2006/3/2

油彩色C  ドール/仕事

ベースの色が乾いたら、顔、手首、足首の細かい彩色。
クリックすると元のサイズで表示します
眉毛、目元、唇など。で、乾燥。完全に乾いたら、ちょっとだけパステルで色を足します。油だとどうしても上手くぼかせないので…。まつげは今のところ付けない予定。

手と足の指に爪を貼ります。使うのは人間用の付け爪ですが、こればかりは100均のだと厚すぎてだめです…以前、パリで買いだめしたごく薄いものを使用。日本でも売っているとは思いますが。
クリックすると元のサイズで表示します
さすがに細かい。でも、先日買ったルポール人形の指は太さが1o程度なのに、ちゃんと長く爪がついていた!
1

2006/3/2

油彩色B  ドール/仕事

クリックすると元のサイズで表示します
ベースを塗ったら3〜4時間(気温や湿度にもよりますが)乾燥させます。
クリックすると元のサイズで表示します
要所要所にさらに色を塗り重ねます。

顔にもちょと色を入れます。ちなみにこの方法はリアルな人形はいいのですが、リアルでない場合(いわゆる”かわいい人形”に)は向いていないと思います。
1

2006/3/2

油彩色A  ドール/仕事

次に、ベースカラー塗り。2〜3色の油絵の具をペインティングオイルを混ぜて、パフに適当に含ませて全体に塗ります。ここではかなり塗りムラがあっても大丈夫。
クリックすると元のサイズで表示します

次に新しい、何もついていないパフで絵の具を均一に延ばします。ファンデーションを塗るのと同じですね。
クリックすると元のサイズで表示します

色が濃いな、と思うのなら、少しペインティングオイルを含ませた別のパフで色を少し落とすこともできます。1時間くらいなら、まだ油絵の具が乾かないので、簡単に色は取れます。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと白目の顔。いったん塗ってから色をとると、目や鼻など複雑な場所には色が残ります。あえてこれは全部取らず、少し残します。
ちょっと怖い。スキンヘッドで…。
1

2006/3/2

油彩色@  ドール/仕事

胡粉を#400〜#600くらいの細かい空研ぎペーパーで磨きます。つるつるすべすべになるように。
その後、再び巻きワラににパーツを立てて、全体にペインティングオイルを塗ります。使うのは100円均一で売っている化粧パフです(でも、どんどんボロボロになってきますので、適当に交換します)。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2006/3/2

ネコの相談  

クリックすると元のサイズで表示します
ウチの子たち、よく並んで座ったり、向かい合って座ったり、なにかたくらんでいそうです。特にグリの顔。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ