2011/5/23

舞台  日記

久しぶりに犬じゃなくて自分のことを書きますが、
昨日は昨年から始めている日本舞踊の舞台がありました。

何度か書きましたけど踊りに関してはうちは母がお師匠さんです。
師匠の娘としては下手なのは仕方がないとしても、
他のお弟子さんも含め親戚、知り合いも観に来ている中で
みっともない姿だけは見せられないと思いそれなりに張り切りました。

私は春雨という端唄を踊ったのですが、
4月に1度踊っているので手は間違うことなく踊れました。
形の不恰好なのは目をつぶっていただいて
舞妓風の着物と化粧でほぼ誤魔化した感じです。



衣装で誤魔化した写真



   クリックすると元のサイズで表示します



それにしても・・・


数年前までは私がこんな格好をするとは
誰にも想像できますまい。

リングでドロップキックとかムーンサルトをしてたんですよ!!

正直自分でもウケます。


でも日舞を始めてから気付いたのは
こうゆうの嫌いじゃない(笑)
というか着物を着るの好きかもしれない。
髪をあげて化粧をしてもらい、着物を着せてもらいながら
徐々に日常から離れていく感じが楽しいのです。


それから最近すごい偶然に、
小学生時代に近所に住んでいた友達のお母さんに再会したのです。
そのお友達のお母さんがたまたま偶然に
私の旦那さんのお母さんのお姉さんのところにヘルパーで来ていたのです。

ややこしやー

簡単に言うと、
私の叔母さんのところにヘルパーさんで来ていたのが友達のお母さん。

叔母さんも踊りをやっているので会話の中から私の話しが出て、
「じゃあ今度見に行くわ!」
ってことで会場まで足を運んでくださったのです。

この私の説明でわかりましたか?(笑)

そんなわけで小学生以来ですから約30年ぶりの再会でした。
友達は仕事があるためにこれなかったのですが、
それでもその子のお母さんが花束を持って観に来てくれたことは
とても嬉しい出来事でした。

その子とはクラスは一緒になったことがないのですが、
友達のお母さん曰く、
「あの頃目立ったのは1組の○○(そのお友達の名前)に3組の北村だったよね!」
なんてことを言われ、
あれ?そうでした?なんてとぼけたりして。

私が小学生の頃といったら
半ズボンにTシャツで外で走り回ったり
男の子と一緒にドッチボールなどをして
すり傷ばかりこさえて遊んでいたので
30年後に日舞をやるとはギャップがありすぎて
友達のお母さんも興奮冷めやらずといった感じでした。


ああ、
人生〜ってぇえええぇ〜不思議〜なものですね〜


寿命どおりに生きればこれからまだ少しありますからね
今後も山あり谷ありでしょうけど自分に何が出来るのか楽しみです。
1
タグ: 日本舞踊

2011/5/20

ひめよ安らかに  日記

昨日は友人の愛犬が死にそうだと言うので
お見舞いと言うか会いに行ってきました。

私もよく知っていて可愛がった犬なので
最後のお別れというのかな、
息をしてるあいだに一目会っておこうと思ったのです。

結局私が帰った後、
昨晩遅くに息をひきとったそうです。

この犬はマルチーズなんだけどマルチーズの常識を覆したというのか、
今までの私の中での勝手なマルチーズのイメージでは
とても上品で弱くお金持ちのおばさんがいつも抱っこしていて
散歩はしないみたいな感じ。

全部単なるイメージですが・・

でもこの子は、

そうそう名前はひめって言いますが、
ひめはとてもやんちゃなマルチーズで散歩も大好きだったし
なによりイタズラっこでした。
今ひめの子供の4匹のうちの1匹がうちの実家にいます。

それでひめが14歳の時に心臓を悪くして
道端で突然倒れて死にかけたりして
動物病院でももう手立てがありませんと言われたり
それでも飼い主であるMちゃんが必死に看病をして
とうとう18年も生きた犬。
そういう不屈の魂を持ったど根性マルチーズだったんです。

ひめが死にそうになるたびにMちゃんが私に電話をかけてきて
「もうだめかも」って言葉を何度も聞いたけど
そのたびに可哀想だからもうやめなって言ってきました。

死ぬ間際には薬もやめて点滴もやめて食事も食べなくなった。
なのにひめの心臓はなかなか止まりませんでした。
もう骨と皮になっているのに心臓だけが止まりませんでした。

この数日間はずーっと泣いてたMちゃんだけど、
ひめがあんまり頑張るので最後はひめに負けて
もう逝ってもいいんだよと声をかけていました。

その顔はフルマラソンを走った後みたいに悔いがなかったので
言葉でも言っていたけど本当にひめに対して全てやり尽くしたようでした。
数年前から私はあまりにひめに対する愛情が深いので
ひめが死んだらもしやMちゃんも・・
そんな心配をしていたのです。

でもひめがひめの一生を本当に頑張って生き抜いたので
最後は悲しみよりも感謝の気持ちのほうが強くなって
ひめもMちゃんも悔いのない最後を迎えることが出来たのだと思います。

私の文章ではひめとMちゃんのあまりにも強い絆や
どれほどひめから得るものがあったかなどを
お伝えすることは難しいんですけど
ひめがいなかったらMちゃんの人生も変わっていたのじゃないかと
もちろんあまり良くない方に。



世の中には飼っていた犬やネコを捨てる人がたくさんいます。

でもそういう人たちは単なる犬やネコではなくて、
もっと大事なお金では買えない
探しても見つからない大切な大切なものを失っているのです。

人でも動物でも本気で向きあえば心は通じる。





可愛かったひめ


小さい体でひめは本当によく頑張ったね


人間だとかマルチーズだとかそんなの関係ない


多くのことを教えてくれました


本当に本当にありがとう


今度こそ人間に生まれ変わって


大好きなケンタッキーフライドチキンや


チーズやお菓子なんかもたくさん食べようね


少しゆっくり休んでからね


またどこかできっと会おう!!


それまで


ばいばい




    



2011年5月19日  ひめ永眠




0

2011/5/19

イチゴを完食イチゴ  日記

去勢手術から帰宅した日のぐんちゃんはやっぱり少しだるそうでした汗

ところが次の日庭に出すと…

庭になっていたイチゴをパクパク食べちゃったウッシッシまだ青いのも赤くなったのもかまわず食べちゃった
イチゴについていたアリさんまでアリたぶん食べちゃった

アリさんごめんなさい

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/5/17

無事帰宅しました  日記

ぐんちゃん生まれて初めての難関、去勢手術より帰還致しました〜シュタッパー

1週間後の抜糸までは縫ったところをなめないようにこの変なエリマキトカゲ(正しくはエリザベスカラー)をつけた恰好でいなくちゃなりません'_';

いろんなところにカラーの部分がぶつかって歩けないんですけど´_`
しばらくは不自由だけどガマンしてね^o^



クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/5/16

等々力渓谷  日記

今日はぐんちゃんは去勢手術のため動物病院にお泊まりです足跡

私はぐんちゃんがいない間にあれもこれもしてしまおうと計画していたものの、動物病院が混んでたりしてなかなか思い通りにはいかず'_';3時から予定の温灸までにぽっかり時間があいてしまった。

動物病院が横浜の港北区なので、ぐんちゃんを預けた後、第三京浜で玉川まで行き、高田馬場なら料金所を左に行くんだけど急に思い付いて右へ出て等々力不動尊の駐車場へ車を停めた車

昔この近くにすんでいたのだ^▽^

友達の飼ってる犬が病気なので等々力不動尊でお詣りをしたゴメン
等々力不動尊から続く等々力渓谷をぶらぶら歩いた足跡ぐんちゃんがいないからゆっくりと歩いたハーブ

帰り際に友達の犬のことしかお祈りしていなかったことに気づいて、もう一度お賽銭を投げてぐんちゃんのお祈りもしたウッシッシ
友達の犬のときは100円入れたけどぐんちゃんは20円。

去勢手術だけに玉二つってことでサクランボ

そんなわけで東名の用賀入口そばのスタバからコーヒーなど飲みながら^▽^

こういう時間久しぶりですカップ




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ