2015/3/5

そこをあえてセラピーで  ラブラドールレトリバー

治療院の看板犬で院長でもあるぐんは、今年新たにセラピードッグを目指して日々奮闘中だ。

先週はセラピードッグの講習会とデモンストレーションに飼い主のみで参加してきました。
試験を受ける前に事前準備としてセラピードッグとしてNGなことを聞いておき、直すべきところがあれば私が頑張って躾けし直さないといけないので。

まずは…

◯人に触られるのが好き。

はーい、ボク大好き〜

◯無駄吠えしない。

はーい、ボク吠えましぇーん、ボクは吠えましぇーん!

◯やたらとマーキングしない。

するわけない、ボクそんなことするわけがないよ〜

◯どこを触っても嫌がらず噛み付いたりしない。

えへへ、どこでも触って〜むしろウェルカム〜

◯飛びつかない



ブッブゥーーー

はい、飛びつきます。

目下のところ飛びつきだけが克服しなければならない課題です。
などと言ってる今日も朝から公園で顔見知りのおばさんに飛びつく、治療院に来た大好きなおじさんに飛びつく。で、ブッブゥーーー

ダメって言ってるじゃないの!

ぐんとしては好きな人にこそ大好きだよ〜って表現してるし飛びつかれる人はたいがいぐんを可愛がってくださる優しい方々なんですよね。しかし大好きだっていう気持ちはわかるがやってはいけないものはやってはいけないのだ!
だいたいセラピードッグになる犬ってさ初めから飛びつくような犬っていないんじゃないの?(笑)そもそもの性格がおとなしいような気がするよ?
いや、しかしそこをあえてチャレンジしましょうよ、ジャイアンだっていいとこあるんだし、元ヤンキーが先生になったり、元ヤク◯の牧師とかだっているんだから暴れん坊将ぐんがセラピードッグになったって全然おかしくないよね?ね?ねぇ〜?
なんとか言って??


と、この記事を書いてる間にもルーキー君ちのお庭で疾走しママに飛びつき減点10点…

こりゃセラピードッグというよりは不良の更生施設かな?更正する側で(笑)





クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ