2007/2/28

世界らん展で見た「えびね」の仲間  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

世界らん展の日本の蘭コーナーから、いくつか♪
写真がどうも微妙な感じなのは、
夕方のライトアップタイムになってしまったためです。
上の写真は、将真‘Shoma’という花。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
玉造 ‘Tamatukuri’

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
国冠 ‘Kokkan’

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
香園 ‘Koen’

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
島天寿 ‘Shimatenju’

えびね。海老根と書いたり、鈴ふり草という別名もあるラン科の花。
もともと日本の山野林で自生している植物だそうですが、
近年では乱獲によって絶滅危惧種に指定されているとか。
観賞用としては江戸時代から栽培されているそうで、
かなりの歴史を持っているんですね〜。

昨年のらん展で初めて意識して見た日本や東洋の蘭。
華やかで大きな洋蘭に比べると、見逃してしまいそうですが、
見れば見るほどひき込まれてしまう、不思議な魅力がありました。
次回はもっとゆっくり、全部見たい!!

2007/2/27

世界らん展に行ってきました♪  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

東京ドームで開催中の「世界らん展日本大賞2007」。
今年のテーマは「ギリシャ神話」だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

太陽の神(一枚目)と月の女神をイメージした展示。

クリックすると元のサイズで表示します

「深山の幻想空間」 山本デンドロビューム園

クリックすると元のサイズで表示します

「蘭夢」 松尾太一氏

クリックすると元のサイズで表示します

夕方駆け込み入場したので、1時間ちょっとしか時間がなくて、
「とりあえず写真に撮る」と飛ばしてみたものの、半分もまわれず…残念。
蛍の光に促されて表に出たら夜でした。
これからいらっしゃる予定の方、
15:30から発売される「イブニングチケット1500円」がお得です。
価格もだけど、お昼前後より断然空いていて、よく見られます。
(世界らん展は3月4日(日)まで開催中です♪)

会場で見つけたお気に入りのらん達は、明日以降整理して載せますね♪

2007/2/26


クリックすると元のサイズで表示します

実家の沈丁花が咲いていました。
小さくて貧弱な木なんですが、それでも毎年数個の花をつけてくれます。
ジンチョウゲ科。 別名:瑞香(ずいこう)

クリックすると元のサイズで表示します

名前のわからない、小さなアロエみたいなトゲトゲの植物から
にょき〜っと伸びた花。
母は名前など気にせず、面白そうな植物を買ってしまい、
買ったことは割と早く忘れる人。
その結果、ある日突然、見たことのない花に出会えたりします。

2007/2/24

青空といっしょに  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

アングルを変えて撮ってみました〜♪
我ながらなかなか美しく撮れたと思うんですが、
実際の花の大きさはわかりませんね〜。
ちゃんとした大きな花に見えちゃいます。

クリックすると元のサイズで表示します

狭いベランダなので、鉢を床に置いた状態だと
雰囲気も限られてしまいますが、
ぐぐっと持ち上げてみたら、まったく違うイメージになりました。
アドバイスくださった、KAZUさん、オルスコさん、ありがとうございました♪

クリックすると元のサイズで表示します

例の2代目チューリップ。
つぼみが上がってきました。
これもちょっと持ち上げたらいい感じ☆



2007/2/22

つぼみ・つぼみ・つぼみ  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり今年はひと月早めに進行中。
チューリップたち、つぼみ見えてきました♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

センテッドゼラニウムにもつぼみ発見!

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ