2008/6/27

東京に行った話  その他 カルチャー

先日、東京に行ったのは、芝居を見に行ったからでしたが、芝居が終わるまでは別に気分がどうってこともなかったんですよ、本当に。

ちなみに芝居はマツケン(松平健)さん主演の「ドラキュラ」。お殿様のイメージしかないマツケンの洋モノってどうよ、って思ったけど、まあ意外に良かったですよ。声も良いしね。
宝塚歌劇団の演出家、それに宝塚出身の女優さんがたくさん出ていたので、雰囲気が宝塚っぽかったです。ドラキュラという素材だけど、テーマはもうド直球な「穢れなき愛」ですよ。

松平健主演ミュージカル『ドラキュラ伝説』公演オフィシャルサイト

うん・・・ここはまあ、ファンタジーだと割り切ろう。

自分、相当なロマンチストのくせに、ノレないファンタジーが多すぎる。やっぱ他人の妄想より自分の妄想のほうがいいに決まっている。

ワタシにとってドラキュラ、ヴァンパイアはPSBのNIGHTLIFE「Vimpires」ですが、ここでいうヴァンパイアは“夜に咲く人たち”なので、解釈がまったく違うということになりますね。

マツケンさん、お空飛んでました。うーん。そういえばマツケン54歳、ニールより1個上なので、ついつい比べてしまいますが、ニールも次のライブでは飛んでみたらいかがでしょうか。

ところでマツケンさんのプライベート目撃談を別の人から2つ聞いたことがあるんですが、ひとつは「東京の飲み屋さんで、共演者らしき人たちとオネエ言葉で喋っていた」というものと、「京都の撮影所の近くのケーキ屋で、オネエ言葉でケーキを大量購入していた」というものです。この共通点は、「共演者にフレンドリー」なことと、「オネエ言葉で喋っていた」こと。オネエ言葉?

うーん。マツケンさんのファンのとある知人によると、“ヅカファンで大地真央と結婚していたマツケンさんはゲイ”だそうですが、いまや再婚して子供もできたからなー。わかんないです。まあ、見事なキャムプさはありますけどね、それ以上突っ込むつもりもありません。



話は変わって。

クリックすると元のサイズで表示します

うちの猫、たまはフルネーム「いそべたま」っていうんですけど、サザエさんちの猫「いそのたま」と共通点ありすぎ。白猫、オス、声が高くてかわいい。
東京で”サザエさんクッキー”なるおみやげ物を発見、サザエさんのキャラクターをかたどったクッキーですが、タマが明らかに別猫です。
 
クリックすると元のサイズで表示します

見て書いてないな。テキトーに書いただろ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ