2009/9/28

腹が立ったゾ  どうでもいいこと

TVから流れてくる言葉にいちいち反応していては身が持たないと言うか時間の無駄だけど、さっき耳に入ったやり取りには本当に腹が立った。

TVをつけたら、人形のように華やかで人工的な顔をした若い女性がバラエティ番組に出ていた。多分、「ドロリッチ」のCMに出ているカリスマモデルだと思う(名前知らん)。

番組の流れの中で、誰かが彼女に「じゃあ、今度、工場見学に行きましょう。」と言った。そしたら彼女は体をくねらせて、「え〜…いやだぁ。工場って、田舎だし、辛気臭いし。」

何だって!

日本の製造業をバカにするのか!
いま、日本の製造業が危機に瀕しているのを知らないのか。


大規模なハイテク工場から下町の町工場まで、戦後の日本における“工場”の存在意味はとてつもなく大きい。モノが売れない不況に加え、安いコストのアジアに押されて、日本の製造業に携わる人たちが、いまどれだけ苦しい生活をしているか、想像できないだろうか。

“モノを作る”ことは本当に大変で緻密で、農業などとともに、もっとリスペクトされるべき産業だと思う。だだ、現在は“割が合わない産業”なのだ。だから世界的に、右から左に流すだけで簡単に大金が儲かる情報系の産業が優先され、そういう世界で大金を儲けた薄っぺらいエリートたちがモテ囃されている。

ワタシも基本的に製造業だ。
作ることは好きだし、誇りも持っている。
ただ、みんなと同じように金銭的にはかなり貧困層だと思う。
新聞に折り込まれている求人広告はいつもチェックしているのだけど、やはり製造系の工場は厳しい。

おそらく彼女の発言は若者を中心にすごく影響力を持っている。彼女が身に付けたり紹介した洋服やアクセサリーや化粧品は飛ぶように売れるそうだ。おそらく彼女が言った「工場は辛気臭くて行きたくない」という発言も、真に受ける人が大勢いるはずだ。彼女は”カリスマ”としての存在(それがどれだけ虚飾だとしても)にはあまりにも相応しくない。おそらく「そこにいるだけで」普通のOLの数十倍の年収を得ているであろう彼女は、”下々の”苦労は知る由もないのだろう。そんな人間が”好きか嫌いか”だけで言い放った発言は、あまりにも軽薄、軽率だ。

彼女の着ているぴらぴらした服も、彼女のおばあちゃんと同じくらいの女性たちが八王子(一流ブランドの縫製工場が多数あります)あたりで、時給1000円にも満たない工場で縫製しているのだ(もっと安いアジア製の可能性もかなりあるが…)。

そんな彼女の無責任な発言もさることながら、ほかの出演者の態度もいただけない。”若くてかわいいから”、彼女の発言は完全に許容されてしまった。強面の中年男性タレントも「そうかぁ…。」って感じの反応…怒れ!結局TVに出ているタレントたちは、自分たち以外の社会は見えていないのだろう。

TVなんて捨てちゃわない?
せーの、でいっせいに。
10



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ