2014/1/17

脱走犬との遭遇  ラブラドールレトリバー

今朝の散歩中、数メートル先に茶色い生き物が
トコトコ歩いているのが見えたので
ぐんと立ち止まってじっと目を凝らすと・・
見たことのある柴犬が1匹こちらに向かって歩いてきた。

犬が寄ってくるとその犬が誰なのかわかるまで
フセをする習性のあるぐんはフセで待機、
私も驚かさないようにフセで・・
ちょっと難しかったのでしゃがんで待機しました。

少しして1メートルくらいの位置まで来たので
ほら、おいで〜と犬なで声でそろっと手を出すと
がるるるるぅーーと唸るので少しビビリ、
それでももう少し行くと交差点があって
交通量は少ないものの危ないので
逃がさないようにと思い内心ハラハラしていました。

よくよく見たら散歩中に通るお宅の玄関先にいるワンコで
吠えもせずおとなしい印象を持っていたのですが、
柴特有の無表情ででも唸っているので
そのままこう着状態が続きました。

誰かに助けを求めたいんだけどそんな時に限って誰も来ず、
かと言って私が動くと走って逃げちゃいそうだし
手を出せば咬まれそうだし変に刺激して
ぐんがハイパーになっちゃったらそれこそアウトだしで
ここはリラックス感を出す為に私はとうとう道路に正座して
ねえねえ、おうちに帰りなさいよーとか
どこ行くのかなー?とか
生活指導の先生のように不良柴犬を説得していました。
そうこうしていると、
今度は5メートルくらい先の家で飼われている白柴のたまちゃんが
私たちに気が付いてひゃんひゃん吠え始めました。

あわわわわ。

たまちゃんちのおじいちゃんが庭に出てきたので
あのうーこの子知ってますよね?と
近くの家だから当たり前のように知っていると思って訪ねると

知らないなーとおじいちゃん。

おじいちゃんちも柴犬飼ってるんだから
きっと柴犬の扱いには慣れているに違いない!
と思ったんだけどあまり気にしてもらえず
そのまま事態は動かずに時間が経過・・とほほです。

困っていると遂に見たことのあるおばさんがリードを持って登場。

やった!飼い主さんだ!!

やだもう小鉄〜とか言いながらゆっくり歩いてくる。
良かったねーママ来たよー
すぐに捕まえると思いきやなかなかリードを繋がないので
不思議に思って見ていたら
私、犬苦手なのよねーっておい!!
本当だ小鉄君たら飼い主さんにも唸ってる!
そこからしばらく飼い主さんがオスワリだのおやつだのってやりながら
リードに繋ぐのに苦労していました。

困った小鉄君だね〜やれやれ(笑)

その後やっといつもの散歩コースを歩いて
いつもの広場でボール投げしようと思ったら
ボールを忘れた困った飼い主なのでした。

ぐん、ごめんね〜


ボクはもうめんどうみきれないのだ!

   クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ