2006/1/11

「手ぶくろを買いに」  かわいいものいろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

ずーっと記憶の片隅に残っていたものの、実際の絵本を手にすることなく、ずいぶん!大人になってしまいました。 先日、本屋さんを探検していて見つけました、「手ぶくろを買いに」。 大雪の山で、手を赤くした子ぎつねをかわいそうに思った母ぎつねが、子ぎつねに街まで手ぶくろを買いに行かせるお話しです。 子ぎつねの片方の手を人間の手に変えて、「こっちの手を出すんだよ」って教えるお母さん。 うっかりきつねのままの手を出しちゃう子ぎつね。 でも、気が付かないフリで手ぶくろを売ってくれる帽子屋さん。 今の世の中、しかも大人になってから読むと結構奥深いものがあります。 まちがっても「え、脚は大丈夫なわけ?」などど突っ込んではいけません。
「手ぶくろを買いに」作・新美南吉、絵・黒井健、偕成社 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ