2008/8/26

「Closer to heaven」のデモ  Pet Shop Boys

どなたかが、「Closer to heaven」のデモをいくつかYouTubeに出してくれていました。

「Closer to heaven」は2001年のミュージカルで、オリジナル・キャスト版のCDは正式に販売されていますが、デモ版で「Even Closer to heaven」(CD1〜CD5)というアン・オフィシャルのデモ版がかつてあったようです(どこから出てくるのか、こういうのはいっぱいあります・・・どこかの国で勝手に作っちゃったやつとか、とある国限定バージョンとか・・・すごくいっぱい・・・これも今後、調べなきゃ)。

今回YouTubeに出ているやつもその「Even Closer to heaven」に入っているやつのひとつです。デモ版のいいところは、デモなので、ニールが歌っているところです。もう、オフィシャルでPSB版を出してもいいんじゃないかと思う。

「This Ist Just My Little Triburte To Caligula Darling」



この曲は、ミュージカルの主人公デイヴが、女の子と付き合う場面で使われます。狂言回しのビリー・トリックスが、それを見て歌う。「昔、カリギュラって男がいたわね、彼はゲイとまでは言わないけど、少なくともバイセクシャルだった。あいつがストレートのはずないわ。これはワタシのちょっとしたカリギュラへのトリビュートよ、ダーリン!」と、デイヴを皮肉ります。

もうひとつ、「Call Me Old Faschioned」



これは芸能界でドラッグと男を食い物にしているドSキャラのボブが開き直って歌う歌。ああ、ニールのお口から「セックスは楽すい〜〜ほらズボン下げろよ!」なんて聞きたくないですね。ドMだから萌えます。

え〜ん、「Closer to heaven」を再演してえ〜。
(かのようにこのミュージカルはおゲイでお下品なので、評論家からは散々でした。でも世界中のどのミュージカルも軒並みものすごくゲイっぽいのに、なぜこの作品だけ嫌われるのっ。批評家たちはたいがいゲイでしょうに!)
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ