2008/5/26

The theatre  Pet Shop Boys

YouTubeに「Neil Tennant reads the poem on the arrest of Oscar Wilde」(ニール・テナントの、オスカー・ワイルド逮捕のポエム朗読)という音源が。



多分、音源はラジオだと思います。ニールは英国芸能界随一のワイルド研究家なので、ワイルドの本にも寄稿していましたし・・・(どのワイルドの本なのかちょっと不明なんですが・・・)。今度また、PSB関連の本、ニールが携わった本を調べてまとめておきますね。

  

アルバムレビューVery - The theatre -

「The theatre」・・・その名も劇場、ニールが好きそうなタイトル。意外にも主人公は劇場の外でたむろする浮浪者の少年たちです・・・そういうものもドラマチックに表現できてしまうところがすごい。ロンドンはウエスト・エンド(劇場・ミュージカル)がたくさんあってうらやましい。是非一度ロンドンでミュージカルや芝居は見るべき・・・ワタシは90年の「ロッキー・ホラー・ショー」再演を一人で見に行ったなあ。「Closer to heaven」再演しないかなあ。

ビデオは伝統あるサヴォイ劇場でやったコンサート、Somewhereより。バッキング・ヴォーカルはシルヴィア一人、ダンサーもたった一人、舞台上は4人というこじんまりとした構成です。もうこんな小さなキャパではやってくれないだろうけど・・・こんな激近い場所でライブを見たいです。


0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ