2009/8/3

復活! (*^^)v  

あれれ〜気がついたらもう8月〜
最後の更新から約9か月がたってしまった

みんな元気で〜す

クリックすると元のサイズで表示します

ラナは暑い中ハァハァ言いながらも楽しくお散歩しています
クリックすると元のサイズで表示します


さて、
この9か月の間の我が家の大きな出来事と言えば、
長男の高校受験!

無事に第一志望校に合格〜



受験の時に親のできることといったら
心(祈り?)をこめて当日のお弁当を作ることくらいですよね。
私は勝負の日のためにこんな箸袋も作っちゃいました〜
クリックすると元のサイズで表示します
「Obama Chopsticks Yes,You Can!!

裏には。。。
クリックすると元のサイズで表示します




アップにすると。。
クリックすると元のサイズで表示します
迫力



長男は特に反応もなくスルーしていましたが
わたしは祈りが通じてパワーをもらったんだと
勝手に信じていま〜〜〜す

とにもかくにも、
オバマさん、ヒラリーさん、
ありがとう〜〜〜




ちなみに勉強部屋でのラナのお気に入りの場所がココ
クリックすると元のサイズで表示します
「そんなところにいたらひかれちゃうよ〜」

クリックすると元のサイズで表示します
「だって。。。誰もかまってくれないんだもん。。。」

もうラナったら、、、、、、、、、







  カワイイ〜


と結局なかなか勉強がはかどらないのでした


0

2008/8/27

熱い夏  

受験生の長男の
夏が終わろうとしています・・・

塾の夏合宿では
みんなではちまきをしめてがんばったそうです。





体育会系の彼には合っていたようで、
熱〜い気持ちで帰ってきましたよ





このまま熱い気持ちで
あと半年がんばってほしいものです


応援ありがとう〜


自分にもそんな時代があったな〜
(はちまきはしめなかったけど・・)

本人は大変と思っているかもしれないけど、
受験勉強も青春の思い出のうち。

夢と希望に満ち溢れたこの時期を
一日一日を大切に過ごしてほしいなぁ〜と
切に思ってしまった夏の日でした〜

0

2008/8/20

作品完成!  

小学校では、
夏休みの宿題として「自由作品」というのがあります。

自由研究でもいいし、工芸・手芸などでもOK

そして、夏休み明けに全員の作品が展示される
作品展が校内で行われます。


今年次男が選んだのは、
これ
クリックすると元のサイズで表示します
(ブラッシングで抜けたラナの毛)を利用したもの
(さてなんでしょう?

他に使用したもの・・

羊毛
クリックすると元のサイズで表示します


振り洗いをして乾かしておいたラナの毛と羊毛を
スリッカーブラシを使ってミックスしま〜す。
クリックすると元のサイズで表示します


それをくるくるっと丸めて、
先がギザギザした特殊な針でチクチクっと刺していくと
毛がからまって固まっていきま〜す。
クリックすると元のサイズで表示します
不思議だね〜おもしろいね〜



各パーツを作ってから、つなげるとこんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します
 全体像がみえてきましたね〜



細かい仕上がりをして・・・出来上がり
クリックすると元のサイズで表示します

ミニ・ラナで〜す


あっ、なんか私が作ったように自慢げに書いてしまいましたが、
これは次男の作品!

タフィままが作った『ミニ・タフィ』があまりにもかわいくて
(写真がないのが残念
自分も作ろうとチャレンジした次男。
子どもでも作れました〜〜
けっこうかわいいでしょ?

講師をしてくれたタフィまま、ありがとう!
今度は私が作ってみたいなぁと思いました



作品展にだすことを考慮し、このような台を作り、
クリックすると元のサイズで表示します
表紙にラナ姫の写真があるんですよ〜



作り方の手順を書いたカードをぶら下げてあります。
クリックすると元のサイズで表示します
やるじゃん、次男! 


親の私として、いつ宿題を終わらせるか
夏休み中はハラハラするのだけれど、
今年は例年になく早く終わったのでひと安心

といっても・・・
次男の小学校は27日に始まるので
(しかも初日から給食ありで午後までフル授業
あと1週間で夏休みは終わり!

余談ですが、長男の中学も今年から28日に始業式ですって!
土曜日に学校がなくなってから
6時間授業が増えたため放課後の時間(遊ぶ時間)が減り、
さらに、授業時間確保のためにと
どんどん夏休みが削られていく現代の子どもたち・・
ちょっとかわいそうですよね〜・・


ラナ姫はみんなの心のオアシスですよ



ラナは自分の分身と対面
クリックすると元のサイズで表示します

きっとほのかに自分の臭いがして不思議に思っているでしょうね・・
0

2008/8/13

ミステリー  

泊まったところは、
全室で4部屋のかわいらしいペンションでした


私たち以外には、
子連れのファミリーがそれぞれ
5歳の男の子と7歳の男の子を連れてきていました。

初対面なのに子ども同士仲良くあそんで微笑ましい
これがペンションのアットホームさの醍醐味ですね!

クリックすると元のサイズで表示します
我が家の子どもは、
受験生の中3の長男は塾の夏合宿へ行っていたので、
小5の次男のみの参加。
次男はシャイ(?)なのでちびっこ軍団には参戦せず。







帰る日の朝食後、
周りが部屋に引き揚げるなか、
我がグループは食堂に残ってしばしおしゃべり。

そこでなにげに子どもたちの話になった時に、
大きなミステリーに突き当たってしまったのです




母がこのペンションには、
3人子どもが泊まりにきているというのです!
(うちの次男を除いて)

「ちがうよ〜、昨日遊んでいた5歳と7歳の子だけだよ〜」
と笑い飛ばそうとしたら・・

タフィパパまで「3人だよ」と自信満々。

さらに母は、
他の家族が前日チェックインしてきた時に
入口付近で座ってくつろいでいて見ていたので、
片方の家族は、確かに子どもを2人連れていたのだと
これまた自信満々。


そ、、そんな・・・・・



その家族が座っていた席をみると3人席になっている。
それでも母は
「今朝は一人しかみかけないけど、昨日見た時は二人兄弟だった」
といいはる・・・


そんなこんなで話は平行線のままチェックアウト。
いったん駐車場にむかうも
みんなあまりにも気になったので、
結局、わざわざ戻ってペンションの人に確認しちゃった!!

そしたら・・・










 「2人」  だって!




母とタフィパパが見た三人目の子どもは・・??


猛暑をしばし忘れさせてくれた
この夏最大のミステリーでした



クリックすると元のサイズで表示します
こちらはニョロニョロ

0

2008/1/11

我が家の記録  

今年から再開しました!
クリックすると元のサイズで表示します
10年日記

左のが1995年〜2004年に書いた一冊目の日記。
長男が生まれた頃に始めたので、
3年後に生まれた次男を含めた二人の成長の記録や
我が家の思い出がぎっしり詰まっています

でも2004年〜2007年は何かと忙しくて
書く気力がありませんでした〜

2008年は心機一転!
今年から始めれば、この日記帳が終わる時、
長男23歳、次男は20歳。
二人の子供も成人になり、子育ても終了の頃。

いずれかは離れていく子ども達と
4人家族でいられるのもあと約10年。
それまでの日常の些細な出来事を
コツコツと綴っていきたいと思います


クリックすると元のサイズで表示します
1ページに各年の欄があるので、
同じ日を毎年どのように過ごしていたかが
一目瞭然で結構見返すとおもしろいんですよ〜


もっちろんラナの成長もしっかりと記録していきます
クリックすると元のサイズで表示します
10年日記が二冊書ける位長生きしてくださいね、
ラナ姫!!
0

2007/5/9

命日  

今日は「さくら」の命日

一年前の春、そろそろ初わんちゃんを、と家族で話していた時に
私がペットショップで一目惚れしてしまいました
かわいいかわいいお顔をガラスにへばりつかせ、「私を連れていって〜」

次の日には我が家に来ていたさくらはラブラドールの女の仔
まだまだ2ヶ月になるかならないかのちっちゃい赤ちゃん



慣れない私達はトイレの世話におわれながらも可愛さにみ〜んなメロメロ
起きていても、寝ていても、でる言葉は「かわいいねぇ〜」ばかり


クリックすると元のサイズで表示します
そこはベッドじゃないよ〜

クリックすると元のサイズで表示します
寝顔もたまらん〜

クリックすると元のサイズで表示します
ボールが大きく見える!


抱っこや一緒にお昼ねが大好きな甘えんぼちゃんのさくら
クリックすると元のサイズで表示します
すやすや

クリックすると元のサイズで表示します
ファッションショーにも付き合ってくれたね



そんなさくらに異変が出始めたのは3週間が過ぎた頃

体全体が引きつるように痙攣しだし、
今まで全然吠えなかったのに、何かを訴えるように吠え始めた

はじめに行った病院では、ただの風邪だととりあってくれなかったが、
変えた病院先で「ジステンパー」の診断

おかしいと感じ始めてからインターネットで色々調べていた私は
「やっぱり」と「しんじたくない」で目の前がまっくら

でも「奇跡」を信じて、それからは横に布団を並べ
24時間一緒にいる生活に。
さくらが目を開いているときに必ず視界にいてあげたかった

神経症状がひどく、日に日に体の機能がひとつずつこわれていく

それなのにさくらは健気に最後まで食べよう、歩こうと頑張っていた

とてもえらかったよ、さくら!!
たった1週間の闘病生活でした。

クリックすると元のサイズで表示します
このわずか一週間後に虹の橋へ・・・



その頃は、何もしてあげられなくて、かわいそうで
ごめんねばっかり言っていたけど
うちに来てくれて本当に本当にうれしかったよ

人に話すと、「ひどいね、病気の仔に当たっちゃったんだね」と
まるで「はずれ」を引いてしまって残念のようにいわれたけど
私は心の中でちがうよ!と思っていた

病気であろうがなかろうが
雑種であろうが血統書付であろうが
姿かたちみんな違っていても
命の重みはみ〜んな一緒なんだよね!

たった一ヶ月しか過ごせなくても
さくらは大切な大切な家族の一員

4月9日に来て、5月9日に去った、
あなたは一ヶ月契約で天から派遣されてきた天使だったと信じている
ばれた〜?


さくらが存在したその意味を自問自答しながら
あれから一年
「ラナ」という運命の仔に出会えたんだ
ちょっとさくらに似ているよ


日ごろ当たり前にあると思っている命が
実はとてもはかないものだという当たり前の事に
気づかせてくれたさくら。
後悔のないように一瞬一瞬を大切にしなくちゃね

これを区切りに納骨してきます。
さくらが一日も早くどこか幸せな家庭に生まれ変わりますよぅに!

一年間見守ってくれてありがとう


さくら、今までありがとう
さくらの事は一生わすれないよ〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ