2014/3/19  

ワイナリー登美の丘に  旬の素材
9月13日(金)は お客様と友人のイタリアンレストランの方たちと サントリーの
ワイナリー「登美の丘」に伺いました。
クリックすると元のサイズで表示します
マイクロバスに乗って到着です。
クリックすると元のサイズで表示します
日差しが強く暑い一日 到着してすぐに記念撮影 皆様テースティングする前の
シラフな顔で(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
ブドウ畑と市内を見下ろす山の上から
クリックすると元のサイズで表示します
ショップを覗きながら レストランに昼食
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ワインがなくっちゃ食えないぜっ というような前菜が・・・
この後は撮影せず ひたすら頂戴し それに合わせたワインを頂きました。
昼食後 広大な敷地なので ここからまたバス移動して 畑に向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
向かったところは
クリックすると元のサイズで表示します
登美の丘頂上 そこから登美の丘見下ろすことができます
クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど葡萄の収穫期 社員ですらこの時期訪問を許されないのに
今回サントリー様のご厚意で収穫期のワイナリー訪問が叶いました。
クリックすると元のサイズで表示します
収穫しているのが見えますか 手積みですが移動は車両
カベルネソービニヨン メルロー といろいろ  この日当たりの良い水はけの良い
斜面はぶどうの栽培に最適な環境のようです
クリックすると元のサイズで表示します
日差しが強いので貸していただいた麦わら帽子をつけて記念撮影(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
熟してさぁ収穫してくださいと言わんばかりの 葡萄
クリックすると元のサイズで表示します
そしてそれを慈しむような視線 良いワインはこのようにして生まれるわけです
クリックすると元のサイズで表示します
その後醸造過程を拝見させていただき
クリックすると元のサイズで表示します
今ぶどうを絞っている最中
クリックすると元のサイズで表示します
今まさに機械に入ろうとしている葡萄が見えますか
クリックすると元のサイズで表示します
これから絞る機械に入る葡萄です 甲州ですねこれは
クリックすると元のサイズで表示します
ワイン造り 今が一番大変な時期 緊張感がピリピリと伝わってきます。
クリックすると元のサイズで表示します
そして長い眠りにつくワイン
クリックすると元のサイズで表示します
テースティングです 10月当店のディナーでバイザグラス(一皿の料理に1種類のワイン)
で使わせて頂くワインをここで決めさせていただこうと
クリックすると元のサイズで表示します
今回の登美の丘ツアーは企画されました。
クリックすると元のサイズで表示します
その後ショップでテースティング 貴重なワインを頂き
帰りのバスの中で全員のテースティングの感想を聞き私の感想も加味して
来月のワインを決めさせていただきました。
サントリー様 有難うございました。とっても貴重な体験をさせていただきました。
来月に活かします!!

1

2014/3/8  

島根県大田市に  旬の素材
9月9日10日は島根県大田市に10月に行う美味しい島根のディナーの食材探しに伺いました。
クリックすると元のサイズで表示します
快晴の日本海を見ながら
クリックすると元のサイズで表示します
一宮酒造の浅野社長を訪ねて
微発泡酒雪香をテースティングさせていただきました。
清酒「石見銀山」 薔薇酒「薔薇姫」 清酒仕込みの梅酒「梅の恩返し」
いも焼酎「いも代官」を製造・販売されています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
いかにもという感じの造り酒屋ですね もうすぐお嬢さんが後を継いでくれるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
海の幸いっぱいの道の駅
クリックすると元のサイズで表示します
昼食は地元の魚を使った
クリックすると元のサイズで表示します
ちらし寿司を頂戴しました。地元の魚の美味しさ鮮度の良さがよくわかります。
魚の市場は夕方の競り朝の競りはさほど量が多くないそうですが
市内の鮮魚店に伺いました。
私としては 甘鯛かノドグロの良型があると嬉しいのですが
クリックすると元のサイズで表示します
カサゴに
クリックすると元のサイズで表示します
サン・ピエールに
クリックすると元のサイズで表示します
甘鯛も
クリックすると元のサイズで表示します
魚種はとても豊富なようです
その後野菜をみて
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今回は野菜ソムリエの佐藤さんとのコラボで「美味しい大田市のセミナー」を
行うので ご一緒してます。
この後魚市場で
クリックすると元のサイズで表示します
夕競りに間に合うように漁船が帰港してきました。
クリックすると元のサイズで表示します
魚種の豊富さと 1艘あたりの水揚げ量の多さにはびっくりさせられます。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
日本海は豊な海なんですね 夕方に競りをしてトラックに積まれて京阪神の市場に
翌日の朝競りに間に合わせるように出荷されるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
日本海に沈む夕日を見ながら ホテルに戻ります。
クリックすると元のサイズで表示します
翌日はメロンの圃場
クリックすると元のサイズで表示します
梨の圃場
クリックすると元のサイズで表示します
柿の圃場を見て回り どれも素晴らしいのですが
10月に使えるのは 柿とメロンでそれも途中からになりそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
ワサビも栽培されていたのですが 生育がもう少しということで・・
豊かな食材の宝庫大田市 10月には沢山のお客様に喜んでいただきました。
ありがとうございました。
0

2014/3/7  

宮古水産高校に  災害支援
8月31日栗原市より東京の自宅に戻り9月1日朝 岩手県盛岡に向けて
盛岡より車で宮古に向かいます.
今回は 料理ボランティアの会会員としての活動です
ボランティアの会からは ギリーの渡辺さん 岩手食のオフィシエの大平さん
お二人にご協力していただき行ないました。
http://ryori-vol.typepad.com/top/01%E4%BC%9A%E3%81%AE%E4%B8%BB%E6%97%A8/
今回は宮古水産高校の食物科の生徒たちと 地元食材を使って行ないました。
クリックすると元のサイズで表示します
地元の大きなサバのマリネ
クリックすると元のサイズで表示します
塩締めしてから ワインヴィネガーで洗います
クリックすると元のサイズで表示します
平目は下ろして 蒸煮と ソテー
クリックすると元のサイズで表示します
先生よりフォアグラとトリュフ 生徒たちが 食したり見たことがないので是非にと
お願いされていたので フォアグラを当店で仕込んでお持ちしました。
クリックすると元のサイズで表示します
岩手県食のオフィシエ 野菜ソムリエの大平さんにお手伝いしてもらい
いま PR中のクッキング用トマト スズコマのソース製作中

加熱すると美味しく 岩手県が開発した品種で
塩害に強いので宮城 岩手で 栽培されつつあります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
カボチャのポタージュ
クリックすると元のサイズで表示します
南部どりのフォアグラ・トリュフ詰めを仕込み
クリックすると元のサイズで表示します
先生にもお手伝いして頂き
クリックすると元のサイズで表示します
グリエしたズッキーニと合わせてバージンオイルで和えて
仕込みの後 授業に入ります
クリックすると元のサイズで表示します
最初に鳥料理を 宗教的にタブーのない食材 鶏肉は世界中どこに行っても
ほとんど通用する料理です まずその捌き方からやってもらいます。
あとで聞いたら 自衛隊に就職する生徒もいるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
おっかなびっくり(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
なんとか解体して 骨でブイヨンを取ります。
この高校は 通常の調理室と 給食用の調理室と2つ実習室があるので
給食用実習室には高火力バーナーもあるので 大きな鍋でもすぐに沸騰するので助かります。
クリックすると元のサイズで表示します
火力の強い実習室に行き 朝仕込んだものを順繰り仕上げて行きます。
フォアグラとトリュフの他に 生徒たちにオードブルという概念が理解できていないので
というテーマもあり それにそっていろいろなオードブル スープを作り
その場で生徒たちに試食してもらうというふうにして 行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
その後実習室に戻り 先ほど捌いた鶏を使った料理を作ります。
クリックすると元のサイズで表示します
南部どりの粒マスタード風味
クリックすると元のサイズで表示します
上手に出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ナイフ・フォークを使って骨付きの肉を食べるのも 実習の一部・・
クリックすると元のサイズで表示します
最後にオードブルとはという授業をさせて頂き 終了致しました。
ありがとございました また伺いますね〜
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ