2009/9/9  

私の先生の本が出版されました  
以前私は墨でフランス語のメニューを描こうという無謀な思いに(笑)
書を習っていた事があります。
生来の悪筆で ひと様にお見せできるような
文字を書けなかった私は お店を開店した際メニューを書くため 
必死になってワープロ(懐かしい言葉です)を覚えたのが 
PCに移行する前の第一歩でした その後あれよあれよと言う間に 
ワープロは姿を消し PCに取って代わったのは何年ぐらい
前だったでしょうかねぇ〜
まああまり早くはないですが キーボードはそれなりに叩けるようになり
次は自分の手でメニューを書きたいと思い たまたまお客様の紹介で
私のようなできの悪い生徒を受け入れてくださった 竹沢先生です。
クリックすると元のサイズで表示します
静岡県下田市(伊豆です)のペリーロードの橋の袂にある古民家にアトリエを
構えられ 月に2度東京に書を教えにやって来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
海と山に囲まれた草画房のことや 
墨のある暮らし 墨の文字が絵画のような世界に・・↓
クリックすると元のサイズで表示します
伊豆の花の事や花展の事 徳さんという人のこと(下田の山中を熟知し
いろいろな草花をお持ちくださる方 私もお会いした事があります) 
竹沢先生が染付けした器の事が述べられ
最後に巻紙の書き方などが  この巻紙が結構楽しく私はまったのですが
日本絵の具と墨で描くのです 他の方たちとは違い どうも私のは
幼稚園児のお絵描き状態で・・・・    
そういう私が 紹介するのもなんですが とても良い本です
是非お買い求めください

木耳社  「花と墨のある暮らし」 竹沢尚生著

下の右側アマゾンをクリックしてお買い求めください〜
0

2009/4/25  

京都美味案内  
私のブログに何度か登場いただいた 京都在住の関谷江里さん
http://erisekiya.cocolog-nifty.com/kyototokyo/
ブログ「関谷江里の京都暮らし」

が扶桑社より 本を出しました。
実際に食べて選んだ 納得!の店ガイド 全216軒
       
     『京都美味案内』
クリックすると元のサイズで表示します
PART1:カラーでご紹介、画期的、全コース詳細説明!
カウンター割烹、和食、フレンチ、イタリアン、中華、洋食、バル、
カフェなど全104軒

PART2:さらにおすすめのお店を文字情報でご紹介
和食、寿司、フレンチ、イタリアン、中華、各国料理、オリジナル料理、甘味、カフェ、バー、錦市場、和菓子、洋菓子など買い物情報も含め、全112軒    
合計 216軒

★他に、ホテルやサイトに頻出するフラワーショップなどについて
のコラムもあります。
★全店詳細データ付き。開店や創業年(月)、禁煙席の有無、割烹なら靴の着脱の有無まで。
★全店マップ付き。同時に文字情報だけでも店にたどり着ける親切な表記。

発売日2009年4月28日
100ページ A5変型  定価950円(税込)
ISBN 978-4-594-05937-8
発行・発売/兜}桑社 〒105-8070 東京都港区海岸1-15-1
宣伝☎03-5403-8864 編集☎03-5403-8879

京都に行かれる方には必読かと^^是非書店にてお買い求めください〜

0

2009/2/24  

はじめての野菜づくり  
当店のお客様で 都立農芸高等学校先生がいらっしゃいます。
先日お食事においでの際に 本を頂戴いたしました。
クリックすると元のサイズで表示します
「はじめての野菜づくり」 都立農芸高等学校監修 昨年の8月に出たばかり
クリックすると元のサイズで表示します
池田書店 定価1300円+税 
野菜づくりの準備と基本(野菜づくりの計画 服装・道具 土づくり 
畝づくり 種まき 植えつけ 間引き 芽かき・摘心 支柱の立て方 
中耕・土寄せ 肥料のやり方 病害虫対策)ときて その後に↓  
育てやすい定番野菜(アスパラ イチゴ サヤインゲン 枝豆 オクラ カブ 
胡瓜 小松菜 など他23種) 
チャレンジしたい大もの野菜 大根(カボチャ キャベツ セロリ スイカ など他8種)
人気のハーブ・香辛野菜(シソ ショウガ バジル パセリ など他11種類)
こんな野菜もつくってみたい(アーティチョーク 絵ゴマ クウシンサイ コールラビ
ズッキーニ など他5種類)

初心者にも分かりやすい細かい画像入りのテキストです 
おそらく教科書として使われているのではないかと思われます。

そしてもう一冊は
クリックすると元のサイズで表示します
「はじめての野菜づくり」同じタイトルの 都立農芸高等学校監修
新星出版社 こちらは2005年に出たもので 1300円+税 です
こちらの方は もう少し野菜の種類が多いようです。
クリックすると元のサイズで表示します
この本は簡単な 野菜づくりのレッスン 水遣りや 肥料の問題などを述べて
葉もの野菜 実もの野菜 根もの野菜と続いていきます。 
最初の方が 野菜づくりの基本から入っていくので とても良いですし
次の本は 野菜を育てながら 引っ張り出して見るのに適しているように
思います。
これからお野菜を 作ってみようと思われる方は是非どうぞ〜
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ