2015/6/13

幸福現実的妄想  ラブラドールレトリバー

先日起きた突然のミラクルそれは…

なんと4年前にぐんが生き別れ(?)になった兄弟が見つかったのです!
いや、正しくは見つけてくれた?見ていてくれた?
とにかく里親さんとご縁が繋がってぐんの兄弟の写真を見ることが出来たのですよ〜

ひゃっほう!

まぁ、だいたいの犬は兄弟は生き別れになるんですけどね、ぐんは里親募集で縁があって我が家へやってきた犬なので、
他の兄弟姉妹たちも幸せになってるかしら?
みんなそれぞれもらわれていったかしら?
ぐんみたいに幸せになってるかしら?
などとなんというかぐんだけが幸せなんじゃね?的な(笑)
これはいったいなんていうんでしょう?うちだけが幸せなのではという被害妄想の逆のパターンだから…
え?被害妄想の逆ってなんていうの?幸福妄想?幸福実現…やば、宗教ぽくなってきてるww
ま、とにかくですよ、ぐんは幸せには違いないはずだから(たぶん)幸福現実でいいか。なんか中華街の看板にありそうな感じ。

で、なんの話だっけ?
そうそう、ぐんの兄弟姉妹たちのことも時々気にかけていたのです。
だから幸せに暮らしてることを知ってとても気分が落ちついたしなんだか行方不明になってた親戚の子が無事で見つかりました!みたいな安堵感で涙腺が緩んでしまうくらいおばちゃんはね、おばちゃんはね、おばちゃんはぁーーーっ

読んでくださっている方々に喜びが伝わってますでしょうか?
お願いですから呆れないでくださいね(笑)

そんなわけで、ぐんをボランティアの方に譲っていただいた当時を思い出して2011年のブログを読み返しては思い出に耽る今日この頃なのであります。
初めの頃のブログ読んでると自分でもけっこう笑えます。

兄弟犬のビー君とは会う約束をしました。
今から楽しみで仕方ありません!

2011年はスマホがなくてデジカメで写真を撮ってました。
上が現在で下のが2011年の写真です。
おとなになっとるわね。




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ