2006/1/26

水仙‘テータテート’  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

身の丈15p程のミニ水仙‘テータテート’。 ‘ティタテタ’と呼ぶ方も。 黄色い小さい、まさに春の訪れを感じさせてくれる花です。 写真の花はもちろん、自分で球根を植えたわけではなく、今にも咲きそうな状態のものを買ってきました。 この冬はご存知の通りとっても寒くて、ベランダの花たちもちょっとゆっくり成長中。 待ちきれなくて小さい‘春’を連れてきちゃいました^^;。

クリックすると元のサイズで表示します 白くペイントした鉢に入れてみました☆

2006/1/25

芽出し球根  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

春の足音がとぉ〜くに聞こえてきたような…気がしませんか? 今、園芸店には芽出し球根がたくさんそろってます。 芽出し球根というのは、球根からちょっと芽が出た状態のもの。 その状態で黒ポットに入って、草花の苗のように売られています。 秋に球根を植えられなかった方、「あ〜、あれ、植えておけばよかったなー」という方、これからでも楽しめます! 写真はムスカリ、クロッカスなど小球根。 1〜3球ずつ入ってます。 他にもチューリップやヒヤシンス、ユリなどもありますので、春の花と合わせて寄せ植えなど作ってみるのも楽しいかもしれませんよ〜☆

2006/1/24

チューリップ‘バレリーナ’  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

かわいい名前の、オレンジ色のチューリップ。 つぼみはとてもスリムなのに、開くと可憐な‘バレリーナ’。 ここ数年、切り花として入手できるチューリップの種類も、毎年どんどん増えています。 一輪飾れば春を先取り。 この‘バレリーナ’、今年はルプレのベランダにも植えました。 芽は出たもののまだまだ小さいです。 この寒さの中、外のチューリップ達はがんばってます。

クリックすると元のサイズで表示します つぼみ。‘バレリーナ’の名前に納得の細さ。

クリックすると元のサイズで表示します ベランダの‘バレリーナ’

2006/1/23

グリーンスパイクのその後  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

先週UPしたガーベラ‘グリーンスパイク’、あのつんつんした花びらの一部が開いてしまいました。 開く、という表現が合っているかどうか、あの「つんつん」は細〜い筒状の花びらだったんですね〜。 そしてなんと、内側は黄色でした! グリーンとの組み合わせが不思議で素敵です☆

2006/1/22


クリックすると元のサイズで表示します

もう〜ものすごくかわいいっ!…絵本です。 ‘ひかりのこども’と‘はなのこども’、赤いほうがひかりのこどもたちです。 冬が好きよ、というクリスマスローズの妖精?の言葉から始まって、スノードロップ、すみれ、たんぽぽ、、、朝顔、小麦まで。 手のひらより少し大きいだけのサイズの本。 愛らしいイラストと短い言葉(詩)が、植物好きの方にはたまらなく、そうでない方にも充分かわいいと思っていただける絵本です。 うちのパンジーにもこんな洒落たことを言って欲しい…と思うのは無理があるでしょうか^^;?

「はなのこどもたち」「かわいいひかりのこたち」
イーダ・ボハッタ作、松井スーザン、永嶋恵子訳



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ