2006/2/25

みやこわすれ  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

淡い紫の清楚な花。 ‘都忘れ’という名前は、昔、島流しにあった順徳院が「この花を見ていると都を忘れられるようだ」と言ったことから付いた、という伝説があるとか。 写真は鉢植えですが、春先には切り花としても出回ります。 花色はほかに白やピンクのものも。 ‘たくさん’ではなく一本、一輪を飾りたい、さりげない趣のある春の花です。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/2/28  23:37

 

ルプレさんの「ルプレ通信」を見ていたら、都忘れ(みやこわすれ)の鉢植えがキレイな花を咲かせていました。うちは中庭に放ったらかしですが、毎年うす紫の花を咲かせてくれます。

今年は寒かったけど、無事冬 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ