2009/10/29

Wayneさんの解説「Gin and Jag」  Pet Shop Boys

Wayne博士の解説、続き。

Wayne博士はアメリカの地方都市在住の50代男性で、29年一緒に暮らしている最愛のGeorgeさんというパートナーがいます。2007年には"結婚式"を挙げたとか。そして自分たちを「PSBみたいでしょ!」と言っております…PSBはカップルじゃないけどね。

Pet Shop Boys Song-by-Song commentary

「Gin and Jag」



2009年1月上旬に完成した別のトラック。彼らの公式のウェブサイトでは、ニールが簡潔にそれについて控えめに説明した。"かなり暗い”と。2006年のBrewer’s Modern Phrase & Fable Dictionary版によると、1960年代までさかのぼるタイトルの語句は、「ジンと車のジャガー、上側の中産階級のおいしい役得、あるいはそれらのライフスタイルの2つのカプセル化」と言及されるイギリスのスラングである。

彼らの最も厳しく、最も不吉に聞こえるアレンジメントの1つである。それはひずんだ調子外れのコードで独創的なチェレスタ(打楽器) が、かすかな音で覆われている。そして、おそらくナレーターのキャラクターの二元性を反映している。ボーイズは、”ちょっとgin and jagすぎる”と認める裕福な中年のキャラクターのあからさまな肖像を描く。インターネットを通して、彼はだれかと関係を持つ。ニールによると、それは女性だ。歌詞は彼が新聞で読んだ小説に基づいている。“gin and jag”な男は、”私が知っているのは子供がいない事”という歌詞に裏打ちされるように、ヘテロ・セクシャルであると示唆される。彼はいま、完璧な”凄い眺め”の、一流の宿にこの未来の恋人を招待した。愛人が彼にお酒を混ぜると("go easy on the tonic")、彼女は、”ねえ君、そのデキャンタに気をつけてくれ。どの位の価値があるか知っているかい?”と警告される。

ニールの歌詞での人格は、ここでは古典的な「あてにならないナレーター」である。すなわち、私たちは必ず、彼が言うことを額面通りにすべてを取ることができない。彼は明確に裕福だが、本当に彼が外でやっていたのと同じくらいすばらしい成功者だろうか?単に「ゴミが欲しくなかった」から、彼は結婚しなかったのだろうか?(別の面白い歌詞。不快で、シニカル。) 彼は本当に彼の最重要が”かなり目を引く事”だったのか? 本当に、彼は”年取った時代遅れの人”ではないだろうか? おそらく最もわかりやすいな歌詞は、彼が”でも君は苦い終わり方はしたくはないだろう”と警告する時だ。しかし、それは正確に彼が歌を通してどう見えるかということだ。会社で非常に厳しい男性は孤独だ。しかし、彼はプライドと自尊心の両方を明らかにする。彼のストレートな欲は言うまでもなく。彼が未来の恋人に”今夜やってみたくないなら
荷物をまとめた方がいい”と言う。いや、彼はあまり善人ではない。

本当に、これが非常につまらないキャラクターのポートレートであるから、この歌は悲劇と後悔の様子で充満している。ボーイズは私たちをこの卑劣な男に同情させる。実際、圧倒的なムードは物凄い浪費についての1曲であるように思える。”若さは若者に浪費される”とジョージ・バーナード・ショーの有名な台詞を引用することによって、ニールは皮肉を早くから引用する。そして”夕日を見つめない”(毎コーラスで始まる)というナレーターの冒頭の文言は、彼のパートナー(どうやら窓の外を眺めている)にとっての、文字通りの警告である。そして彼が老いと死に、絶望的に抵抗しようとするように、自分への比喩的な警告をする。

要するに、「Gin and Jag」はナレーターが自分自身(”私は、私の趣味が皆とは違うことを知っている”)について言うように、皆に好かれない顕著なトラックだ。しかし、この曲はテナントとロウの作詞作曲のパワーが、驚くべき幅があることを、最近の歌のどの曲よりも良く示している。彼らが遠慮なく”B面のステイタス”にこのような歌を降格するべきである事は、同時発売のアルバムYes(アップな”ポップ”アルバムであることをキープする)の主題を保持する彼らの決断だけでない。


*金持ちオヤジと若い男に思えるのは何故?
女性を現すアイコン(赤い唇だとか、長い髪だとか)が一切入ってないからかも。彼ら(特に歌詞担当のニール)は、ほとんど歌詞で女性の描写をしないよね、いつも。
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ