2006/2/28


クリックすると元のサイズで表示します

実家で沈丁花(じんちょうげ)を見つけました。 小さい鉢に植えられて、庭の隅に置かれていたなんとも‘しょぼい’沈丁花。 30pほどの丈、葉っぱもほとんどなくて、花がなければ何の木かわからないような状態(笑)。 普通はもう少し上を向いてるはずの花もうつむき加減、花びらもしわっぽいけど、なんとか咲いてくれたよう。 沈丁花は学生の頃、校舎の周りにたくさん植えられていた思い出の花です。 この時季、春の気配を感じながらこの香りに出会うと、卒業・進学といった懐かしい記憶が甦ってきます。

2006/2/27

ムスカリ  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

グレープヒヤシンス、とも呼ばれるようにその姿は小さい葡萄みたい。 小さい丸は実のようだけど、これがお花です。 写真のムスカリ(アルメニアカム)もいくつか揃えた芽出し球根のひとつで、室内で管理していたら、先に咲いたクロッカスやヒヤシンス同様、その生長の早いこと!! 昨秋からベランダにいるムスカリたちは、やっと花の頭が見えてきた程度。 球根1球から2〜3の花茎が立つものもあります。 よく見ると下に向いて開いた花の縁が白くて、大人っぽい色のなかに可愛さを添えてます。

2006/2/26

鯛釣草D−釣れちゃった!  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

あの〜、もう釣れちゃったんです…! こんなに早く‘釣れる’なんて、冗談みたいです。 地球温暖化の影響がこんなところにも? この白い鉢のコは、最初の2鉢に少し遅れて購入したので、育ち始めてひと月経たないくらいでしょうか。 ただ…慌てたせいか、ミニ丈のまま、咲いたのは3輪だけなんです。 本当は長く伸びた花茎に7−8輪並んでぶら下がるはずなのに。 ここだけ、この3輪だけ生長しました^^;。 ‘鯛釣り’に…見えますか? 鯛釣草−別名:華鬘草(ケマンソウ) ケシ科 宿根草

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはお正月の飾り物。 この写真と見比べるうちに鯛に見えてくる…かな…?
続きを読む

2006/2/25

みやこわすれ  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

淡い紫の清楚な花。 ‘都忘れ’という名前は、昔、島流しにあった順徳院が「この花を見ていると都を忘れられるようだ」と言ったことから付いた、という伝説があるとか。 写真は鉢植えですが、春先には切り花としても出回ります。 花色はほかに白やピンクのものも。 ‘たくさん’ではなく一本、一輪を飾りたい、さりげない趣のある春の花です。

2006/2/24

ヒヤシンス家族☆  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

お待たせしました〜! なんと!四つ子のヒヤシンスです〜☆ 昨日三つ子をUPして、今日は四つ子。 ちょっとじらしちゃいました♪ 四つ子なんだけど、見た目の大きさは双子×2、もしくはヒヤシンスファミリー、パパ&ママ&お兄ちゃん&妹ちゃんって感じでしょうか? ‘お兄ちゃん’真ん中奥にいるのがわかりますか? 手前に‘妹ちゃん’。 双子だと思って買ってきた芽出し球根。 ‘家族の記録’をReadMoreに載せました。

クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ