2008/5/22  

熊本の長茄子 ヒゴムラサキ  旬の素材
今当店で使っているナスは 熊本県産ヒゴムラサキと言う茄子です。

クリックすると元のサイズで表示します
熊本長茄子を改良して作られた新種で 皮がプリッとしてて
赤紫色の皮 生で食べると 青リンゴのような味がします。
このナスはちょっと加熱すると ふんわりマシュマロのような口当たりになり
とても美味しいので。
上の写真のように 一部皮を剥いてざっくりと切って 少しオリーブオイルを
引いたフライパンに入れます。
クリックすると元のサイズで表示します
オリーブオイルは本当に少しです それに軽く塩を振りいれると
どんどん水分が出て ナスが小さくなってきます。
クリックすると元のサイズで表示します
熱が入ったところと 生のところの違いが見えますね^^
さっくりとかき混ぜながら火を入れていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
拡大すると良く分かると思います 既に美味しいんですこの状態で

クリックすると元のサイズで表示します
別の鍋でニンニクのみじん切りを オリーブオイルで焦さずソテーします。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じです。当店ではイタリア製のニンニク アーリオと言うんでしたっけ?
を使用しています。
クリックすると元のサイズで表示します
ソテーしたナスを鍋に入れ そこに クーリードトマト(Coulis de Tomate)を
加えます(トマトとニンニク オニオン ブーケガルニなどで煮込んで
水分を飛ばしたトマトのソースです)
さっくりとナスを崩さないようにあわせて 味を調えます。
クリックすると元のサイズで表示します
これで出来上がりです。ふんわりと柔らかく 美味しい茄子のトマト風味の完成です。
このヒゴムラサキは他の長茄子 水茄子系と違い 加熱しても適当に果肉が残るので
こんなお料理もできます。最近都内でも売られているようです 見つけたら
是非お試しください。
0

トラックバックURL



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ