2013/2/1

さようならネネ  ラブラドールレトリバー

先日、
友達の飼っていたマルチーズが17才で虹の橋を渡りました。

移動式の車で火葬をしてくれる業者があり、
依頼主の希望する場所で焼いてくれると言うので
生前にその子が大好きだった多摩川の土手で
焼いてもらうことになりました。

私も一緒に行くことになって、
友達と犬の亡骸と一緒に約束より少し早く多摩川に行って
よく散歩した場所をぶらぶらしたり
草の上に犬の亡骸を寝かして撫でてやったりしました。
犬の死に顔はとても幸せそうでした。

約束の時間が来たので業者のかたの車のところへ行き
亡骸を焼いてもらいました。
人間の時みたいに焼いた骨を友達と拾い
一番上に頭蓋骨をのせて骨壷に蓋をして全てが終わりました。

私も大好きでよく可愛がっていた犬だったので
いざ焼かれて小さな骨壷に入ったのを見たら
急に涙が溢れて止まりませんでした。
自分も犬を飼ってる以上は
必ず通る未来のことを想像すると他人事ではありませんよね。

相手が人間でもペットでも後悔しないように
最期までつきあってやりたいと思いました。



最後に・・・

ネネちゃん、今までよく頑張ったね、とても偉かったよ。
そしてたくさんの愛を飼い主であるみっちゃんに与えてくれたね、
みっちゃんはたぶんネネがいたから頑張ってこれたんだと思うよ。
これからは天国で自由にたくさんたくさん走り回ってね。

本当に今までどうもありがとう。

やすらかに・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ