2006/3/6

おめでとう、ホフマン  映画&アート

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060306-00000010-flix-ent

フリップ・シーモア・ホフマンは前評判通り、主演男優賞を獲りました。オメデトウ。これまで応援したかいがあったよ。でも、偉業を成し遂げちゃうと、これまで通り脇のキモイ・変態の役はエージェントが拒否しちゃうかなあ?それはイヤ!
ちなみに”カポーティが乗り移った”と評される、彼が演じた実物のカポーティはこんな容姿のヒト。
クリックすると元のサイズで表示します
ホフマンが演じたカポーティはこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
おネエで声が高くて、話し方がめっちゃキモい。映画も彼のとってもイヤな所を描いているようだし…もしかしていいとこナシ?
ちなみにふだんのホフマン。話し方も普通だし、ノンケです。
クリックすると元のサイズで表示します

ただし、公約(?)の、犬の鳴きまねでスピーチ、はありませんでした。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ