2006/8/31

夏休み最後の日  Pet Shop Boys

8月31日って、とってもノスタルジックな響きよね…。夏が終わるような気がして。大人で自営業の私には夏休みもへったくれもないんですが。しかも夏は体力が50%くらい落ちるので、とっとと去って欲しい、嫌いな季節なんですが。
PSBも2人も夏休み明けだそうです。ベビたんはまたイビサ島に行っていたそうよ!イビザはスペインのリゾート地でありつつ、ヒッピームーブメントやレイヴパーティのお盛んな地だったので、今でも夜は”クラブまつり”状態…う〜ん、何やって来たの〜?と思いますが、多分ベビたんは純粋に音楽に浸りに行ったんですよ!まあ、ひと夏の恋くらい、あったとしても許してやってよ…。

ところで、5月のアルバム発売時にいろんな雑誌にレビューが載って、ちょくちょく見かけたんですが、PSBの扱いってのは、相変わらずテンションが低め。今さら説明の必要もないから、そうなっちゃうんでしょう。ファンもほとんど落ち着いた30〜40代でしょうし。むしろ私のような高血圧なファンは少ないのかも。
しかし80年代半ば、彼らがデビューして日本の洋楽雑誌なんかで紹介されたときはちょっとアイドル扱い(その当時流行っていたニュー・ロマンチック的扱い)みたいだったよ?特にベビたんはルックスがアイドルちっくだった!本来決してルックスで売るようなタイプじゃなかったけど…。

先日のロンドンのライブでは、前の方の席を後ろから見ると”頭が薄い男性=オールドファン”ばっかりで、ノリに不安があったけど、実際はノリノリで、みんな歌い踊っていた。決してテンションは低くない。他のロックミュージシャンなんかに比べて数は少ないだろうけど、出待ちする熱狂的ファンもいたし。
PSBはハイテンションに熱狂するようなミュージシャンじゃない、と思われているのが哀しい…。曲が人工的(シンセ中心)だからかなあ?でも、これほど感情を切々と歌える人たちもいないと思うのよ…たまに演歌に聞こえることもあるくらい。それに、コスプレなんかのお遊びやサプライズも本当は大好きだし。
いいんだよ、解放しても。私は今後もどんどん解放を訴えて行きたいと思います。
0

2006/8/30

CDジャーナルですが  音楽(洋楽)

先日、特集「ハロー・ブロークバック・ワールド」が面白そうと買ったCDジャーナル7月号ですが、面白かったけど誌面が少なかったです…もっとやって!アタシに1ページ書かせて欲しかった(ほぼ100%PSBについてだけど)。ちなみにPSBについてはちょこっとCDが紹介されているくらいなので、そんなに期待しないように(って、期待していたのは私)。
最近の話題としてルーファス・ウエインライトやウィル・ヤングなど旬のカミングアウトが取り上げられている。もうちょっと待てば元イン・シンクのランスのネタを入れて、”ボーイズグループにおけるゲイの割合”とかで書けたのに。元ボーイ・ゾーンのスティーヴンも同性結婚したことだし。

あ、でも、「カミングアウトしているミュージシャン」に「PSB」と書くのは、些細なことだけど正くないよね!正しくは「PSBのニール・テナント」と書いて欲しいよね。このさい「PSBのボーカルの方」でも可。それとも私の知らんうちにベビたんはカムアウトしたのか?既成事実だけで今さらどうだっていいのか?なんだかベビたんが無視されているような気がしていたたまれない。”PSBの決定権のある方”なのに。
0

2006/8/30

宝塚  日常

昨日は東京まで宝塚を見に行って来ました。ファン歴50年のママちゃんのおトモです。約30年前の伝説のベルばら初演など、小さいころからかなり見ていたんですが、そんなにハマってはいません…。でも、魅力はわかります。2時間半ほどの”非現実”を体感しに行くんですよね…。みんなまさしく乙女に戻りに行く”脳内デトックス”みたいなもの。だからツッコミ職人・評論オタクの私でさえ、芝居の出来がどうのこうの言うようなものじゃないとわかります。
いま、東京でやっているのは「オペラ座の怪人」をもとにした「ファントム」。誰でも知っているおなじみのストーリーです。ファントムが全然醜くない(っつーか、トップが演じているので舞台上で一番美しい)とか、不粋なことは言いません。綺麗でしたよ!

ただ、会場は90%オバさん(脳内乙女たち)でむせ返っております。10%はオバさんの現実(ダンナ)とおかまちゃん(これも脳内乙女)です。宝塚は乙女が対象なので、それは問題ないんですが、昨日は真後ろのオバさんがツッコミ職人でした!初めて?もしかしたら初めてでマナー知らないの?宝塚見ながら突っ込んじゃいけないんだよ!
しかも美だけを堪能するためにストーリーを考えなくてもいいよう、超わかりやすい展開なのに、終わったとたん「わかんなかった」と言い放っていた!脳内デトックスじゃなくて知能までなくしちゃったよ!

よく映画見に行くと、頭の悪いカップルの女の方がエレベーターの中で言ってるよね「わからない」って。これは、彼氏に可愛く映る作戦とか、とりあえず言っとくと男ウケがいいとかなんだろうか…。”目や耳の悪い人用のTVドラマ”のように、全部台詞や字幕で説明されないとわかんないんだろうか…。ちったあ監督の言いたいこと汲んで考えてやれよ!それが嫌なら映画なんて見に来るなよ!

で、その後ろのツッコミ職人には、私何度か振り向いて目で”静かに”とか言ったけどず〜〜っとおしゃべりが止まらす、ついには「うっせーよ!」と言う私がうるさいんですが、それでも喋り続けていた心臓に毛のはえたタイプの乙女でした…本当に迷惑ですから、芝居の最中に喋るのはくれぐれもやめましょう。みんな夢のなかにいるんだから!
0

2006/8/29

ロビ男!  日常

BBC - Radio 2 - Sold on Song - Pet Shop Boys in Concert Photo Gallery

BBC

N様、タレコミありがとうございました。BBCラジオで放送されたPSBコンサートの写真&音源をいただきました。
ところで、ゲストはルーファス・ウエインライト(カミングアウト・ゲイ)、ロビー・ウイリアムス(ゲイに好かれるノンケ)。
ロビーはノンケなのにゲイの人にちょっかい出しすぎ!写真のように、ニールにちょっと抱き付けば、ほら、もう彼は思い通りぢゃん!
しかもロビーは今度の新しいアルバム、PSBプロデュースで「We are the pet shop boys」をカバーしています。あんた、いつからPSBに加入したん!?と、言いたくもなります。
ニールはロビーのようなやんちゃでセクシーな男子(通称「ロビ男」byマーガレット)が大好きなので、そこをうまあく利用されているような気が・・・。
こうやってニールはダメ男にハマって行くのです・・・用が済んだらすぐ捨てられるのに。
クリスも仕事なんだから、言ってやっていいと思う・・・もしかしてベビたんもロビ男が趣味なの?!
0

2006/8/29

ヤフオク  日常

ちょっと理由があって、台湾のアイドル、ジェリーの来日イベント(9/9)のチケットのオークションを観察しています。全席指定の元値¥7,350ですが、なかなか高値がついています。先日、とんでもない落札が…。確かに”3〜5列・センター席”はすごい良い席だけど、売る方も売る方、落とす方も落とす方…なんと60万円(1枚ですよ!)超えていました!さらに続く良い席(9列目)も同じく60万円超えました。みんな、どうかしているよ。去年のヨン様のイベントのチケット24万で買った人の話は知っているけど、軽く超えた…。
私も先日のロンドンのライブは1日目は10列目でしたが、正価(125ポンド)でした…。PSBのチケットにこんな価格がついたら、私は行けないよ〜(PSBはファンクラブのチケット先行予約などの特典はありません)!
0

2006/8/28

Sodom & Gomorrah show  Pet Shop Boys

YouTube - Pet Shop Boys sodom live

ライブをどこかの国のTVで放送したらしい…あまりにもニールが妖艶なんで。ダンサーも妖しい。でも、ロンドンのライブではクリスも金のヘルメットかぶっていたのに、ここでは何のコスプレもナシ。相変わらずのいけずっぷり。
0

2006/8/28

マーガレット通信  Pet Shop Boys

margaret

38号更新しました。今回は「PSB争論大全」です。アメリカのPETHEADで博士号を持つウェインさん(通称べあ〜さん)のHPでやっていたものを訳してマーガレットのコメントをつけたものです。ここはご本人もたまに見ているサイトなんですが、全曲レビューなど素晴らしいので、PETHEADならぜひブックマークを。

http://www.geowayne.com/psbhtml.htm
0

2006/8/27

続・続・If Neil Tennant was my lover  Pet Shop Boys

歌詞を見て、私はロンドンの記憶がちょっと戻りました。
”僕の名前を呼んでくれるかな”のところ。
6月末、私はニールに会えて、「I am Margaret!」とニールに言ったのですが、ニールは「Hi, Margaret.」と、言ってくれたような気がします。いやっ、確かに言った!
ということは、私はLE SPORTより先んじてない?
「人形にして」も、全く逆だけど、「人形にしていい?」と、人形にしちゃったしさ。まあ、どんなにほじくり返しても、ただそれだけのことですけどね。
0

2006/8/26

CDジャーナル  日常

CDジャーナル〓2006年07月号

面白そうなので注文してみました。ブロックバック・ワールド。PSBにも言及しているらしい・・・。
去年アメリカでは、映画「ブロークバック・マウンテン」から「ブロークバック(する)」は、立派に名詞・動詞として使われることになったそうだ。
0

2006/8/25

続・If Neil Tennant was my lover  音楽(洋楽)

CDが来ましたので、訳しました。妄想、願望、入り乱れまくり。このブログが”エロサイト”としてググられてしまいそうな文言も入ってございますが、仕方ないです。私が言ったんじゃないもん!エロサイト、トラックバックしないでね!


もしニール・テナントが僕の恋人なら
僕の友達に会ってくれるかな
ダンスフロアの外でも
僕の名前を呼んでくれるかな
踊ってくれるだけでもいい

もしニール・テナントが僕の恋人なら
合鍵をくれるかも
膝まづいてくれる?
フェラしてくれる?
僕を喜ばせてくれる?

もしニール・テナントが僕の恋人なら
僕を傷つけないよね
とても魅力的なんだろうな
涙が出ちゃうかも
僕をお人形さんにしてくれるかな

もしニール・テナントが僕の恋人なら
え〜と、…だめだ…
何してくれるかなんて考えられないや
こんな僕に
あの”レント”を歌ったときのように
歌ってくれるかな
僕のためだけに
そう、全曲、僕だけのために歌って欲しい
わかるよね

僕のオトコならいいのに
僕を守ってくれる?


しかし、最近はみんな自由だよね…。カミングアウトする有名人も多いし、だれであろうと、自分の性癖や欲望を隠さないよね…。も〜ちょっと奥ゆかしくていいのに。悶々としたやりきれない気持ちを作品にする方がせつないのになあ。同性への想いはかつて「あえて名を告げられぬ愛」と呼ばれていたのにな。
これはもしかして、誰でも発言がしやすくなったネットのせいかも?PSBの某ファンサイト(ニールが以前、たまにチェックしていると発言していた)にも最近、ニールに対する好き好きポエムが増えています。こいつらのせいかも〜。
「性癖や私生活を明かすのなんてまっぴら!」と言い切るベビたんは奥ゆかしいんだね
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ