2006/1/7

矢車草‘イエローサルタン’  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

今日は七草ですね〜。 でも、矢車草。(七草の話は下↓に) …といってもよく見る紫、ピンク系ではなく黄色。 セントーレア(矢車草)‘イエローサルタン’といいます。 キク科です。 この花を見ると春だな〜と感じる花が、みなさんそれぞれあると思いますが、ルプレのそのひとつがこれ。 花壇に咲いているのを見たわけではなく、あくまで、花屋の店頭に並び始めたら、ですけど^^;。 ピンクと並んで黄色も春を連想させてくれる色ですよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します 横顔。

ところで、七草。 「七草なずな、唐土の鳥が、日本の国に、渡らぬうちに、七草叩け」っていう歌、ご存知ですか? 昔、祖父が七草の日に、神棚の前に正座して、まな板に七草乗せて、この歌を歌いながら刻んでいたらしいんですが、私の記憶にはなく、母の記憶も「七草なずな」のあとはメロディーだけ。 去年、TVで偶然この歌を歌うおばあさんを見つけたものの、あっという間のことで、たぶんこんな歌詞だった…っていうほどあやふやなんです。 なんでも「唐土の鳥」というのは要するに今でいうインフルエンザのことだとか。 A香港型とか、ありますものね。 西の(中国の)方から渡り鳥が風邪を運んでくる時季だから、七草食べて栄養つけようね、という歌だそうです。 みなさん、お風邪には気をつけて!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ