2008/10/25

Lies  Pet Shop Boys

ワタシって、レジ運が悪いな。
レジ運が悪い、とは何か。
それは、ドラッグストアやコンビニやテイクアウトのお店でレジに並ぶとき、良い思いをしたことがないって事。

まずレジが苦手ということが前提にある。スーパーみたく明らかに列(ライン)がある場合はまだしも、いくつかレジがある場合、混み具合を推定して、早く終わりそうなお客さんのすぐ後ろで待っていたら良いのか、一列並び(フォーク並び)で、レジが空いたら行けば良いのか、明確でない場合が多い。レジの人が誘導してくれれば良いのだけど、一貫していないと困る。

たとえば、レジが混んできて、それまで開いていなかったレジを新たな店員が来て開いたとき、その店員が「次に並んでいる方どうぞ」と言ってくれれば良いのだけど、言わない場合、レジの一番後ろについていた人がすばやく最初に、ずうずうしく行ってしまう場合がある。ワタシはたいがい出し抜かれてしまう側。店員が「次に並んでいる方」を優先すれば良いのだけど、そのまま会計してしまう場合がある。

とりあえず、ミスド焼津店のオバハン店員は最低。
この前など、レジが開いたのに、ワタシの前の人がそっちに行かない。ワタシは彼女にアイコンタクトで「いいの?行かなくて良いの?」と聞いたつもりだったけど、彼女は動かない。じゃあ、と思い、ワタシが行ったら、オバハン店員がでかい声で「あちらのお客様のほうが先です!」と言っちゃった(店じゅうがみんな振り向く!)。で、彼女は(ボ〜ッとしていたのかもしれないが)、何事もなかったかのようにワタシの前に入り、会計。待っている間の私のバツの悪さったら・・・ああ、恥ずかしかった。

おばさんのようにレジ百戦錬磨ではないので、どうも良い思いをしたことがないです。人災を含めて。




アルバムレビューNIGHTLIFE - Lies -

「You Only Tell Me You Love Me When You're Drunk」シングルのB面。日本限定ミニアルバム「Mini」にも収録。

クリスが唯一、ガチで歌っている曲(「Paninaro」や「We all fell better in the dark」はラップ、「Potscript」は隠しトラックなので)。なので、すごく意味があると思う。

思えば、アルバムに入っていないシングルのB面って、一番聴く機会の少ない曲じゃないかしら?ライブでもほとんどやることは少ないし。だからちょっと実験的だったり、すごくニール的/クリス的に偏っていたり。でもB面にもすごく良い曲はあるから、聴かないのはもったいない(だからPSBは「ALTERNATIVE」を作った)。

ニールと言う世界一素晴らしいヴォーカルがいるので、クリスの歌は評価がされにくいけど、実際すごく男っぽくセクシーな声で、味がある。クリスが何年かに一度、ヴォーカルを取る時は、何らかのメッセージがある時だ。そして多分、歌詞の通り、彼の孤独感が伝わってくる。

PSBは英国音楽界に地位も名誉も権力もあり、顔も広く、友人・知人も多く、ワタシなんかが想像もできないほど華やかな世界の人たちだ。でも、なんでこんなに近くにいるような気がするんだろう。

華やかな世界にいるのは確かだろうけど、時にどうしようもなく取り止めもない孤独を、彼らが抱えているように見える。

PSBを聞いて、孤独を癒やすこともできるし、逆に孤独を深めることもある。これはとても不思議な現象・・・同じ曲でも、聴く方の心の向きによって、こんなに心象が変化するとは。PSBは奥深い。多分、PSBの曲が、恐ろしく手間を掛け、何層にも重なって深い部分まで作りこまれているからだと思うけど。

今、ワタシはすごく孤独感を感じている。理由は、わからないけど。こういうのをストレスって言うのかもしれない。

東京、行きたかったな。誘われも招かれてもいないけど。
ワタシって、ホント、誰からも誘われないね!まあ、自分に魅力がないせいでしょうけど。YB会も、ワタシが誘わないと誰も言い出さないし。ワタシが毎日一人さみしくごはん食べているって、知ってる?たまには楽しく食事したい。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ