2006/7/12

CRISPS  日常

いまだに短絡的に”イギリスは料理がまずい”なんて言っている人はまさかいないと思うけど(それは、ツアーの料理でしょ?それならドイツでもフランスでもおなじでしょうに)、たしかにごくふつうのイギリス料理は、ちょっとだけ豪快よね。

今回のロンドンでは本当に心労と疲労であまり料理を食べれなくて残念だったけど、パブではよく飲みました。甘いものがニガテな私にとって、ジャンクな食べものNO.1は、チップスとクリスプス。

クリックすると元のサイズで表示します
チップスは、フライドポテトの太いヤツで、パブめしには必ずメイン料理の脇についてくる。これに備え付けのモルトビネガーやらケチャップやらマヨやらウスターソースやらをいっぱいかけて食す。ビール似合うように、ちょっと濃い目に味付け。
フランスのように料理にパンが付いて来ないので、これが主食みたいなものでしょう。おいしいんですけど量が多過ぎて、完食はまず無理だろうけど、これを食べると(そして当然メインの方の”フィッシュ”も)、ああ、私はイギリスにいる・・・と感慨深くなる。

フライドポテトが”チップス”というなら、ポテトチップスは”クリスプス”という。最近のパブは夕食も食べられるけど、夕食を食べながらビールやお酒を飲む人がまだ少数派で、時間が深くなればなるほど、ビールだけで飲む人が圧倒的に多い。どうしてもおつまみが欲しい場合はクリスプス。ホテルの部屋でもお手軽なクリスプス!
クリックすると元のサイズで表示します
このWALKERSが一番ポピュラーで、パブでもスーパーでもBOOTみたいなドラッグストアでも、どこにでも売っている。大袋もあるんだろうけど、ほとんどこの25gの小袋。パブだと100円くらいでちょっと高いけど、スーパーで6個パックで買えば1袋30〜40円くらい。写真のものはソルト&ビネガーで、すっぱむーちょみたいな味だけど、モルトビネガーをドバっとかけたチップスみたいで、まさにイギリスの味。他にもバーベキュー、オニオン&チーズ、プロウンカクテル、チキン、サワークーム、ホットチリなど、種類は多い。そしてどれも味がすごい濃い。ビールのつまみだから。

このWALKERのクリスプスはお土産に最適・・・すごいかさばるけど。これだけポピュラーなのに、日本で売っているのを見かけたことがない。どうか輸入して〜〜。イギリスのジャガイモはとてもおいしいような気がする。私へのイギリスみやげは、これが一番喜ぶことを、覚えておいてくださいねっ。
1

2006/7/12

S & G show  Pet Shop Boys

昨夜、何気なく「報道ステーション」のW杯特集を見ていたら、世界のスーパースターたちのスーパープレーに合わせて
Are you gonna go to the Sodom and Gomorrah show〜? ”
というSWEETな歌声がっ!そう、PSBの「ソドム&ゴモラ・ショー」ですわ。またもPSBがサッカーにフィーチャリング!しかもありがちな「GO WEST」ではなく、全く異質な「ソドム&ゴモラ」が…。先日のイギリスBBCのイングランド・トリビュート番組といい、なんかお約束でもあるのか?世界は影の帝王クリス(サッカー好き)の思い通りなのか?
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ