルブリテン」シリーズ3もイギリスで発売されたので、買いました。またしばらくは「LB」漬けになりそうです。
0

2006/9/18

マットが結婚!おめでとう!  日常

The Sun Online - News: Little Britain's Matt to wed

「リトルブリテン」のヴィッキーorアンディorダフィッド、「I'm with stupid」のクリス・ロウことマット・ルーカスが結婚したそうよ!キャーおめでとう!お相手は、かねてからラブラブだったTVディレクターのケヴィン・マックジーさん。
結婚して幸せだからって、毒舌に手を抜かないでね!

(10月4日からのデジタルWOWOW2で「リトルブリテン」放送を控え、本気で加入を考えているマーガレットです。結婚祝いに、加入すっか!)
0

2006/9/18

そういえば、今日は  日常

今日、新聞をペラペラめくっていたら、目に止まった広告の男性モデル。薄めのメガネをかけた、ちょい白髪まじりの日本人の中年男性。おお、日本人にもこんな素敵な男性がいるじゃな〜い、と思ったら、幼児を抱っこしています。まあ、当然子持ちの年齢よね、と思ったら!「孫」って書いてある。孫?おじいちゃん?あちゃー、ついに私のストライクゾーンはおじいちゃん世代に突入!あ、今日は敬老の日ですね!

まあ、思えば私の父も50歳の時は孫がいたし、王子様・ニールも52歳。孫がいてもおかしくない年齢なわけで…いないよね?かくし孫。でも、子供がいない女性が若く見えるのと同様、男性だって少しはそうなんじゃないかしらね?PSBの二人に成人の子供がいるなんて、想像もつかないよ。
0

2006/9/18

「王子」について  日常

世間の話題に疎いので、あまり知らなかったんですが、最近は「王子」が流行っているそうですね!ハンカチだの、リアルなロイヤル・プリンスだの…。私にとっての王子はニールなんですが。先日(9/16)の朝日新聞・夕刊に”「王子」が来たワケ”という興味深いコラムがありました。その中の山崎浩一氏の意見…。

ヨン様ファンの主婦たちは、消費欲は十分満たされている。どうしても手に入らない最後の夢が、白馬の王子様。現実に隣にいるのは今や見る影もない夫。ヨン様でも斎藤君でも対象は何でもいい。自分を少女化した上で、その対象を追いかけている。ずっと抑圧してきたものを解き放っている」

ですと。なるほど。私も半分くらい当たっているかな。でも、私には”見る影もない隣の現実”がなく、ほぼ100%妄想世界に生きているので、状況はちょっと違うかな。しかも"対象はなんでもいい"ワケじゃないので。一応、妄想上で忠誠を誓っているわけですよ…。乙女というものは勝手ワガママなのですよ。

ところで、インド地方のどこかの小国の王子(皇太子)がゲイをカミングアウトして、ちょっとした騒動になっているそうですね。国の存亡にかかわるというワケですか。まあ、それならノンケの兄弟に皇位を譲ればいい訳です…個人の根源を無視して無理やり結婚しろだの子供を産めだの、残酷だわ。ルードヴィヒU世のように独身を貫いてもいいし、英国王室には伝統的にバイセクシャルが多い(これは秘密だった?)し、先日生まれたばっかりの日本のプチ・プリンスがゲイじゃないとも限らないわよ〜〜!
0

2006/9/17

プチ・ファンのオフ会  日常

今日は、隣県のPSBファンメイトさんがうちに遊びに来られました。そのTさんは、このブログを見てくれたのがきっかけでお友達になったファンメイトさんです。もちろん今日が初めて会う日。でも、たとえ初めて会うにしても、知り合った日数が短くても、ファン同士には語ることがいっぱいあります!お互いの仕事だとか、生い立ちだとか家族構成だとか、まったく共通するものがなくても、そういった"現実"を超えてひたすら妄想で暴走できるのがファンの集いの醍醐味です。
先日ロンドンに行ったファンメイトさんもそうでしたが、一晩中でも、何日でも、とにかく好きなことだけをエンドレスで話し合えるものです。まるで修学旅行のようなピュアな楽しさがあります。こんな楽しみとご縁を与えてくれたPSB、ありがとう!

ちなみに今回のメイン・イベントは”アフタヌーン・ティー”。Tさんが夢の中で「クリスにスコーンを盗られた!」と言っていたので、私が思う存分スコーンを作りました。人形のニール&クリスを加えて、4人でティー・パーティー。まるでアリスのお茶会。満足していただけたでしょうか。
0

2006/9/16

さらに  日常

公式HPに、上半身ハダカのニール王子@ビーチ(プール?)の写真が!誰が撮ったの?ねえ、誰が?
私、やっぱりおっぱいフェチですワ。男女のべつまくなく!いいわ〜、お胸は!(バカ)
バカついでに、きょうの私のいでたちは、黒いレザーパンツ&レザーキャスケット、それに、目に染みるほどの赤地にラメ銀ででっかく「PSB」と書かれた長袖トップスでした。なんかのイベントスタッフのよう。すっげー目立っていましたよ!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
バックの方がバカ度高いかも。
0

2006/9/15

と、おもったら  日常

Pet Shop Boys : the official site

ニール王子は現在、ギリシャのビーチでくつろいでいる模様です。あら素敵〜〜。

明日、9月16日はウィルヘルム・フォン・グローデン男爵の誕生日(1856年)。この方、ドイツ皇帝の親戚で大富豪ですが、シチリアに渡り、美少年・美青年を集めて昔のギリシャ人の格好をさせて古代ギリシャのパラダイスを作り、写真を取りまくった趣味人です。ただの趣味で取った写真だけど、写真創世記の作品は芸術品としても素晴らしく、現在でもアートワークに使用されています。ポストカードにもなっているので、どこかで見たことあるかもしれません。フランスで売っている三島由紀夫の「仮面の告白」はグローデン男爵の写真が表紙でした。

http://www.gallery-naruyama.com/exibition/gloden.html
0

2006/9/15

更新してよね〜  Pet Shop Boys

YouTube - Pet Shop Boys answering questions 1986

公式HPが更新されないのでつまんないです。
これも20年前インタビュー。クリスってこんなに明るかったっけ?ヒアリングが全然できないので、内容はわかんないです(きっぱり)。

全然関係ないですが、ラムシュタインといえば「混じぇて飲んでぇ〜」です。何のことかわからない?…空耳アワーです。
http://www.youtube.com/watch?v=Aa0xcp5rudw
0

2006/9/14

で、その  日常

「yes」vol.2を読んでいたら書いてあった小さな記事。同性シビルパートナー法の取材でロンドンを訪れていたという日本人男性の記者さん。現地の友人にクラブに誘われて行ったら、なんとニールとクリスがプライベートで遊びに来ていたらしい。PSBファンの記者さんのために、その友人が会わせてくれる様にセッティングしたらしい。ギャー!うらやましい!私にもそんなコネが欲しい!
つーか、プライベートでも一緒なんですね、ママとヒロくんは!

追記:
「yes」vol.3のPSBインタビューに、その続きっぽい記載が。
インタビュアー「お二人はプライベートでも一緒に遊んでいて、驚きました」
クリス「ショックだった?」
ニール「共通の友人が多いから」
ですってよ。その後、2人に同性シビルパートナー法について聞いています…。クリスは「(もし同性離婚が増えると)弁護士が喜ぶ」と。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ