2006/4/8

ゲルマニウム  日常

ゲルマニウムが身体にいいと聴いたので、すっかり流されて「おうちのお風呂でできるゲルマニウム・セット」を買って来ました。う〜〜ん、効いたらめっけもん。なにか肩こりにスゴク効くものを教えて下さい!

ゲルマニウムと言ったら花村萬月の「ゲルマニウムの夜」を思い出して、苦〜い感じになりますけどねぇ。同じもの?
1

2006/4/7

愛しのイングランド  日常

クリックすると元のサイズで表示します
イングランド代表の2005年ユニフォームが来ました。私は生まれも育ちも"日本のブラジル”(なのか?)こと静岡県ですが、特別サッカーフリークではございません。ただ、これをばらしてこれから人形用のミニ・イングランド代表ユニフォームを作るのです。もちろん。愛しのサッカーバカ、クリシーたん(の持っているクリス人形)に送り付けて、着させるためです(どうか、人形がまだちゃんと手元にありますように!)。
簡単に見えて、近くでみると意外に凝ってますよ。
1

2006/4/7

ボロボロ・・・  日常

体中が痛いです。ほぼ毎日のように整体に行ったり病院に行ったりしているのですが、原因は”ヒドイ肩こりと頭痛”のようなもので、一向に治りません。それに、気分も凹みっぱなしだし、何をしても疲れるばかりで、心のよりどころがない。…あ〜やだな。また悪いもんが来ちゃったのかなあ…。
未来に対して希望がほしいものです。確実な楽しみがあれば生きていけるような気がします。占いに走る人の気持ちがよくわかります。
1

2006/4/6

(無題)  音楽(洋楽)

再婚したエミネムが妻キムさんとまた離婚へ : ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会

アホですね。10年近く、裁判もした腐れ縁で結婚して、また3ヶ月で離婚て。いったい何がしたいのか…。
でも、クリスたんは喜んでくれているかな〜。エミ君はまた独身に戻りましたようっ。
1

2006/4/5

雨なので  日常

今日は一日、持っているヴィクトリアン・アンティーク・ドレス(ほとんどベビー、チャイルドドレスですが、人形用にリフォームします)を整理していました。
思えば10年前から、フランス滞在時代から、パリ、ベルギー、イギリスでコツコツと集めたもの。ヨーロッパに行く時は絶対アンティークを見ないと気がすまないのですが、特にロンドンでのコレクションが多いです。なによりヴィクトリアンの本場だし、ロンドンのアンティーク屋さんにちょっとだけ知っている人もいるし、お店も多いし、パリより安い。
ああ、思い出ばかり!着物もそうだけど、たくさんあっても、だいたいどこで買ったか覚えています。
もう2年以上もロンドンに行っていない!ああ、ロンドン行きたい!本気です!
1

2006/4/4

I'm with stupid  Pet Shop Boys

http://www.petshopboys.co.uk/

トップページ(news)を開けていると、「I'm with stupid」がフルで聞くことができます。PSBらしいクラシカルなダンスナンバーです。内容は政治的ですが。政治的よりもラブソングの方が好き。
1

2006/4/4

くやし〜  日常

昨日、ヤフオクで欲しかったものを、油断していて寸でのところで横取りされてしまいました。う〜、こ〜ゆ〜のってすっごい悔しい!「アンタいつ来たのさ!」って思う。でも、引きずっても悔しいだけだから、早く忘れます。縁がなかったと諦めます。外国のもので古いものなので、2度と出る可能性はないと思いますが。うう…世界が自分中心に回ってくれないかなあ、と思います。
1

2006/4/3

Enthusiasts  日常

「熱狂的ファン」の意味。
私はこれまでいろいろな人のファンになりましたが、これはただの「Fan」。なんというか、どこか冷めていて、どこか計算があるのです。例えば、ファンになったらトクしそう、とか。
以前ファンになった、日本の舞台俳優さん。舞台にはなんとなく縁があって、まるでゲームのように、いろいろなラッキーや運も重なり(ここでも私の特技・人形が絡むのですが)、裏方のお手伝いに昇進し、最終的にはその俳優さんとお酒を飲むくらいまで接近しました。そう、悪く言えばどこまで行けるかのゲーム感覚。うまく行けばこの世界にコネができるかもしれないといった、黒い欲望!もしも私が美女なら、別方向でもっと先まで行っていたでしょう。事実、アメリカにはミュージシャンのグルーピー(性的関係を伴う)がごまんといます。

でも、「Enthusiasts」には理由がないようです。ただただ、好きなだけ。私は現在PSBのEnthusiasts(=Pethead)ですが、もちろん理由などありません。いつもファンになる時は自己確認を自分にするのですが、ただのファンからEnthusiastsになるにあたって今回も確認はしました。「有名すぎない?」「外人だよ、言葉通じないよ」「ライブの追っかけが難しいよ」「近づけないし、近づいても”ムダ”だよ」…という訳で、何重もの”苦”を乗り越えて、覚悟の上でEnthusiasts(=Pethead)やっています。でも、ちょっとだけ近づけたような気がするのは傲慢?まあ、この先はないけどさ。
1

2006/4/3

プラシーボ(プラセボ)  日常

イギリスのロックバンド…のことじゃなくて、ニセ薬の効用のこと。昨日の新聞に出ていたので…。(念のために説明しますと、胃腸薬を「頭痛薬」と偽って飲ませても頭痛が治ってしまうような現象。)
つまりは人間というのはものすごいいい加減なのだなあ。私の飲んでいるあれも、ただのラムネかも。頼っているという感覚だけで救われていると言うか…。

これも新聞ネタですが、猫がゴロゴロとのどを鳴らすあれ、まだ謎が多いそうです。気持ちのいい時にやっている場合が多いのですが、凹んでいる時や具合の悪い時にもやる。これについてコラムリストの仮説では「辛い時、猫はゴロゴロ言って幸せな時を思い出そうとしている」とな。これ、面白い。人間で言うなら、凹んだら大声で笑えと言うことかな。
私の場合、PSBの『Where the streets have no name (I can't take my eyes off you)』を聴くと踊りだす、とか。あ、これはただの条件反射?
1

2006/4/2

たまとぐり  

さっき、4年前の記事を探して自分の過去の日記をあさっていたら、2002年7月、ぐりがうちに来た写真が見つかりました。生後6ヶ月、1.3kg。たまは生後1年3ヶ月、4kgくらいです。
クリックすると元のサイズで表示します
いま、ほとんど大きさが変わらないことを考えると、何だかスゴイ。
クリックすると元のサイズで表示します
コレは最近です。ちなみにたまはもうすぐ5歳です。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ