2009/1/7  

オーストラリア 続き(タスマニア2日目)  旅行
昨年11月に行ったオーストラリアの続きです
http://diary.jp.aol.com/applet/kanseichefsakata/20081212/archive
早朝起き出してホテルの周りのお散歩 小川が綺麗で
クリックすると元のサイズで表示します
群生しているクレソンです 小さな魚や うなぎまで泳いでます^^
自然がそのまま 残っているような 緑が本当に生き生きと綺麗です。
朝露に濡れた牧草地を少しお散歩して 出発です
ホテルの朝食の時間にはまだなっていないので 途中 ドライブインの
ようなところで 軽食をということになっているようです。
クリックすると元のサイズで表示します
街道沿いにぽつんとあった このお店で サンドイッチとコーヒーを
いただきました。
ここは この辺りの住民の溜り場らしく いろいろなことが掲示板に
クリックすると元のサイズで表示します
このようなものや 不動産なども
クリックすると元のサイズで表示します
画像をクリックしてアップでご覧になると 大体のお値段が
1ドル60〜70円ぐらいで計算するとよいかもしれません。
地元の絵葉書なんか買い込んだり このようなのを見たりして
手足を伸ばし 元気になった私たちは 羊を見に進みます

オーロララムさんのフィードロット(肥育場)です 牛は草だけ(グラス)
なのですが 羊は 穀物を食べさせて脂(サシ)を入れるようです
クリックすると元のサイズで表示します
なんとも愛らしい(美味しそうな)羊たちです(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
羊たちは室内と外と自由に出入りできるようになっていて のびのびと
草と穀物を食べて大きくなっていきます
クリックすると元のサイズで表示します
これが その穀物ですべて安全なものを使用しています。
成長ホルモンはこの島では 使用できません それから殺虫剤は
オーストラリア全土で使用されていませんが ここでは除虫菊を使った
http://www.kincho.co.jp/tama/kiku/kiku.html
自然の殺虫剤でハエの駆除を行っています
清潔でよい環境の羊は 美味しいはずです^^
オーロララム社は ホテルグループで自社のホテルで出す美味しい羊を
生産するためにこの牧場を立ち上げたということです。
この後昼食は この羊をいただくことになります。
続く・・・・・
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ