2005/8/16

クレマチスふたたび  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

春に咲いたクレマチス。 本当は春の花が終わったら切り戻して新芽を待つと、その伸びた新芽にまた花が咲いて、となるはずなのですが、今年はしばらくサボっておりました。 花が散ってもそのまんまで。 さすがに夏を迎えるにあたり、少しさっぱりさせようと、それでもやはり随分横着して簡単にカット。 そんな手抜きの世話に呼応するかのように(?)、ちいさーい花が再び咲きました。 春の花の半分くらいの大きさで、色も青みが薄く、赤みが強く。 花の青い色素は、低温ではっきり出るようで、夏場はいろんな花が赤っぽくなります。 それにしても写真ではちょっとわかりにくいけど、ちょろん…と一輪咲く小さいクレマチスは「あー、ちゃんと面倒見てあげなくちゃねー」と思わせる哀愁を帯びております。

2005/8/15

あさがお満開!  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

団十郎が満開です。 満開というより、実はラッシュ^^; 朝顔市で買ってきて、しばらくそのままでしたが、あまりに生育がよく、朝がくるたびに伸びているツルをもてあまし、一大決心をして植え替えてみました。 なんていうチャレンジャー! 行灯仕立てに絡まりきっているツルを解き、ねじれてねじれて一部引きちぎれながらもなんとか植え替え完了。 1週間後には落ち着いて、新たなツルも伸び始めました。 それからはさらに元気良く育っております。 大きめに作ったつもりの支柱ももう小さく見えます。 伸びたツルはできるだけ下のほうにも誘導するようにしていたのですが、どうしても上のほうに偏りがち。 で、花芽も集中してこの結果。 仕立てとしてはちょっと失敗。 ま、でも花の美しさに免じて、ということで。

2005/8/14

ゴマノハグサ科  ベランダから

クリックすると元のサイズで表示します

ゴマノハグサ科アンゲロニア属。 品名はエンジェルラベンダー・バスケットパープル。 カタカナばっかり。 この夏のブルーの仲間のひとつです。 ブルーというより名前の通り紫ですね。 放っておいても勝手に咲いていてくれます。 どうも私はこの「ゴマノハグサ科」の植物と相性が良いようで。 そもそも「ゴマノハグサ科」の「ゴマノハグサ」というものに会ったことがないのですが、他にはトレニア(確か^^;)や、オオイヌフグリ、切り花でよく見るベロニカ(瑠璃虎の尾)なども仲間です。 トレニアは一昨年初挑戦して、そんなにやる気がなかったのに?思いのほか大株に育ってびっくりしました。 元々丈夫な種類なんでしょう、たぶん。 でも、相性もあるんです、確実に。 「花手まり」などの品名で売られているバーベナ。 これとは相性が悪いらしく、何度やっても自然消滅していきます。 最初はあれこれ対策も講じていたけど、「相性」という言葉にたどり着いてからは手を出していません。 相性が良い花はがんばらなくても咲いてくれるんですから。 花との相性、花を育てたことがある方なら一度は覚えがあるのでは?

2005/8/13

ホオズキ  花のこといろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

世の中、お盆ですね。 この時期、東京はとても静か。 繁華街はにぎわっているのでしょうが、人が住んでいるところは概ね人通りも減り、車も減り、シーンとしています。 特にルプレのある辺りは国道が近く、お盆とお正月は車の量がとても少ない! しかも大型車がほとんど通らなくなるので、心なしか空気も良くなるような。 実はちょっと楽しみな時期です。 みなさんもご帰省なさっているのでしょうか? 私の家は祖父の祖父?くらいからずっと東京らしく、母をはじめ、途中途中で嫁に来ているであろう女性たちも、そう遠くない場所から嫁いでおり、田舎がありません。 お墓もスーパーより近くにあります。 お盆の時期も東京式に新暦7月です。 TVで帰省ラッシュの様子を見るたび「ラッシュがなくてラッキー」と思いつつ、なんだかちょっと寂しい感じも…。 贅沢でしょうか?

お盆にはホオズキ飾りますよね。 東京だけかな? ホオズキ(酸漿)はナス科。 ナスの仲間です。 風船のように見えるのはガクが発達したもの。 この中にある赤い実を、くちゅくちゅよく揉んで、ヘタのところから種を取り出して口に含んで鳴らすんですよね。 私は未だに鳴らせないですが、種取りは好きでした^^) そういえば、お祭りに行くと「海ホオズキ」っていうのも売っていましたっけ。 海藻の一種だったのかしら。 さて、この陸のほうのホオズキ、「チャイニーズランタンプラント」とか「ウィンターチェリー」という別名もあるそうです。 ウィンターチェリー、なんてとってもかわいい名前ですよね。 

2005/8/12

夏のバッグnew♪  布&糸

クリックすると元のサイズで表示します

ブルーというか紫というか、青紫^^;の帆布で作りました。 以前作ったコンランストライプのバリエーション。 もちろん、バージョンアップ☆してます。 裏布とマチを付けてみました。 裏布はサンドベージュに紫のピンストライプ。 ちょっと渋め。 &特大のコサージュも。 コサージュは取り外し可能にしてあるので、場面に合わせてキュートにもシンプルにも使えます。 布は色が気に入って、少し前に買ったもの。 寝かせて?おいたのですが、一昨日出かけるにあたり「う〜ん、この服に合うバッグがない!」と、本体のみ2時間で作りました(すみません、それで10分遅刻しました)。 コサージュは昨日サクッと作成。 帆布でコサージュ、という暴挙。 でもそれなりにそれなりな感じに仕上がりました^^) 夏の、とはいっても暦ではもう秋。 秋色で秋の先取り、かな?

追伸:入院中だった我が愛するミシン、無事退院してきました。 ミキサーのフラッシュみたいだった音も、鈴虫の鳴くような(?)さわやかな音に。 幸せです☆



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ