2008/1/29

温灸治療は熱灸に名前を変えろ  日記

今日は高田馬場の温灸治療の師匠のところに行ってきました。
もちろん治療を受けるために。
温灸治療は私の仕事でもあるけど、今は自分が治療してもらう方が大事なので月に2回は通ってます。

子供の頃からスポーツをたくさんしていたのと、プロレスをやっていたので当然体のあちらこちらを痛めてるのに加え、甲状腺の持病、膠原病の発症と治し甲斐のある体(笑)

師匠と、私と同じく師匠の弟子の猪子さんが懇切丁寧に、もういいって言っても押さえつけてまで治療してくれたのでヘナヘナです。別に恨んでません、恨みませんとも!!

(猪子さんが読んでると思ってイヤミを言ってるわけではありません)

それに今日は本当の名前は小野塚なのに通称『鬼塚』と呼ばれてる整体の先生まで呼んでくれて騙された…あ、いや皆さんの優しさに嫌気すら感じました。あ、間違えた、感謝感激です。

鬼の整体師と宇宙から飛来した悪魔の温灸治療師とその弟子の緑のカミナリの猪子さん、口惜しいけれどこの治療なしではダメなのです。
良薬口に苦しと言うけれど、苦いだけならましですね、治療の成果なのか帰りの電車の中で〇〇〇が止まらず困ってます。師匠がよくやるやつです。

今日の治療で下品がうつりました(笑)

再来週またよろしくお願いしますね。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ