2006/6/15

アゲラタム  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

どちらかというと地味めですが、実は意外に好きな花なんです。 薄紫の小さい花(0.5−1p弱程度)が集まって咲きます。 アレンジメントの中に入れても、つぼみの時は実のようにも見えてアクセントになるし、咲くと糸状の花びらがふわふわしていてかわいいので好んで使います。 そして、なんとこの名前、ラテン語で「古くならない、老いない」という意味なんだとか。 それを知ったらもっと愛しくなっちゃいました〜。 切り花としては春〜夏にかけて比較的多く出回り、ほかに白やピンク寄りの紫も。 キク科。

2006/6/14

フクシア  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

空から舞い降りる妖精たちに…見えませんか〜?  両手広げて、スカートふわ〜っと。 ‘両手’の部分はガク、‘スカート’の部分が花。 花色は写真の紫や赤、白などの種類があります。‘エンジェルスイヤリング’という名前がつけられた商品もあるくらい、ゆらゆらかわいいですよね。 いつかルプレのベランダに、と思いつつ、夏の強すぎる日差しが苦手らしいこの花、我がベランダでは過酷過ぎるかも、とまだ手元で育てたことがありません。 チャレンジしてみようかな〜。 中南米原産の常緑低木で、晩春〜夏にかけて園芸店に並びます。 アカバナ科。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/13

カルミア  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

ピンクの金平糖のようなつぼみ。 小さい傘が開いたような花。 アメリカしゃくなげ、マウンテンローレルとも呼ばれる、この愛らしい花。  「趣味が転んで」のFUUTAさんのところで白いカルミアが咲いているのを拝見して、‘そうそう、こんな可愛い花もあったっけ’と思い出しました。 週末に園芸店に行ったらピンクのカルミアが! すかさず撮ってきました♪ 花は2cm程度の大きさ。 ちなみに私はつぼみのほうが好きです。 ツツジ科。 花言葉は「優美な女性」。

2006/6/12

紫陽花青く♪  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

実家の紫陽花がすっかり青くなっていました。 1週間前はまだ縁が青いだけだったのに、 入梅を知ったからか(?)みるみる色付いていったようです。 下の写真は、新芽が出る前にルプレのベランダから実家の玄関脇へ引っ越したメドーセージ。 もうすぐ咲きます。 今までにないほどの勢いで成長中。 地植えの威力恐るべし。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/11

きのこ  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

ついにルプレも野菜作りを!? …残念ながら、そうではなくて。 このところの変なお天気のせいか、鯛釣草の鉢の隅に勝手に生えてきたきのこです。 このテのきのこは一晩にして突然出現するからびっくりです。 えのきだけ風にはお目にかかったことがあったけど、これはなに風だろう? ちなみに鯛釣草のほうは最近生長停滞気味。 鉢替えしてあげないといけないかも。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ