2005/4/30

姫登場!?  ベランダから


オレンジプリンセス(姫、です。スミマセン)。 ルプレのベランダのチューリップ、最後の登場です。 同じ八重咲きでも、アンジェリケとはずいぶん雰囲気が違います。 アンジェリケはふわーっとした、やわらかい、甘い雰囲気でしたが、こちらはもう少し、元気な、はっきりしたイメージ。 華やかで、個性的。 ちょっとカッコイイ系? 昨年の秋に球根を植えてから、約半年弱。 芽が出て、少しずつ大きくなって、花が咲いて。 長いあいだ楽しませてくれたチューリップたち。 まだ、もう少し、GWが終わるくらいまでは咲いていてくれるかなー、と思ってます。 チューリップが終わると、そろそろ夏の準備。 クリックすると元のサイズで表示します

2005/4/29

プチフラワー  花*アレンジ


テーブルセッティング、というとルールもわからないし、なんだか大げさな感じがして、「そんなこと、普段の生活の中でしていられるわけないじゃない!」というのが多くの方の思うところ。 でも、たまーに、気が向いたら少しだけそれらしく、やってみるのも楽しいものです。 ナフキンを置いて、その上にプチフラワー。 小さいのに、まわりの普通の食器を引き立ててくれています。 実はこれ、100円ショップで見つけた、エッグスタンドにアレンジしてあります。 写真のものは、ワイヤーがらせん状になっているものなので、オアシスを小さく切って、アルミホイルに包んだものをカップ部分に入れてありますが、陶器など水が漏れないものなら、そのままオアシスをセットすれば大丈夫。 で、少しのグリーンとお花をアレンジ。 お客様がおみえのときなら、そのままお土産にお持ち帰りいただくのもよいのでは?クリックすると元のサイズで表示します

2005/4/27

ちょう…ちょ?  かわいいものいろいろ


紋黄蝶?? いえいえ、これ、「レッドアジアンマスタード」というハーブというか、菜っ葉の花なんです。 最初の一片です。 花のつぼみに寄って来た蝶みたいでしょう? 「アブラナ」の花にそっくりですよね!? 「菜の花」とはよく言ったもので、ふつう「菜の花」と私たちが呼んでいるのはアブラナ科の総帥「アブラナ」ですが、菜っ葉仲間はみんなかなり似ていて、わかりやすいです。 ちなみにぺんぺん草として有名な「ナズナ」や、大根もアブラナ科の仲間です。 (余談ですが、「ぺんぺん草」は何故「ぺんぺん」なのか、わかりますよね? 以前、20代前半のコに話したら、「それってなんですか?」と言われたもので…(泣))   クリックすると元のサイズで表示します

2005/4/25

フレンチラベンダー  ベランダから


確か去年買ってきたときには、白い花が咲いていたはずなのですが…。 そんなことってあるんでしょうか? ないこともないかな? レースラベンダーのいわゆるラベンダー色も素敵ですが、こんな深い紫もいいですね〜。 ウサギの耳みたいな花の形も、色の大人っぽさに反して、キュートでかわいいです。 去年と色が変わっていたとしても許しましょう!? ラベンダーはハーブの中でも香りが良いものとして有名ですよね。 地中海沿岸の地域が原産のシソ科の植物です。 花の部分から抽出されたオイルは、アロマテラピーによく使われます。 安心する香り、とでも言うのでしょうか。 ピリピリしていたり、緊張していたりするときに、この香りに触れるとゆったりしていく感じがします。 その昔、今のように医薬品がなかった時代、ヨーロッパの戦場では、このラベンダーオイルを火傷やケガの手当てにも使ったそうですよ。 入浴剤や、ボディローション(ベビー用の商品もありますね)、最近はリネンウォーターなどもあるので、色々試してみてください♪クリックすると元のサイズで表示します

2005/4/24

アンジェリケ  ベランダから


アンジェリケ。 やっぱり今シーズンも植えてしまいました。 ルプレのチューリップ祭り8番目の花です。 この花のファン!という方、多いんじゃないでしょうか? お待たせしました!? 淡いピンクの花びらが幾重にも重なる姿の可憐なことったら! 何年も前に、初めてチューリップを育てたとき以来、ほとんど毎年植えてます。 そしてこれがまた、結構丈夫なんですよね〜。 球根にはずれが少ない、とでもいうのでしょうか。 以前にお話したウィルス病とか、育つ途中でアオカビにやられて枯れちゃう、なんてことも稀で。 チューリップの中では遅咲き(チューリップはその開花時期によって早咲き、中咲き、遅咲きの品種があります)ですが、チューリップシーズン締めくくりにふさわしい、可憐な美しい花です(^^)クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ